レコーディングディレクターが学べる関西エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

音楽・イベント音楽づくりレコーディングディレクター

この条件で検索する

レコーディングディレクターが学べる関西エリアの学校検索結果

13

1-13件を表示

レコーディングディレクターの仕事内容とは?

レコーディングディレクターは、楽曲の選定、参加ミュージシャンや作詞家・作曲家・編曲家の人選などによって、録音する音楽に関する方向性を決める。その業務内容は多岐に渡り、レコーディングプロデューサーの右腕として、スケジュールの管理やジャケット写真のプランニングなど、レコーディングからプロモーションまで、音楽コンテンツのすべてをコーディネートする。レコーディングディレクターになるには、レコード会社や原盤制作会社などに就職するのが一般的だが、実力があればフリーのディレクターとして活躍することも可能だ。楽譜が読めて、楽器の特性を把握しているなど、音楽的な専門知識が不可欠な仕事であり、音楽大学や専門学校などで勉強をしておくと有利である。また、新人の発掘も大切な仕事の一つだ。歌手やミュージシャンなどと信頼を築くコミュニケーション能力や、業界関係者との人的ネットワークを構築する力が求められる仕事でもあり、一朝一夕でなれる職業ではない。努力と才能が必要だ。