スポーツアナリストになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「健康・スポーツ」に戻る

スポーツアナリスト

健康・スポーツ系の仕事
スポーツアナリスト

どんな
職種?
試合での勝利、チーム強化のため多様なデータを収集し分析する

野球やサッカー、バレーボールなどさまざまなスポーツで、対戦相手やチームの選手の動きなどをデータ化して、パソコンに入力し分析する仕事。例えば野球だと、ある特定のバッターがどんな球種をよく振り、どこに打つことが多いのかなどを分析。その結果に基づいてピッチャーとキャッチャーは投げるボールを決め、野手は守備の陣形を決める。情報やデータを収集し選手のパフォーマンスを数値化することで、高い確率の戦略を立てることができる。試合に勝つためや、チーム力強化のためなど、データ活用の場は幅広い。

こんな人に
おすすめ!
入力データの正確性と観察力があり、速報性のある情報を届けることのできるパソコン操作能力

テレビやWebサイトで速報を届ける場合がある。例えば野球なら、ピッチャーの球種を細かくデータ化し、バッターがどの球種で打ったかなどをまとめるため、観察力と、瞬時にデータ化するパソコン操作能力が必要だ。また、データは即座にサイトなどに反映されることが多く、情報の正確性も要求される職務である。

スポーツアナリストを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:スポーツ学、コミュニケーション学、メディア学など
  • 採用試験 就職先:メディア向けサービス事業会社、スポーツ団体向けサービス事業会社、データ入力事業会社など
  • スポーツアナリスト
  • Point1

    スポーツの経験が大いに役に立つ職種である。またデータ入力の正確さや、分析能力も持ち合わせていると有利となる場合もある。

  • Point2

    アルバイトとしての求人も多い職種。アルバイトで仕事を一から学び正社員雇用となるケースも多い。

健康・スポーツ系のその他の仕事

スポーツアナリスト
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける