行政書士になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「公務員・政治・法律」に戻る

行政書士

公務員・政治・法律系の仕事
行政書士

どんな
職種?
行政機関に提出する各種書類をミスなく作成し、手続きを行う

行政書士は顧客の依頼を受けて、官公庁などに提出する書類を作成したり、申請や手続きを代理で行う。司法書士と似ているが、司法書士が法務的な手続きに関する業務を行うのに対し、行政書士はそれ以外の行政手続きにも関わる点で異なる。扱える領域は非常に幅広く、その数は5千~1万種類ともいわれており、ほかの士業に比べ、より幅広い案件を扱えるのも特徴だ。顧客は法人から個人まであるが、ほとんどの行政書士はいずれかの得意分野を中心に活躍している。

こんな人に
おすすめ!
正確で丁寧に処理できるだけでなく、新しい分野へのチャレンジ精神も

申請や届け出の内容は、依頼者の財産やビジネスに深く関わるものが多いので、司法書士と同様に几帳面さは欠かせない要素。一方で、扱える分野は非常に幅広く、遺言書や遺産相続に関わる書類の作成なども行政書士が行う場合がある。それら新しい領域の知識を積極的に吸収し、営業品目の一つに加えていくチャレンジ精神も必要とされる。

行政書士

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

行政書士を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:法学、政治学、総合政策学など
  • 国家資格:行政書士
  • 採用試験 就職先:行政書士事務所など
  • 行政書士
  • Point1

    国家資格である「行政書士」は、合格率10%弱と難関。専門学校や大学の課外講座で勉強して臨む人が多い。

  • Point2

    行政書士は申請書や証明書といった書類作成が中心の仕事。社会や法学の勉強のほかに文章力を高めることも必要になる。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

政治・法律系のその他の仕事

行政書士
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける