住宅デザイナーになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「建築・土木・インテリア」に戻る

住宅デザイナー

建築・土木・インテリア系の仕事
住宅デザイナー

どんな
職種?
建築から内装に至るまで住宅の全てをデザインする

住宅を建てる場合、建物、インテリア、エクステリアはそれぞれのデザイナーが行うことが多いが、それらをトータルに担当するのが住宅デザイナーの仕事。顧客のライフスタイルを考慮した上で、どのようなデザインを理想としているかを引き出し、より住みやすく希望に沿った住宅デザインを提案する。「二級建築士」の資格を取得して、「インテリアコーディネーター」や「インテリアプランナー」などの資格も併せて取得すれば、仕事の幅が広がるだろう。

こんな人に
おすすめ!
住宅に関する幅広い知識とお客様の希望を引き出すコミュニケーション能力

建物、インテリア、エクステリアをトータルで担当するには、幅広い知識と流行や、実際の施工例などをリサーチする向学心が重要となり、さらに色使いなどの美的センスも求められる。また、お客様との会話から希望を引き出し、条件を加味してプランを提案するため、課題に気付いて最適解を導いたり、優れたコミュニケーション能力がある人に適している。

住宅デザイナーを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:建築学・意匠、土木学、インテリア、住居学、デザイン、美術など
  • 採用試験 就職先:住宅関連企業、デザイン・設計事務所、リフォーム関連企業など
  • 住宅デザイナー
  • Point1

    建築科や土木科などがある大学や専門学校で建築に関する基礎を学ぶ。その後実務経験を経て、二級建築士資格を習得すれば、実力の証明になる。

  • Point2

    インテリアデザイナーやインテリアプランナーなどのインテリア関連資格を取得しておくことで、仕事の幅が広がる。

インテリア系のその他の仕事

住宅デザイナー
目指せる学校を探してみよう!