土地家屋調査士になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「ビジネス・経営」に戻る

土地家屋調査士

ビジネス・経営系の仕事
土地家屋調査士

どんな
職種?
不動産の現状を正しく登記するための調査や測量などを行う

登記手続きは、素人にとっては複雑なため、法務局へ正確な登記を行うときに、土地や家屋の物理的な状態を調査する職種。誰かが家屋を新築・増築するときや、所有地に何かをつくる場合、土地の売買や不動産相続の際にも業務が発生する。不動産所有者に代わって住所の確認、土地面積の測量、境界線の調査、図面の作成、登記の申請手続きなどを行う。近隣住民の立ち会いの下、土地の調査を実施する場合もある。自分以外の住民票などを請求できる限られた専門職であり、法務省が認める国家資格を取得する必要がある。

こんな人に
おすすめ!
ミリ単位の測量を行う几帳面さと、不動産に関する法律の深い知識が求められる

土地を誤差のないように調査する上で、ミリ単位での測量や計算をするため、正確で几帳面な人が望まれる。また、財産価値の高い不動産を取り扱うためには、不動産登記法や建築基準法や農地法などの不動産に関する法律への深い知識も必要になってくる。測量・計算に加えて法律と、理系の知識と文系の知識をあわせ持った人が求められる。

土地家屋調査士を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:数学、法学、環境学など
  • 国家資格:土地家屋調査士
  • 採用試験 就職先:測量会社、建設コンサルタント会社など
  • 土地家屋調査士
  • Point1

    法律手続きを代行する司法書士の資格があると不動産登記に関する作業を一人で行うことができる。

  • Point2

    各都道府県の土地家屋調査士会に入会することにより土地家屋調査士になることができる。

金融・不動産系のその他の仕事

土地家屋調査士
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける