国際監査になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「ビジネス・経営」に戻る

国際監査

ビジネス・経営系の仕事
国際監査

どんな
職種?
国際企業の会計と業務内容をチェックするエキスパート

国際商取引をする企業や組織が、必要基準や手続きを踏まえているかをチェックする専門職。日本語、英語の書類や資料を調べ、問題がある場合は指摘し、改善を求める。調査だけでなくコンサルタント的な役目も果たす職業といえる。資格としては、世界各国でスタンダードと目されている「CIA公認内部監査人認定」資格などがある。試験は世界各国で18の言語で実施され、日本語の受験も可能。しかし、グローバルビジネスの場で活躍するには専門用語を操る英語力は必須。就職先としては、監査法人や大手企業などが多い。

こんな人に
おすすめ!
語学力も含め商取引に対してグローバル感覚に優れた人材が求められる

国際的に商業取引のある企業や組織を対象とするので、語学力に長け広い視野とグローバル感覚を持った人が求められる。日本語はもちろん、英語の資料もくまなく調べ、問題がある場合には、速やかに訂正するように指摘できるように、日頃から何かを細かくチェックすることが得意であったり、注意深い人が望まれる。

国際監査を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:金融学、語学(外国語)など
  • 採用試験 就職先:上場企業、監査法人など
  • 国際監査
  • Point1

    会計学、監査論、企業法、租税法などを学ぶといいだろう。その後、公認会計士試験に合格し、国際監査にステップアップするのが主流である。

  • Point2

    内部監査人協会(IIA)の認定資格である公認内部監査人(CIA)の資格を取得することで、世界水準の監査力があることを証明することができる。

金融・不動産系のその他の仕事

国際監査
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける