スポーツプログラマーになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「健康・スポーツ」に戻る

スポーツプログラマー

健康・スポーツ系の仕事
スポーツプログラマー

どんな
職種?
運動の指導や体力づくりに関してアドバイザーとして活躍

地域のスポーツクラブや、民間のスポーツ教室などで、トレーニングの指導や健康維持に関する相談に応じる仕事。ボランティアとして活動する人もいるが、スポーツ科学、スポーツ医学などの専門知識に基づき、プロのアドバイザーとして活躍する人もいる。一人ひとりの年齢や性別、体質に合わせて、適切な運動メニューを作成し、体力づくりの方法やマシンの使い方などについて指導する。スポーツの知識が豊富なことはもちろんだが、さまざまな人々の悩みについて、親身になって考えることができる人が向いている。

こんな人に
おすすめ!
一人ひとりに合った運動に関するアドバイスと指導力が求められる

相手の年齢や体調、身体的特徴を捉え、一人ひとりに合った適切な運動法を設計する計画力と指導力が必要となる。運動メニューを作成したり、マシンを使ったエクササイズの指導を行うためのスポーツ科学やヘルスケアに関する知識が求められる。昨今では、高齢者を相手に健康促進を目的としたアドバイスをする能力もますます重要になってきている。

スポーツプログラマーを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:スポーツ学、コミュニケーション学、メディア学など
  • 採用試験 就職先:スポーツクラブ、地位の公共スポーツ施設、フィットネスクラブなど
  • スポーツプログラマー
  • Point1

    スポーツプログラマーの資格には1種と2種がある。健康運動指導士有資格者をもっておくと専門科目の一部科目が免除になる。

  • Point2

    スポーツプログラマーの資格を取得すると就職の際、有利になる場合がある。就職してから資格試験を受験することも可能だ。

健康・スポーツ系のその他の仕事

スポーツプログラマー
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける