エクステリアコーディネーターになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「建築・土木・インテリア」に戻る

エクステリアコーディネーター

建築・土木・インテリア系の仕事
エクステリアコーディネーター

どんな
職種?
建物の外観を演出するプロフェッショナル

日本語で外側・外観と訳される「エクステリア」。建築業界では「外側のインテリア」という意味を持ち、建物の外壁、門、ガレージ、庭など、家の外側全般についてコーディネートするのがエクステリアコーディネーターの仕事だ。建物の外観は街の景観の一部であり、エクステリアコーディネートは街づくりにも影響する重要な仕事といえる。必須ではないが、エクステリア工事に従事する設計や工事管理に関する認定資格である、公益社団法人 日本エクステリア建設業協会の「エクステリアプランナー」資格を所持する人が多い。

こんな人に
おすすめ!
多角的な視点で外観をデザインする力が必要

エクステリアの知識や技術だけでなく、設計や工事に関する知識が求められる。室内から外を見た場合と、外から家の外観を見た場合とどちらも美しく仕上がるよう、多角的な視点も必要とされる。また外から室内が見えないように配慮するなど、生活をする人の目線でデザインを考える発想力も重要だ。依頼主の注文の意図をくみ取り、好みのアイテムを提案できるセンスも必要だ。

エクステリアコーディネーターを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:コミュニケーション学、心理学、建築学、意匠、インテリア、工芸学、住居学、デザインなど
  • 採用試験 就職先:住宅メーカー、不動産会社、建築設計事務所など
  • エクステリアコーディネーター
  • Point1

    設計や施工管理の知識が必要だ。民間資格のカラーコーディネーターやエクステリアプランナーの資格を取得すると仕事に役立つだろう。

  • Point2

    ガーデニングブームや環境緑化の意識が高まり、庭や壁面緑化といったエクステリアのニーズは高まっていくと考えられる。

インテリア系のその他の仕事

エクステリアコーディネーター
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける