医療コンシェルジュになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

医療コンシェルジュ

医療・歯科・看護・リハビリ系の仕事
医療コンシェルジュ

どんな
職種?
患者の不安を和らげる説明や医師の事務サポートを行う

病院を訪れる患者がスムーズに診療・治療が受けられるようアドバイスや手配代行をするなど、医師の業務をサポートする仕事。患者へのアドバイスや案内を主とする場合を「メディカルコンシェルジュ(MC)」と呼び、医師のサポートを主とする場合を「エクスパートメディカルアシスタント(EMA)」と呼ぶ。いずれも必須ではないが認定資格があり、取得しておくと役立つ。困っている患者への積極的な声掛けなどコミュニケーション能力も必要。医師のサポートでは書類整理や管理など、忙しい医師の業務を減らすための仕事を行う。

こんな人に
おすすめ!
医者や患者の行動を先読みできるコミュニケーションスキルが求められる

医師や患者とのやり取りが丁寧できめ細やか、患者のニーズに合わせた行動がとれるなど、医療の知識だけではなくコミュニケーション能力も必要である。先読み行動、接客を得意とする人に向いている。病院で困っている人にはすぐに声掛けをし、丁寧に対応するなど、周りの状況をよく見て柔軟に対応する臨機応変さが求められる。

医療コンシェルジュを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:医学、看護学、薬学など
  • 採用試験 就職先:病院、リハビリセンター、医療コンシェルジュ派遣会社など
  • 医療コンシェルジュ
  • Point1

    医療コンシェルジュには患者さんへのサービスを提供するメディカルコンシェルジュ(MC)と医師のサポートをするエクスパートメディカルアシスタント(EMA)に分かれており、それぞれ違う資格認定講習会がある。

  • Point2

    認定資格をもっていると就職に有利である。医療コンシェルジュを募集している病院に直接応募するか、派遣会社を通して働くこともできる。

医療サポート系のその他の仕事

医療コンシェルジュ
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける