スポーツドクターになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「健康・スポーツ」に戻る

スポーツドクター

健康・スポーツ系の仕事
スポーツドクター

どんな
職種?
スポーツ選手の健康管理や治療に従事する認定医師

5年以上の経験を持つ医師に対し、日本体育協会が講習と審査を行い、認定するスポーツの専門医。スポーツ選手の健康管理をはじめ、スポーツ外傷の治療、競技会における医事運営、チームドクターとしてのサポートのほか、一般のスポーツ愛好家への診察・治療などが仕事となる。問われるのは、生理学、栄養学、スポーツ障害などの知識やスポーツマッサージ、テーピングなどの技術。勤務医や開業医として働きながら、競技会や学校、地域のレクリエーション、生活習慣病予防の取り組みなどにおいても活躍できる。

こんな人に
おすすめ!
身体の構造や医療知識に加えて、スポーツに対する深い理解がある人

身体の治療に関する資格やリハビリの資格を取得し、人間の身体の構造を把握する必要がある。どうしたら怪我や故障の予防ができるか、応急措置ができるかの知識をつけた上で、親身になって選手をサポートすることも必要だ。

スポーツドクターを目指すなら

  • 高校
  • 大学 必要な学び:医学
  • 国家資格:医師免許
  • 採用試験 就職先:病院、クリニック、スポーツクラブなど
  • スポーツドクター
  • Point1

    まずは大学の医学部に入学し、医師免許を取得しなくてはならない。その後、日本に3つあるスポーツドクターの資格それぞれの条件を備え認定試験を受ける。

  • Point2

    スポーツドクターの資格はどの科の医師でも試験を受ければなることは可能だが、スポーツと関わりの深い整形外科医であれば、日々の業務で役に立つ。

健康・スポーツ系のその他の仕事

スポーツドクター
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける