米国証券アナリスト(CFA)になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「ビジネス・経営」に戻る

米国証券アナリスト(CFA)

ビジネス・経営系の仕事
米国証券アナリスト(CFA)

どんな
職種?
株や債券を通じて世界経済の動向を詳しく分析

株取引の本場、アメリカの証券市場のアナリストの仕事を指す。証券アナリストとは株式や債券などの証券について調査・分析し、投資についてアドバイスをしたり、管理なども担当するスペシャルリストのこと。米国証券アナリストとして働くために、CFA(Chartered Financial Analyst)協会が認定する「CFA協会認定証券アナリスト」の資格が必要となる。資格を取得するためには、4年以上の実務経験が必要。もちろん資格取得のためには英語力も必須となる。国際的な視野と専門知識が問われる職業だ。

こんな人に
おすすめ!
グローバルな視点で金融業界の変化を分析・提案できる高い知識が必要

変化の絶えない状況下で、市場動向をしっかりと抑えて分析し、相手に合わせた証券を提案ができる人におすすめである。また現状に満足をせず、まだ他にいいものがないか考える探究心も必要だ。日本の資格保有者はまだ約1,000人と少なく、金融業界のグローバル化に伴い、金融業界で経験のある資格を保有しておくと就職に際して強い武器となるだろう。

米国証券アナリスト(CFA)を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:語学(外国語)、経済学、金融学など
  • 採用試験 就職先:金融機関、資産運用コンサルタント、証券会社など
  • 米国証券アナリスト(CFA)
  • Point1

    米国証券アナリスト(CFA)の試験は英語で出題されるため、英語力が必要とされる。TOEIC700点以上あると望ましい。

  • Point2

    アナリストとして働くには経験が必要。志望企業を絞りすぎず、アナリストアシスタントや関連業種や部署で働き経験を積むことも選択肢に入れたい。

金融・不動産系のその他の仕事

米国証券アナリスト(CFA)
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける