ペットシッターになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「動物・植物」に戻る

ペットシッター

動物・植物系の仕事
ペットシッター

どんな
職種?
飼い主が家を留守にするときにペットを預かって世話をする仕事

旅行や出張、自営業が忙しいなどで飼い主が留守にするときなど、子どもの世話をするベビーシッターのように、家族に代わってペットの世話をするのがペットシッターである。家族の一員である大切なペットを預かり、飼い主のいない不安やストレスを軽減するために、ペットの心理や体調に細心の注意を払いながら、食事をさせたり、一緒に遊んだり、散歩させたりするのが主要な仕事となる。実際にはペットホテルで働くほか、最近ではペットショップや動物病院などでもシッティングのニーズが増加している。

こんな人に
おすすめ!
世話好きで、顧客に対するホスピタリティ精神を持っている

大切なペットの世話をする仕事なので、責任感があり、世話好きな人におすすめである。環境の変化でストレスを受けやすい犬や猫の様子をしっかりと観察し、適切な世話をすることが必要である。日ごろからあらゆる変化に気づきやすい人に向くだろう。ペットだけでなく飼い主である顧客から信頼されることも大切なので、ホスピタリティやコミュニケーション能力も必要だ。

ペットシッターを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:コミュニケーション学、獣医学、動物看護学など
  • 採用試験 就職先:ペットショップ、動物病院、ペットホテルなど
  • ペットシッター
  • Point1

    ペットシッター資格には動物取扱業の取得が含まれるため、動物取扱責任者に就任できる。

  • Point2

    ペットシッターのいるペットショップやペットホテルで実務経験を積み、ペットシッター資格や第一次動物取扱業を取得するとペットシッターになれる。

動物・ペット系のその他の仕事

ペットシッター
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける