大阪音楽大学の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

「私は音楽に就職します」ミュージックビジネス専攻で音楽・エンタメ業界のプロフェッショナルを育成!

1915年に創立して以来、3万人を超える音楽人を輩出してきた、関西の伝統ある「音楽の総合大学」。クラシックはもちろん、ジャズ、ポピュラー、音楽イベントの企画から音楽ビジネスまで、総合的な音楽の教育を行っています。
2024年度からは、全国の音楽大学でも希少な“音楽×地域創生”を学ぶ「地域創生ミュージックマネジメント専攻」がスタート。「音楽×地域創生」をテーマに、地域の音楽文化の研究、アートによる地域創生の実践、アートマネジメント技術の修得について、観光の視点も生かしながら学びを展開し、音楽で地域創生を担う人材を育成します。
2023年度には従来のポピュラー系専攻を「ポピュラーエンターテインメント専攻」にリニューアルし、「シンガーソングライティング・コース」を新設しました。このコースではプロデューサーのRUNG HYANG(ルンヒャン)氏が特任教授となり、学生一人ひとりが持っている個性を存分に引き出し、それぞれに合ったオーダーメイドスタイルで、5年先10年先を見据えた“自ヂカラ”のあるシンガーソングライターを育成します。
また、音楽・エンターテインメント業界のプロフェッショナルを育成する「ミュージックビジネス専攻」や、商業音楽を作曲する「ミュージッククリエーション専攻」も設置しており、演奏者の育成とあわせて、“音楽で働く”ことを意識した教育も行っています。

大阪音楽大学 PRイメージ1
大阪音楽大学 PRイメージ2
大阪音楽大学 PRイメージ3

トピックス

2023.04.05

地域創生ミュージックマネジメント専攻(2024年4月リニューアル)

2024年4月、「ミュージックコミュニケーション専攻」が「地域創生ミュージックマネジメント専攻」になってリニューアル!
全国の音楽大学でも希少!「音楽×地域創生」を学ぶ!
リニューアルされた新専攻は、「音楽×地域創生」をメインテーマとして掲げ、地域の音楽文化の学び、アートによる地域創生の実践、アートマネジメント技術の修得に加えて、観光の視点も生かしながら学びを展開します。また、知識や技能のみならず目的遂行のための企画力、実行力、計画性、コミュニケーション能力、さらにはアートならではの豊かな発想力を育む人材育成を目指す学びの場となります。音楽大学で勉強したあなたのアイディア、スキル、知識を必要としている場所があります。「音楽×地域創生」を学び、自分自身が「発信源」となり、地域社会で活躍する人材になりましょう!

大阪音楽大学 地域創生ミュージックマネジメント専攻(2024年4月リニューアル)

2023.03.01

日本の未来を担う「自ヂカラのある」シンガーソングライターを育成!

2023年度より従来のポピュラー系専攻が「ポピュラーエンターテインメント専攻」に再編されました。その中に、新しく設置された「シンガーソングライティング・コース」では、日本の未来を担う“自ヂカラのある”シンガーソングライターを育成します。本クラスではシンガーソングライター兼音楽プロデューサーのRUNG HYANG(ルンヒャン)氏が特任教授として直接指導。最新の「音楽現場のリアル」を反映させたカリキュラムを通して、学生一人ひとりが必ず持っている個性を存分に引き出し、それぞれに合ったオーダーメイドスタイルで、アーティストとしての5年後10年先を見据えた“自ヂカラ”を身につけることを目指します。

大阪音楽大学 日本の未来を担う「自ヂカラのある」シンガーソングライターを育成!

2023.03.01

ミュージックビジネス専攻

「音楽×テクノロジー×ビジネス」をキーワードに、音楽大学としての知見やスキルに加え、ICTやビジネス領域について徹底的に学ぶ専攻です。
★1人1台『MacBook Pro』を支給します。
★業界の基礎、新しいテクノロジー・スキルへの対応等をテーマにした充実のカリキュラムで、音楽・エンターテインメント業界のプロフェッショナルとなる人材を育成します。
★就職サポートとして「大阪音楽大学・東京ブランチ」も新設!首都圏の音楽・エンターテイメント業界への就職も後押しします。

大阪音楽大学 ミュージックビジネス専攻

2023.03.01

ミュージッククリエーション専攻

映画音楽、CM音楽、ゲーム音楽、ポピュラー・ソングなどを作曲するクリエイターを育てる新しい専攻です。
★『MacBook Pro』を全員に支給します。業界標準音楽制作ソフト「Pro Tools」「Komplete」インストール済のDTM用最新型「MacBook Pro」です。
★トップクリエーターが実際に監修した実践系カリキュラムを採用。卒業後、即活躍できるスキルを身につけます。
★プロ仕様の「録音スタジオ」を学内に完備。第一線で活躍するクリエーターでもある教授陣の仕事風景を直接見ることも可能!

大阪音楽大学 ミュージッククリエーション専攻

2023.03.01

いつでも本物の音楽に触れられる、すぐれた音楽環境

★大阪音楽大学 ザ・カレッジ・オペラハウス/ヨーロッパのオペラハウスの風格を備えた、本格的なオペラ公演を行える音楽ホールを設置。学生たちだけでなく国内外の著名な音楽家を招き演奏会を開催しています。
★ミレニアムホール/音響や照明技術など、学生自身が舞台機構の操作方法を学べる音楽ホール型大教室です。学習成果を披露するさまざまな発表会や授業、演奏会、特別講義や公開講座などにも広く使用されています。
★ほかにも無料で使える練習スペースが大小多数。下宿生や自宅での練習が難しい学生にとってうれしい環境です。またハイスペックな機器を備えた録音スタジオも完備。授業や練習用の楽器も充実しており、学生への貸し出しも行っています。

大阪音楽大学 いつでも本物の音楽に触れられる、すぐれた音楽環境

募集内容・学費

大阪音楽大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

音楽学部音楽学科

作曲専攻

概要 作曲について幅広く学ぶのはもちろん、曲作りを通じて人間味あふれる豊かな感性を育てます。プロ作曲家の育成だけでなく、作曲の技能をいかした職業に就けるよう、学生の目的に応じた指導を実施。世界的に有名な作曲家や演奏家を、特別講義や授業に招くことも特徴の一つです。
定員 音楽学科220名
年限 4年
学費 初年度納入金 2,230,000円
備考

2023年4月実績

ミュージッククリエーション専攻

概要 業界の第一線で活躍する映画音楽作曲家、CM音楽クリエイタ−、J-POPクリエイターらが実際にカリキュラムを監修&直接指導!大阪音楽大学ならではの「クラシックの作曲技法」で作曲の基礎力がつくから、活躍の幅が広がる、将来の仕事量が違う!!
定員 音楽学科220名
年限 4年
学費 初年度納入金 2,230,000円
備考

2023年4月実績

地域創生ミュージックマネジメント専攻(2024年4月リニューアル)

概要 2024年4月、「ミュージックコミュニケーション専攻」が「地域創生ミュージックマネジメント専攻」になってリニューアル!
全国の音楽大学でも希少!「音楽×地域創生」を学ぶ!
リニューアルされた新専攻は、「音楽×地域創生」をメインテーマとして掲げ、地域の音楽文化の学び、アートによる地域創生の実践、アートマネジメント技術の修得に加えて、観光の視点も生かしながら学びを展開します。また、知識や技能のみならず目的遂行のための企画力、実行力、計画性、コミュニケーション能力、さらにはアートならではの豊かな発想力を育む人材育成を目指す学びの場となります。音楽大学で勉強したあなたのアイディア、スキル、知識を必要としている場所があります。「音楽×地域創生」を学び、自分自身が「発信源」となり、地域社会で活躍する人材になりましょう!
定員 音楽学科220名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,600,000円
備考

2024年4月予定

ミュージックビジネス専攻

概要 「音楽×テクノロジー×ビジネス」をテーマに、音楽大学としての知見やスキルに加え、ICTやビジネス領域について徹底的に指導。充実のカリキュラムで、音楽・エンタテインメント業界のプロフェッショナルとなる人材を育成します。
定員 音楽学科220名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,650,000円
備考

2023年4月実績

声楽専攻

概要 日本の声楽界を牽引し、世界でも活躍できる人材を育成します。確実な声楽技術を伝授するとともに、一人ひとりの個性を尊重し、心技一体の声楽表現を修得。
また仲間たちとの連携を重んじながらひとつの音楽を創造しようとする、探究心、忍耐力、協調性を養います。
定員 音楽学科220名
年限 4年
学費 初年度納入金 2,230,000円
備考

2023年4月実績

ピアノ専攻

コース・専攻名 ・ピアノ・コース
・ピアノ演奏家特別コース
概要 ◆ピアノ・コース
演奏の基本的なテクニックを固め、その上で個人の資質に応じた更なる演奏技術の向上を目指します。演奏家、教育者としてはもちろん、卒業後の多様なニーズに対応できる能力を身につけます。
◆ピアノ演奏家特別コース
ソリストとして世界で活躍できる演奏家を育成。2名の教員からのレッスンに加え、学外からの著名な演奏家によるレッスン等非常に深く多面的な指導を受けることができます。
定員 音楽学科220名
年限 4年
学費 初年度納入金 2,230,000円
備考

2023年4月実績

管楽器専攻

コース・専攻名 ・管楽器コース
・管楽器演奏家特別コース
概要 ◆管楽器コース
1・2年次では、各楽器の基礎的な知識と奏法を習得。3・4年次では、楽曲に対する理解を更に深め、幅広いレパートリーをマスターします。また室内楽や同属楽器での合奏、吹奏楽などのアンサンブルやオーケストラといった体験を通して、確かな技術力と高い人間力を育みます。
◆管楽器演奏家特別コース
高度な個人実技レッスンに加え、将来の志向に応じて多彩な授業をアレンジできることに特化したコースです。本学が誇る多彩な教員からオーケストラ・室内楽、各種アンサンブルなどを学ぶことができます。また、年1回、大学内の本格ホールで「リサイタル」を開催できます。
定員 音楽学科220名
年限 4年
学費 初年度納入金 2,230,000円
備考

2023年4月実績

弦楽器専攻

コース・専攻名 ・弦楽器コース
・弦楽器演奏家特別コース
概要 ◆弦楽器コース
1・2年次では、各楽器の基礎的な知識と奏法を習得。3・4年次では、楽曲に対する理解を更に深め、幅広いレパートリーをマスターします。また室内楽や同属楽器での合奏など、アンサンブルやオーケストラといった体験を通して、確かな技術力と高い人間力を育みます。
◆弦楽器演奏家特別コース
高度な個人実技レッスンに加え、将来の志向に応じて多彩な授業をアレンジできることに特化したコースです。本学が誇る多彩な教員からオーケストラ・室内楽、各種アンサンブルなどを学ぶことができます。また、年1回、大学内の本格ホールで「リサイタル」を開催できます。
定員 音楽学科220名
年限 4年
学費 初年度納入金 2,230,000円
備考

2023年4月実績

打楽器専攻

コース・専攻名 ・打楽器コース
・打楽器演奏家特別コース
概要 ◆打楽器コース
1・2年次では、各楽器の基礎的な知識と奏法を習得。3・4年次では、楽曲に対する理解を更に深め、幅広いレパートリーをマスターします。また室内楽や同属楽器での合奏、吹奏楽などのアンサンブルやオーケストラといった体験を通して、確かな技術力と高い人間力を育みます。
◆打楽器演奏家特別コース
高度な個人実技レッスンに加え、将来の志向に応じて多彩な授業をアレンジできることに特化したコースです。本学が誇る多彩な教員からオーケストラ・室内楽、各種アンサンブルなどを学ぶことができます。また、年1回、大学内の本格ホールで「リサイタル」を開催できます。
定員 音楽学科220名
年限 4年
学費 初年度納入金 2,230,000円
備考

2023年4月実績

ギター・マンドリン専攻

概要 クラシックギターのより高度な技術と知識を身につけ、幅広いレパートリーを学ぶことにより、演奏者としての完成を目指します。マンドリンの演奏技術も習得します。独奏だけに偏らず種々の室内楽に対応できるアンサンブル技術を身につけ、また、優れた指導者として社会に貢献できるようレッスン技術を向上させると共に、自らの演奏に必要な独奏曲への編曲、ギター合奏曲の編曲に止まらず、レッスンや愛好家に向けて必要な編曲能力を身につけます。
定員 音楽学科220名
年限 4年
学費 初年度納入金 2,230,000円
備考

2023年4月実績

邦楽専攻

概要 筝・三絃または尺八を専門に学びます。特筆すべきは合奏の多さ。アンサンブルをリードするスキルは、よき社会人として活躍するための力にもつながります。並行して西洋音楽も学び、五線譜にも習熟。伝統音楽はもちろん現代的な音楽にも対応できる、日本音楽の未来を担う人材を育てます。
定員 音楽学科220名
年限 4年
学費 初年度納入金 2,230,000円
備考

2023年4月実績

ジャズ専攻

概要 高い演奏技術と深い音楽的知識、そして優れた感受性と豊かな表現力。現代ジャズを演奏するには様々なことが要求されます。しっかりとした基礎を土台に据え、広い視野を持ち自分自身を磨いていくことが必要です。一人ひとりの個性に対応した決め細やかなレッスンに加えて、実践的なカリキュラムに従い音楽的な経験を積むことで、一つひとつのハードルをクリアすることにより、演奏家や指導者として、また広く社会で活躍できる人材の養成を目指します。
定員 音楽学科220名
年限 4年
学費 初年度納入金 2,230,000円
備考

2023年4月実績

ポピュラーエンターテインメント専攻

コース ●ヴォーカルパフォーマンス・コース
●ポピュラーインストゥルメント・コース
●シンガーソングライティング・コース
概要 2023年度より従来のポピュラー系コースを「ポピュラーエンターテインメント専攻」に再編
◆ヴォーカルパフォーマンス・コース
「洋楽」をカリキュラムに導入し、ヴォーカルパフォーマンスに必要な「歌唱力」「表現力」「パフォーマンス力」「プロデュース力」までトータルに学びます。教員免許の取得も目指せます。
◆ポピュラーインストゥルメント・コース
楽器の演奏技術を磨き、現場で必要な独創性と対応力、時流に沿ったアプローチ、プロとしてのビジネス意識なども学び、一流のプレーヤーでありながら、自らレコーディングやライブのアレンジャー、プロデューサーを務められるクリエーターを目指します。
◆シンガーソングライティング・コース
2023年4月に開設。日本の未来を担う“自ヂカラのある”シンガーソングライターを育成します。シンガーソングライター兼音楽プロデューサーのRUNG HYANG(ルンヒャン)氏が特任教授として直接指導。学生一人ひとりの個性を存分に引き出し、それぞれに合ったオーダーメイドスタイルで、アーティストとしての5年後10年先を見据えた“自ヂカラ”を身につけることを目指します。
定員 音楽学科220名
年限 4年
学費 初年度納入金 2,230,000円
備考

2023年4月実績

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2022年3月卒業生実績

  • カワイ音楽教室
  • ヤマハ音楽教室
  • 島村楽器(株)
  • 自衛隊音楽隊(陸上・海上
  • 小・中・高等学校教員
  • 神戸市役所
  • 堺市役所
  • (株)テクニコ
  • ニュアンスデザイン合同会社
  • (株)USEN-NEXT HOLDINGS
  • サントリーパブリシティサービス(株)
  • 兵庫県立文化芸術センター
  • (株)サザビーリーグアイビーカンパニー
  • ロングライフホールディング(株)
  • (株)マイナビ
  • (一社)ナレッジキャピタル
  • JR西日本SC開発
  • …など

2022年3月実績 就職率93.9% (就職希望者数116名/就職者数109名)

就職支援

<キャリア支援センター>
演奏家、教員、音楽教室講師、企業への就職など、本学の在学生が描く希望進路は一人ひとり大きく違います。それぞれが目指す目標にむかうために、キャリア支援センターでは個別対応重視のキャリアサポートを行っています。一般企業への就職支援はもちろん、教員を目指す学生には「コンクール・オーディション等の情報閲覧システム」、音楽と関わりながら働く道を探る「音楽関連産業でのインターンシップ(職場体験)」など、様々な窓口を設け、スタッフが学生一人ひとりとじっくり話し合いながら、きめ細かな支援体制で取り組んでいます。

<就職・進路ガイダンス 、個別面談>
1年次には「教養基礎セミナー」という必修授業の中で、卒業後の進路に関わる概要の説明を行います。
また、進路に関する個別相談は学年問わず、いつでも対応していますが、特に1年生については、どのような進路を希望していようと、全員必ず一度はスタッフが面談し、その道にあったサポートを提供しています。

各種制度

大阪音楽大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

オープンレッスン制度&プラスレッスン制度

本学では、カリキュラム以外にも積極的に学べる環境が整っています。

【オープンレッスン制度】
本学ではオープンレッスン制度を取り入れています。教育環境改善の一環で、全ての在学生は、希望すれば全教員のレッスンが聴講できます。
【プラスレッスン制度】
より専門実技を学べるように従来の「オープンレッスン(聴講)制度」に加えて、『プラスレッスン制度』を導入しています。これは、専攻実技レッスン(年間30回)とは別に、現在履修している実技レッスン担当教員以外の教員による、同一専攻(楽器)の実技レッスンを、前期・後期に各1回(原則として授業期間中)受講できる制度です。

大阪音楽大学 オープンレッスン制度&プラスレッスン制度

海外提携校

大阪音楽大学では、王立ウェールズ(イギリス)、デトモルト(ドイツ)、ワイマール(ドイツ)、フォルクヴァング(ドイツ)、ミラノ・ヴェルディ(イタリア)、啓明(韓国)の各音楽大学及び音楽院と提携関係を結び、国際間交流の活性化や留学のケアを行います。

大阪音楽大学 海外提携校

練習室・楽器

【練習室】多数の練習室を設置しています。ピアノをはじめ、パイプオルガン、電子オルガン、シンセサイザー、チェンバロなども設置しています。下宿生など自宅練習の難しい学生にとっても充実した環境です。

【楽器】授業や練習、演奏会や発表会に使用するための楽器を多数備え、学生個人への貸し出しも行っています。グランドピアノや電子オルガン、チェンバロなどの鍵盤楽器、クラリネットやヴァイオリン、ティンパニなどの管・弦・打楽器、箏・三絃などの邦楽器やリコーダー、古楽器などの合奏・アンサンブル用の楽器などが多数あります。

大阪音楽大学 練習室・楽器

学生寮

大学から南東へ約1,300m。女子のみが入寮できます。
全室個室、フローリング、エアコン、ベッド、収納棚を備えています。食堂棟は、朝・夕の食事や談話に使用、自炊コーナーもあります。練習室、ユニットバス、シャワー室、洗濯室も設置しています。
入寮費 70,000円
寮費(年額) 342,000円~372,000円
食費(年額) 154,000円
(入寮者は全員納入、朝・夕食事提供日数200日)

大阪音楽大学 学生寮

大阪音楽大学特待生授業料減免制度

減免額:400,000円(年額)
適用人数:若干名
対象:総合型選抜、学校推薦型選抜、一般選抜、後期総合型選抜における専門実技成績上位合格者(1年次のみ)
※ただし、ミュージッククリエーション専攻、ミュージックコミュニケーション専攻、ミュージックビジネス専攻、ピアノ演奏家特別コース、管弦打演奏家特別コースは適用対象外

遠隔地出身者支援給付奨学金

給付額:年額20万円を4年間
適用人数:10~20名程度
対象:遠隔地出身で、総合型選抜、学校推薦型選抜における専門実技成績上位合格者

※遠隔地出身者とは、自宅から本学までの道のりが概ね100kmを超え、公共交通機関を用いた片道の通学時間が2時間以上を要する方。

大阪音楽大学給付奨学金

奨学金A 専門実技科目(*)と専門教育科目の成績がきわめて優秀で、一般・外国語・保健体育科目の成績が優秀な学生。
奨学金B 専門実技科目(*)と一般・外国語・保健体育科目の成績がきわめて優秀で、専門教育科目の成績が優秀な学生。
奨学金C 全履修科目の平均成績がきわめて優秀で、実技科目の成績が優秀な学生。
(*)専門科目がない専攻は各学年への進級基準となる科目
支給額・人数:
 奨学金A 50万円 各学年ごとに3名以内  奨学金B 35万円 各学年ごとに3名以内  奨学金C 20万円 各学年ごとに5名程度
 (ミュージックコミュニケーション専攻生・ミュージックビジネス専攻生は A 35万円 B 25万円 C 15万円

対象:申請年度において2~4年次に在学し、かつ前年度の在学期間中に所定の単位を取得した学業・成績が優秀な学生。
(留学生は私費留学に限る。申請年度の編入学、転入学、再入学、科目等履修生は対象外)
審査方法:書類審査
※「海外提携校留学助成金」「国内・海外音楽講座受講助成金」との重複採用はされません。

海外提携校留学助成金

海外の提携大学または音楽院等にて、より専門性を深めるため留学を希望する学生を対象に審査を行い、適用者に所定の金額を助成する。

期間:3ヶ月~6ヶ月
支給額・人数:
 4ヶ月以上6ヶ月まで 50万円以内 3名以内(併設短大適用者との合計)
 3ヶ月以上4ヶ月未満 40万円以内 4名以内(併設短大適用者との合計)
 ※留学期間は留学先提携校の授業期間とします。
対象:
申請時、2~4年次の学生であり、専門実技科目の成績及び全受講科目の成績が優秀な学生。
審査方法:書類審査、外国語面接、最終面接

*「大阪音楽大学給付奨学金」「国内・海外音楽講座受講助成金」との重複採用はされません。
*適用は在籍期間中1回限り。留学終了後には学習内容・留学成果について報告書の提出を義務付けます。

学びの分野/学校の特徴・特色

大阪音楽大学で学べる学問

  • 社会学・マスコミ・観光
  • 教育・保育
  • 芸術・表現・音楽

大阪音楽大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 教育
  • 保育・こども
  • ビジネス・経営
  • 公務員・政治・法律
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画
  • 音楽・イベント

大阪音楽大学の特徴

  • 総合型選抜制度
  • 特待生制度
  • 独自奨学金制度
  • インターンシップ
  • 新設学部・学科
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内
大阪音楽大学の学部・学科情報はこちら

大阪音楽大学の所在地

庄内キャンパス

所在地

〒561-8555
大阪府豊中市庄内幸町1-1-8

交通機関・最寄り駅

大阪・梅田から阪急電車宝塚線(普通)で4つ目、庄内駅下車。
西出口より北西へ約700m。
新幹線新大阪駅から車で約10分。
大阪空港(伊丹)から車で約13分。
大阪空港(伊丹)からモノレール(大阪空港~蛍池)―阪急電車(蛍池駅から梅田行き普通)を経由して約30分。
名神高速道路・豊中インターチェンジ、阪神高速道路・豊中南インターチェンジから車で約5分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0120-414-015

大阪音楽大学のお問い合わせ先

入試センター

NTTフリーダイヤル 0120-414-015 (入試専用フリーコール) / 電話 06-6334-2507
FAX: 06-6336-4428
Mail: info-nyushi@daion.ac.jp

  • 学校No.4201
  •  
  • 更新日: 2023.08.08

近隣エリアから専門学校をさがす

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす