新潟工科専門学校の情報満載 | 資料・願書請求ならマイナビ進学

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

新潟で「建築」「インテリア」を目指す! 建築士合格への最短ルート!好きなツクルを仕事に!

新潟工科専門学校(NIT)では、建築、インテリア、大工、設備、測量・土木、電気・通信、ものづくり分野のスペシャリストを育成します!『資格』と『技術』を武器に、開校以来5,500名以上のOBを専門業界に輩出し、毎年高い就職実績を誇っています。無試験で取得できる国家資格や、受験資格が免除となる優遇特典があり、業界就職に有利です。また、実際の店舗デザイン(内装・外装)や、エコハウスの設計・施工、古民家のリフォーム等、「ホンモノをツクル」充実の実習カリキュラムで、社会で即戦力となる技術を身に付けます。

新潟工科専門学校 PRイメージ1
新潟工科専門学校 PRイメージ2
新潟工科専門学校 PRイメージ3

トピックス

2017.03.01

国が認めた養成施設!難関国家資格を無試験取得!

NITは国の養成施設なので、難関国家資格を無試験で取得できます。
環境測量科では、卒業時に「測量士補」を無試験で取得可能。更に、実務経験2年後には「測量士」を無試験で取得することができます。
電気電子工学科では、卒業時に「第2種電気工事士」が取得可能です。
どの資格も、専門職として仕事をする上で必須の資格です。取得した難関資格を武器に、就職活動を有利に進めることができます。

2017.03.01

1・2級建築士試験、受験資格認定学科を4学科設置!大学卒業より2年早く、最短ルートで合格を目指す!

国が認定した、建築分野の最高峰資格「1・2級建築士」の受験資格認定学科を4学科設置(建築士学科、建築デザイン科、インテリアデザイン科、建築大工科)。
それぞれ2年制課程を卒業すると、2級建築士試験の受験に必要な実務経験が免除となります。更に、建築士専攻科(1年制)に進学することで大学卒業の場合より2年早く、最短ルートでの合格を目指すことができ、毎年多くの最年少合格者を輩出しています。また、1級建築士試験に必要な実務経験も4年に短縮されます。各学科の専門知識・技術に加え、国家資格の取得を目指すことができます。

2017.03.01

ホンモノ建築をツクル!実践的な実習で技術を磨く!

在学中から「ホンモノの建築物をツクル」実習に力を入れて取り組んでいます。
実際の店舗デザイン(内装・外装)、住宅の設計・施工、古民家のリフォームプラン企画・施工、姉妹校の校舎デザイン等、社会に出ないと経験できないことを実習として行っています。講師陣はもちろん、現役の建築業界のプロ。普段学んでいることが現場ではどのように活かされているのかを学び、多くの実践的実習を通して技術に磨きをかけます。

2017.03.01

社会人や大学生も応募するコンペで大賞を受賞!!抜群のコンペ実績!

大学生や現役の建築士も応募する新潟県建築士会主催の設計コンペで、平成26・27年と2年連続で「大賞」受賞の快挙を達成!さらに連続入賞記録を7年に伸ばし、建築分野で新潟一の伝統校の実力を証明しました。
また、プロも出展するインテリアデザインコンペにおいても、平成26年度から平成28年度まで、3年連続の入賞となりました。積極的にコンペに応募していくことで、社会で通用するデザイン力・創造力を磨きます。

2017.03.01

現役のプロが講師!!企業との連携で、第一線で求められることが学べます。

実際の企業と連携しているので、各業界で今必要な「知識・技術」をしっかり学ぶことができます。例えば建築士学科では「特殊建築物」(学校・体育館・病院など)の計画手法、インテリアデザイン科では色彩計画(色の心理・配色と色彩調和など)を企業の方から学びます。NITで学ぶことで、社会に出て役立つ実践力を自然に身につけることが可能です!また、NITの各学科は質の高い職業教育を受けた証明にもなる文部科学省の新教育課程「職業実践専門課程」として認定されているため、企業からの高い評価にも繋がり、就職に有利です!

募集内容・学費(2018年4月予定)

新潟工科専門学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

建築士学科

概要 「2級建築士」の最短合格を目指し、本科(2年制の専門課程)卒業後、建築士専攻科(1年制の研究課程)に進学します。本科では、建築に関する基礎知識を学びながら、製図やCAD設計、建築物のデザインなどの実習を通して、基本技術を習得。建築士専攻科へ進学後は、2級建築士試験の対策授業(学科試験・設計製図試験)を中心に高度な知識と技術を習得し、福祉住環境コーディネーターやインテリアコーディネーターなどのライセンス取得も目指しながら、建築業界で活躍できる実践力を身につけます。
定員 30名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,180,000円
(2018年4月予定)

建築デザイン科

概要 お客様の要望をもとに、住宅や店舗、商業施設や公共施設など、快適で夢のある建築物をプロデュースできる建築設計のプロを目指します。設計・デザインを中心に、建築に関する幅広い知識や企画力、プレゼンテーションスキルを身につけることで、建築業界の即戦力を育成します。また、ホンモノ建築を手がける充実の実習や、1年次より設計コンペに参加して入賞を目指す中で、社会で活躍できるデザイン力を磨きます。
定員 30名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,180,000円
(2018年4月予定)

インテリアデザイン科

概要 住空間を美しく快適にコーディネートする、インテリアアドバイザーを目指します。インテリアと建築に関する幅広い知識と専門的な技術を活かし、家具やカーテン、照明などトータルにプロデュースします。住空間に必要なインテリアエレメントのコーディネートを学ぶ「インテリアコーディネートコース」、ディスプレイの技術・色彩演出などについて学ぶ「空間プロデュースコース」の2コースを設置。
在学中にインテリアコーディネータやカラーコーディネーターなど、実務に活かせる資格取得が目指せ、女性も大いに活躍できる分野です。
定員 20名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,180,000円
(2018年4月予定)

建築大工科

概要 伝統的な匠の大工技術、幅広い建築に関する専門知識を2年間で習得し、2級建築士(国家資格)を卒業後すぐに受験できます。今の時代の大工職人は、技術を持っていることはもちろん、建築士という資格を持ち合わせていると、大工職人として仕事の幅が広がります。実習では、ノミやカンナなどの刃物を研ぐところから始まり、伝統的な技術や、最新の技術を身につけ、学生全員で一つの大きな構造物をツクル実習を通して、“職人同士”の連携を学んでいきます。また、木造建築物の建て方を率先して見学するなど“現場を見て学ぶ”授業も実践し、即戦力となるスキルを身に付けた多くの学生が大工業界に就職しています。
定員 40名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,180,000円
(2018年4月予定)

建築設備システム科

概要 設備設計・自然エネルギーなど、幅広い建築設備に対応したスペシャリストを育成する学科です。実習では最先端のCAD技術を使って設備の図面作成能力を習得するだけでなく、実際の設備機材を使った本格的な設備機器実習を行うことで、業界の即戦力となるノウハウが身につきます。
また、施工計画を作成し、工程・品質・安全管理などのすべての業務を行う「2級管工事施工管理技士」の資格を在学中に受験。さらに「消防設備士」や「建築設備士」などの専門資格の在学中での取得も目指し、就職を有利にします。
定員 10名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,180,000円
(2018年4月予定)

環境測量科

概要 日本海側唯一*の測量士補養成施設として、都市計画や公共事業などのスケールの大きな仕事で活躍出来る測量のスペシャリストを育成します。さらに実務経験2年で、「測量士」資格も無試験で取得可能。測量・土木の基礎を学び、学校近くの広大な鳥屋野潟公園での多様な実習を中心に、専門的な技術を習得しています。さらには、環境保全に配慮できる専門知識も習得することで、未来の生活環境や国土を支えられる人材を目指します。
(*国土地理院Web調べ)
定員 30名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,230,000円
(2018年4月予定)

電気電子工学科

概要 一般住宅の配線からビルや工場等の大規模な受電設備まで、トータルに対応できるエンジニアを育成します。さらにデジタル放送や光通信の技術も実践的に習得し、暮らしを支える電気と通信のスペシャリストを目指します。卒業時に、第2種電気工事士が国家試験免除で取得できますが、在学中さらに上位の第1種電気工事士試験にもチャレンジし、専門業界就職に結びつけます。
定員 40名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,220,000円
(2018年4月予定)

ものづくりデザイン科(2018年4月学科名称変更)

概要 金属・木工・樹脂の加工技術を磨く「設計・加工コース」、考案したアイディアの製品化を目指す「製品デザインコース」、自転車の商品開発から整備までを行えるエンジニアを目指す「自転車メカニックコース」の3コースを設置。
2次元・3次元CAD操作を身につけながら、工業製品や部品を中心に図面の読み方、書き方を習得します。また、実際に旋盤、NCフライス盤などを使用して、機械・機構部品などの加工方法を学びます。設計から加工、組立てまでトータルに学びながら、ものづくりのスペシャリストを目指します。
定員 30名
対象 男女
年限 2年
学費 初年度納入金
1,220,000円
(2018年4月予定)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2014~2016年3月卒業生実績

  • (株)タマホーム
  • (株)エヌ・ティ・ティ エムイー【NTT-ME】
  • (株)夢ハウス
  • (株)ユアテック
  • (株)ネクスコ東日本エンジニアリング
  • (株)トーシス新潟
  • クレバリーホーム
  • (株)加賀田組
  • (株)植木組
  • (株)イシカワ
  • 亀田製菓(株)
  • 電気化学工業(株)
  • アサヒアレックスホールディングス(株)
  • (株)トークス
  • (株)茂原建設
  • (株)山田建築
  • パナソニック電工テクノサービス(株)
  • 大原電業(株)
  • (株)山下家具店
  • 日特建設(株)
  • (有)福地建築設計事務所
  • (株)郷建築事務所
  • (株)ナカノアイシステム
  • 積和建設新潟(株)
  • (株)サルサワコンサルタント
  • 北陸電業(株)
  • 日佑電子(株)
  • (株)新潟県測量調査設計事務所
  • (株)千代田設備
  • (株)太平エンジニアリング
  • 新潟市役所
  • …など

就職支援

★就職決定まで徹底サポート!

OB・OGネットワークが完全バックアップ!
開校24年、5,500名を超える卒業生を専門業界に輩出するNIT。卒業生の活躍は各企業から高い評価をいただき、後輩たちへの求人採用を有利にしています。また、就職先企業には多くのNIT卒業生が在籍しており、安心して社会人としてのスタートを切ることが出来ます。24年間の伝統と信頼の実績が叶える、強力なバックアップシステムです。
また、クラス担任と就職専任スタッフとの2人3脚により、学生の自主性を大事にした細かな就職支援を行っています。
【主なサポート】
・クラス担任制
・キャリアカウンセラー
・進路相談室
・NIT就職セミナー
・卒業後の資格取得アドバイス


★NITで学んだ事を生かす仕事に就いています!

建築士、大工、インテリアコーディネーター、CADオペレーター、電気工事士、測量士、土木技術者、エンジニア、金属加工技術者など、毎年、多くの卒業生がNITで学んだ専門知識を生かせる仕事に就いています。平成28年3月卒業生就職率・専門業界就職率100%(123名/123名)

各種制度

新潟工科専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

合格への最短ルート!AO入試制度!

当校への入学を希望する方の意欲・熱意・将来の目標を面談で確認し、志望学科・将来の職業の理解を深め、当校のアドミッションポリシー(※)に合った方に、優先的に入学定員を確保する制度です。
AO入試制度には様々な特典もあり、AOⅠ期(6~9月でAO面談認定の場合)では、入学選考料(2万円)と入学金半額(5万円)が免除となります。

※当校のアドミッションポリシー
「建築・インテリア・大工・設備・測量・土木・電気・通信・ものづくり」分野に強く進みたいという意思を持っていること。将来の夢や目標の実現に向けて就学できる人。

NSGカレッジリーグ無利子奨学金制度

家計の事情により就学が困難と思われる学生を対象に奨学金を貸与し、卒業後、無利子で5年以内の返還期間を設けることで就学の便をはかるものです。また、入学金免除制度、日本学生支援機構奨学金、国の教育ローンなど、各種学費サポート制度を用意しており、一人ひとりを個別にサポートします。詳しくは、募集要項をご覧ください。

分割納入

NSGカレッジリーグ独自の、学費を月毎に分割納入できる制度です。日本学生支援機構の奨学金をお申込いただき、学生本人の預金口座から自動引落による学費納入を行います。入学前の資金の準備が少額で済む、実質金利0%で分割納入を行うことができる、NSGカレッジリーグ独自の制度なので手続きも簡単などのメリットがあります。事実、在校生の2人に1人が何かしらの奨学金を利用しています。詳しくはお問合せ下さい。

学びの分野/学校の特徴・特色

新潟工科専門学校で学べる学問

  • 工学・建築

新潟工科専門学校で目指せる職種

  • 機械・電気・化学
  • 建築・土木・インテリア

新潟工科専門学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • AO入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 納入期限延期制度
  • 海外研修・留学制度
  • インターンシップ
  • 新設学科コース
  • 学生寮

新潟工科専門学校の所在地

本校

所在地

〒950-0932
新潟県新潟市中央区長潟2-1-4

交通機関・最寄り駅

JR「新潟」駅南口より「南長潟・南部営業所」行バス約6分、バス停「北谷内(キタヤチ)」下車すぐ。

新潟工科専門学校のお問い合わせ先

SoftBankフリーコール 0120-180-068 / 電話 025-287-3911
FAX: 025-287-7626
Mail: nit@nsg.gr.jp

  • 学校No.764
  • 更新日: 2017.04.06

新潟工科専門学校に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

新潟工科専門学校