刑事になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「公務員・政治・法律」に戻る

刑事

公務員・政治・法律系の仕事
刑事

どんな
職種?
刑事事件の犯人捜査と逮捕を行い犯人を取り調べて検察庁へ送検

刑事事件の捜査や逮捕、取り調べを行って犯人を検察庁の検事へと引き渡すのが刑事の仕事だ。警察官採用試験を受け、交番勤務の巡査からスタートするのが一般的で、警視庁のほか主に各都道府県の警察署に勤務する。所属する課ごとに、窃盗や傷害といった担当事件の捜査を展開。目撃者の聞き込みに始まり、鑑識や科学捜査研究所とも連携し犯人を特定していく。犯罪者の逮捕に危険は付きもので、強靭な身体と精神力、正義感が求められる。試験のほか勤務実績により巡査部長から警部補、警部へと昇格することができる。

こんな人に
おすすめ!
治安を守るという任務を遂行するにあたり、強い正義感と責任感が必要

強い正義感をもっていることが重要である。犯罪者を相手にする場合が多いため、強靭な身体とさまざまなパターンを想定した上で的確な判断を下すことができる冷静さも求められる。また、捜査の際には地道な作業を正確に丁寧にやりぬく責任感が必要である。併せて報告書などの書類作成能力も必要である。

刑事を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:体育学、法学、政治学、地域社会など
  • 国家資格:警察官
  • 採用試験 就職先:警視庁など
  • 刑事
  • Point1

    警察官である前に人として厳しい倫理観も必要である。しかし、倫理観だけでは様々な事情の絡んだ事件を解決することはできないので、冷静に事実を検証できることも重要だ。

  • Point2

    警察官採用試験では、柔道・剣道・簿記・語学ができると一次試験の加点対象となるので、それらに関する知識や経験を蓄えておくのが望ましい。

公務員系のその他の仕事

刑事
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける