視能訓練士になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

視能訓練士

医療・歯科・看護・リハビリ系の仕事
視能訓練士

どんな
職種?
眼科検査と患者の視力回復をサポート

視能訓練士の主な仕事は、弱視や斜視など目に障がいのある患者の視力回復をサポートすること。眼科医の指導の下、病院に来る患者に対して目の一般検査を行っている。眼疾患は早期発見、治療が大切なため、視能訓練士の検査業務は重要な役割を果たす。また眼科医と力を合わせ治療プログラムの考案をしたり、矯正訓練を実施。ほかにも、視力が低下した患者に対しては、拡大鏡などの補助具の使い方をレクチャーする。勤務先は、総合病院の眼科や、眼科診察所などとなる。

こんな人に
おすすめ!
的確な診断に求められる正確性と、コミュニケーション能力の高さ

視力低下の原因を、綿密な検査結果を基に導き出せる正確性が肝心。また、患者との対話から症状を的確に把握するために、コミュニケーション能力にたけた人が向いている仕事である。目が見えないことは日常生活に多大なストレスを与えるもの。いかに患者の不安を取り除き、治療への安心感を与えられるかが重要だ。眼科の医師との連携も必要なため、協調性が問われる仕事でもある。

視能訓練士

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

この職種の収入は?

平均年収352.9万円 [2010年度 視能訓練士の現状と展望(社団法人 日本視能訓練士協会)主に正規職員 参照]

視能訓練士を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:医学、言語聴覚学、心理学など
  • 国家資格:視能訓練士
  • 採用試験 就職先:病院、眼科医院、保健・福祉施設など
  • 視能訓練士
  • Point1

    視能訓練士をめざすなら、基礎医学大要をはじめ、訓練士として働くための視能矯正学や視能検査学などを学べる学校に入り、国家試験に合格する必要がある。

  • Point2

    加齢により視力が低下した高齢者のリハビリテーションも行う視能訓練士。高い技術力が問われるため、最新の医療技術や機器など幅広い知識を身に付けておきたい。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

心理・リハビリ系のその他の仕事

視能訓練士
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける