裁判所事務官になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「公務員・政治・法律」に戻る

裁判所事務官

公務員・政治・法律系の仕事
裁判所事務官

どんな
職種?
公正な裁判が行われるよう裁判所の裏方として活躍する仕事

裁判所事務官は、裁判を行う全国の各裁判所で、裁判所書記官の下で事務のサポートをする。業務内容は大別して「裁判部」と「事務局」の2つに分かれる。「裁判部」では裁判所書記官を補助し、文書を関係者に郵送したり,窓口応対をしたりする事務が業務となる。また、「事務局」では会計や人事、総務など、裁判所運営のために欠かせない司法行政事務を担当する。どちらも円滑な裁判を実現するという点で、国民生活に大きく役立つ仕事といえる。

こんな人に
おすすめ!
一つのミスも起こさないという強い集中力と責任感が不可欠

とにかく、ミスがあってはならないのが裁判所の仕事。文書作成時に誤りがあったり、書類の送付を忘れるといったミスは、その大小に関わらず、裁判の当事者にとって大きな不利益をもたらしかねない。そのため、集中力や責任感がとくに重要。また、裁判の当事者と打ち合わせをすることもあり、相手の気持ちをくみ取れるコミュニケーション能力や、思いやりの心も欠かせない。

裁判所事務官

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

裁判所事務官を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:法学、政治学、総合政策学など
  • 採用試験 就職先:全国各地の裁判所
  • 裁判所事務官
  • Point1

    「裁判所事務官採用試験」は「総合職試験(院卒者)」「総合職試験(大卒程度)」「一般職試験(大卒程度)」「一般職試験(高卒程度)」の4種。裁判部・事務局の区分はなく、共通で採用される。

  • Point2

    裁判所事務官として一定期間勤務し、必要な研修を修了すると、「裁判所書記官」に任官する。なお、研修所に入所するためには、入所試験に合格する必要がある。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

政治・法律系のその他の仕事

裁判所事務官
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける