政治家になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「公務員・政治・法律」に戻る

政治家

公務員・政治・法律系の仕事
政治家

どんな
職種?
暮らしやすい社会の実現に向けて国や自治体の施策を決定する仕事

人々の代表として、社会生活のルールとなる法令をつくったり、国や地方自治体の公務員に指示をする仕事である。議会に出席して審議や決定に参加する「議員」と、自治体の責任者として行政のための指示・決定を行う「首長」とに大別される。議員はさらに、国会で立法や政策の審議に当たる国会議員と、都道府県や市町村の議会でそれぞれの地域に関連した施策について検討する地方議員に分かれる。いずれも、住民による選挙で選ばれるのが最大の特徴。世の中をよくしたいという思いと、強い責任感が求められる仕事である。

こんな人に
おすすめ!
「話す力」「聴く力」は不可欠。幅広い知識・教養も必要

自分自身や所属する政党の主張を、誰でも理解できるように分かりやすく説明できる「話す力」が必要不可欠である。そして、多くの人々との対話のなかから、ニーズを的確に把握するための「聴く力」も重要。これらのコミュニケーション能力だけでなく、国や地域をどのようによくしたいのかというビジョンを持つことが必要。政治・経済をはじめとする各分野の学びが、そのための土台となる。

政治家

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

政治家を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:法学、政治学、経済学など
  • 選挙 就職先:衆議院・参議院、地方議会、自治体など
  • 政治家
  • Point1

    選挙に立候補し、当選することが前提。被選挙権が与えられるのは、衆議院と地方議員、地方自治体首長が満25歳以上、参議院議員と都道府県知事は満30歳以上。

  • Point2

    年齢以外に、立候補の資格や制約はとくにない。公務員として官公庁や役所・役場に勤務したり、議員秘書として実務の経験を積んでから議員になっている人も多い。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

政治・法律系のその他の仕事

政治家
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける