米国不動産鑑定士になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「ビジネス・経営」に戻る

米国不動産鑑定士

ビジネス・経営系の仕事
米国不動産鑑定士

どんな
職種?
アメリカの不動産査定資格を持ちグローバルに物件を探すプロ

米国不動産鑑定士(MAI)とは、アメリカが認定する資格名称。米国内の不動産を鑑定することができるが、世界的にも認知されているため、国際的に不動産の仕事をしたい人におすすめ。履修やレポート提出は英語で、不動産、経済、金融まで幅広い知識を要する。たとえば、日本企業がアメリカに支社や工場などを設ける際に物件を探し、適切な価値を査定し、契約交渉に携わることもある。現地の専門家や鑑定協会と連携する上でも、英語でのコミュニケーション能力は必須。日本と異なる不動産事情に精通していることも重要だ。

こんな人に
おすすめ!
英語力はもちろん法律、経済、金融などの網羅的な知識が求められる

米国において土地や建物の売買を仲介するため、米国の法律、経済、金融などの専門知識が求められる。ビジネスで通じる英語力に加え、財政や治安状況など州によって異なる特徴を把握しておくことも必要だ。不動産といった大きな資産を、世界を舞台に運用したいといったグローバルな姿勢を持った人が望ましい。

米国不動産鑑定士を目指すなら

  • 高校
  • 大学・大学院 必要な学び:法学、経済学、金融学など
  • 米国資格:MAI米国不動産鑑定士
  • 採用試験 就職先:不動産会社、外資系企業など
  • 米国不動産鑑定士
  • Point1

    米国に渡って就職したり、外資系企業で働いたりする場合は、英語が必須条件となる。また、米国の法律や一般常識も身に付けておくといい。

  • Point2

    MAI米国不動産鑑定士の資格を取得した後、就職するのが一般的だ。米国で働く場合は、この資格がないと働けないので注意が必要だ。

金融・不動産系のその他の仕事

米国不動産鑑定士
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける