産業カウンセラーになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

産業カウンセラー

医療・歯科・看護・リハビリ系の仕事
産業カウンセラー

どんな
職種?
働く人のストレスの原因を探り解消するための助言・指導を行う

企業などで働く人たちが抱える悩みなどをヒアリングして、心理学的な観点から解決のためのアドバイスなどをする仕事。活動領域は大きく3つに区分され、リストラなどが原因となるストレスに対するための「メンタルヘルス対策への援助」、働く人の職業生活の質を向上させるための「キャリア開発への援助」、職場での人間関係を改善するための「職場における人間関係開発への援助」がある。就業のための必須資格はないが、日本産業カウンセラー協会の「産業カウンセラー資格」を取得して就業するのが一般的。

こんな人に
おすすめ!
熱意を持って心の声を拾えるカウンセリング力が必要

人の話をとことん聞き、カウンセリング力のある人に向いている。また、職種によっては社会問題とも対峙することになる。社会問題や産業問題など、普段から積極的に情報収集する姿勢も大切な要素といえる。

産業カウンセラーを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:心理学、人間科学、総合科学など
  • 民間資格:産業カウンセラー
  • 採用試験 就職先:民間企業、公的機関総務部、医療機関など
  • 産業カウンセラー
  • Point1

    産業カウンセラーの資格が必要。指定の養成講座を受講するか、大学院で心理学や人間科学などを専攻し、指定の単位を取得することで受験資格が得られる。

  • Point2

    企業では総務・人事担当者が社員の悩みなどを解決するために、産業カウンセラーの資格を取得することもある。

心理・リハビリ系のその他の仕事

産業カウンセラー
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける