法律秘書になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「公務員・政治・法律」に戻る

法律秘書

公務員・政治・法律系の仕事
法律秘書

どんな
職種?
事務作業をテキパキこなし弁護士の仕事をバックアップ

弁護士の事務全般をサポートする秘書。働く場所が法律事務所なので、弁護士秘書と称されることもある。複数人の弁護士が在籍する事務所なら、一人で何人かを担当してスケジュール調整などもこなす。たとえば、朝に弁護士と1日の予定や事務作業について打ち合わせを実施。日中は調査、資料作成、電話応対、メールの送受信、来客のもてなしなどを行う。仕事範囲は、弁護士の方針によって千差万別だが、常に求められるのはビジネスマナーだ。法務の経験が豊富で効率よく働ける人は、パラリーガルなどへスキルアップも可能だ。

こんな人に
おすすめ!
秘書として弁護士のきめ細やかなサポートができる人

弁護士が本来の業務に集中できるよう、きめ細やかなサポートができる人に向いている。資料の整理など庶務業務も多く、正確でスピーディーな処理が求められる。電話や来客対応などもあるため、丁寧な言葉遣いや話し方、マナーも大事なポイントになる。最低限の法律知識があることが望ましい。

法律秘書を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:教養学、語学(外国語)、法学、政治学など
  • 採用試験 就職先:弁護士事務所、法律事務所、法テラスなど
  • 法律秘書
  • Point1

    秘書技能検定や秘書能力検定など、秘書業務に関連する資格を取得すると就職の際に有利である。

  • Point2

    法律事務所や弁護士事務所で採用されると、いくつかの弁護業務分野で実地研修を行い、その後適切な部門の秘書に配置されることが多い。

政治・法律系のその他の仕事

法律秘書
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける