医療監視員になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

医療監視員

医療・歯科・看護・リハビリ系の仕事
医療監視員

どんな
職種?
病院などの医療機関に立ち入って運営の適正さを調査・監視・指導

医療機関が法律を守って運営されているかどうかを検査し、改善指導などを行う仕事。病院や診療所などに立ち入って、そこで働く医療従事者の資格、劇薬・毒薬などの管理、院内感染の防止策などが適切かどうかを検査するなど、広範囲にわたって調査を行う。調査結果に問題がある場合は、改善について指導も行う。主に都道府県の保健所などに勤務する国家公務員で、大学卒業資格と公立医療機関での2~3年の勤務経験が必要となる。患者が安心して診療や治療を受けられる社会づくりに貢献する重要な仕事である。

こんな人に
おすすめ!
注意力が高く、細かい部分も見逃さない

病院が適切な人員及び構造設備を有しているか、適切な管理を実施しているかを検査する必要があるので、細かな部分も見逃さない注意力の高い人におすすめだ。検査結果に問題が発覚した場合は改善指導も行うので、公平公正な目線で物事を見ることのできる人が望まれる。正義感が強く、改善に向けた的確なアドバイスができる指導力も重要だ。

医療監視員を目指すなら

  • 高校
  • 大学 必要な学び:コミュニケーション学、福祉学、医療技術学、医学、法学など
  • 国家資格:国家公務員試験
  • 採用試験 就職先:保健所など
  • 医療監視員
  • Point1

    大学卒業以上で、国家公務員であることが必要。医療法に基づく事業を行うので、法律関係、医療関係の知識を修得していることが望ましい。

  • Point2

    国家公務員として、都道府県に設置してある保健所に配属されその後各部署に配属される。国立医療機関で2~3年の業務経験が必要。

医療サポート系のその他の仕事

医療監視員
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける