スポーツ用品メーカーで働く人になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「健康・スポーツ」に戻る

スポーツ用品メーカーで働く人

健康・スポーツ系の仕事
スポーツ用品メーカーで働く人

どんな
職種?
スポーツ用品の企画から販売までを手掛ける

スポーツ用品のメーカーで、スポーツを支えるさまざまな用具の企画、デザイン、販売を行う仕事。一般ユーザーに向けた店頭販売品から、学校を中心とした法人向けの品、世界的に活躍するトップアスリートからオーダー品まで、さまざまなスポーツ用品と関わる。企画したものをカタチにするクリエーティブな仕事であるため、ものづくりが好きな人に向いている。また、スポーツに密接する専門的な業務が多いことも特徴なので、スポーツに関する専門知識を持つ人だとなお望ましい。

こんな人に
おすすめ!
スポーツに興味があり、新しいものを生み出す発想力が求められる

スポーツに関する知識は重要になってくる。その他にも経理や物流、広報、プロモーション活動とスポーツ用品の生産以外にも職種がありスポーツに通じる広い能力が必要である。また、新しい商品を開発する場合は、デザイン力も求められる。

スポーツ用品メーカーで働く人

スポーツ用品メーカーで働く人を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:経営学、商学、ビジネス学、スポーツ学、デザインなど
  • 採用試験 就職先:スポーツ用品メーカー、メーカー代理店、ゴルフ用品メーカーなど
  • スポーツ用品メーカーで働く人
  • Point1

    スポーツ用品を研究・開発するにあたり、細かな情報が反映できるスポーツ知識が重要。スポーツ経験者は大いに能力を生かすことのできる仕事である。

  • Point2

    各企業の面接、適性検査、筆記試験などが行われ採用となる。学部や学科の指定を持たない企業が多い。

健康・スポーツ系のその他の仕事

スポーツ用品メーカーで働く人
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける