動物プロダクション職員になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「動物・植物」に戻る

動物プロダクション職員

動物・植物系の仕事
動物プロダクション職員

どんな
職種?
イベントや番組撮影などに動物を派遣して出場・出演させる仕事

動物を必要とするイベントやテレビ番組、ラジオ番組、コマーシャル、広告印刷物の撮影などに、動物を派遣するのが仕事である。動物タレントの芸能プロダクション的な役割を果たしている。日々の動物の訓練や健康管理も重要な業務である。実際のイベントや番組、撮影などで、その動物の特徴や魅力を最大限に発揮できるように、動物に働きかける能力が求められる。動物との間の信頼関係の構築方法や、動物の病気などに対する医学的知識なども役に立つ。

こんな人に
おすすめ!
動物と信頼関係を築き、観察力や臨機応変な判断力が必要

撮影者などの要望に応じて動物に演技指導などをするため、プロダクションに所属する多くの動物たちと日頃から信頼関係を築いておくことが重要になる。現場以外での動物の訓練や健康管理も必要になるため、動物の変化をいち早く察して臨機応変に対応する観察力と判断力が求められる。トリミングなどのケアもできるとなおいい。

動物プロダクション職員を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:マスコミ学、生物学、獣医学など
  • 採用試験 就職先:ペットショップ、動物プロダクションなど
  • 動物プロダクション職員
  • Point1

    愛玩動物飼養管理士の資格があると、就職の際に有利になる場合もある。

  • Point2

    大学や専門学校で獣医学、生物学、動物看護学など動物に関する専門的な学問を専攻した後、ペットプロダクション職員として採用試験を受けて就職するのが一般的。

動物・ペット系のその他の仕事

動物プロダクション職員
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける