環境教育指導者になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「環境・自然・バイオ」に戻る

環境教育指導者

環境・自然・バイオ系の仕事
環境教育指導者

どんな
職種?
学校などで環境についての教育指導を行う専門家

人々が自然環境に関心を持ち、これを大切にする意識を高めるための教育・指導を行う仕事。主に小学校や中学校の児童生徒に対して、講義のほか山歩きや川遊びなどの自然と触れ合うプログラムなどを企画して提供する。子どもに限らず、地域住人を対象に行われる環境教育プログラムやアウトドアイベントに参加して指導するなど、自然について考える機会を社会に提供することが求められる。必須となる資格はないが、専門知識と技術を高めるための研究は必要で、自然学校や環境関連団体に所属して活躍するケースが多い。

こんな人に
おすすめ!
自然の素晴らしさを後世に残す使命感と指導力が重要

地球環境や自然について考える機会を与えるスペシャリストとして、老若男女と話ができるコミュニケーション能力の高さと指導力が求められる。自然の中でのレクリエーションを楽しむ体験プログラムなどを考える必要があるため、発想力に長けていると好ましい。また、自然の素晴らしさを後世に残す使命感を持っていることが重要だ。

環境教育指導者を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:地理学、化学、応用理学、環境学、環境情報学、農学、農業工学、農業経済学、林学、林産学、農芸化学、コミュニケーション学など
  • 採用試験 就職先:環境保護団体、自然学校、官公庁、野外活動教育団体・企業など
  • 環境教育指導者
  • Point1

    大学や専門学校で環境や野生動物などについて学んだ後、自然学校や野外活動教育団体に入り、環境教育指導者養成セミナー認定資格を取得し、就職するのが一般的だ。また、指導力を養うため、教員免許取得のための勉強も役立つ。

  • Point2

    環境教育指導者養成セミナー認定資格のほか、キャンプインストラクターやプロジェクトWET指導者などの認定資格も取得していると知識の証明になる。

環境・自然・バイオ系のその他の仕事

環境教育指導者
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける