救急隊員になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

救急隊員

医療・歯科・看護・リハビリ系の仕事
救急隊員

どんな
職種?
119番通報を受けて現場へ行き応急処置を行って病院へ搬送する

緊急を要する病気・けがの患者が出た場合に119番通報を受けて救急車で出動し、適切な観察と応急処置を行い病院へ搬送する仕事。現場では状況の聴き取りを行いつつ、患者の顔色や脈拍数、血圧のほか、触診して骨折の有無などを確認。その後、「気道確保」「人工呼吸」「胸骨圧迫心マッサージ」「除細動(AEDを用いた心臓のリズムの正常化)」など、救命と悪化防止のための応急処置を行う。同時に受入医療機関を選び連絡を取って搬送。医師に経過、処置の引き継ぎをするところまでが救急隊員の役割となる。

こんな人に
おすすめ!
現場での冷静な判断力と命に対する強い使命感が求められる

救急隊員が活躍する場面は、常に一刻を争う緊急事態である。いかなる状況でも冷静に対応し、的確な処置ができる判断力と観察力が必要だ。時には本人や周りがパニック状態に陥ることもあるがそんな中でも周囲を落ち着かせつつ、状況を聞き出せるような精神力とチームワークの姿勢が求められる。人命を救うという強い使命感を持った人が向いている職種だ。

救急隊員を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:医学、保健衛生学、体育学など
  • 国家資格:消防官採用試験
  • 採用試験 就職先:消防機関
  • 救急隊員
  • Point1

    過酷な環境下で活動することもあるので日々の鍛錬を自発的に行うとよい。

  • Point2

    まずは消防士になる必要があるため、消防職員の採用試験を受験。合格した後消防士として実務を積み、研修を受け救急隊員として配属されるようになる。

医療サポート系のその他の仕事

救急隊員
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける