建築士になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「建築・土木・インテリア」に戻る

建築士

建築・土木・インテリア系の仕事
建築士

どんな
職種?
依頼主の要望を受けて建築物を設計・工事管理し、完成させる

戸建て住宅や集合住宅、ビルといった建築物を設計する仕事。建設会社や工務店、設計事務所などが主な活躍の場で、経験を積めば独立開業の道も開ける。依頼主の要望を聞き、その土地に対して決められた面積、高さ、容積などの条件に合うように設計図を作成し、工事が始まれば作業が設計図通りに施工されているかどうかの管理・確認も行う。設計や工事管理は、建築士法の定めにより建築士しか行うことができない。さまざまな条件をクリアしながら、アイデアを形にして実際の建築物として完成させる醍醐味が味わえる。

こんな人に
おすすめ!
コミュニケーション能力と協調性。新しいものを取り入れる柔軟さ

発注者の要望通りに建築物を完成させるためには、会話の中からニーズを引き出す能力が必要。建築設備士やインテリアデザイナー、工事業者など、他職種のスタッフとの共同作業も多く、チームワークは欠かせない。日々進化する建築技術や理論、また流行のデザインなど、日々新しい情報を取り入れて対応しなければならない。好奇心旺盛で勉強熱心であることが最大の適性だといえる。

建築士

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

この職種の収入は?

平均月収42.2万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)1級建築士 参照]

建築士を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:建築学・意匠、デザイン工学、土木工学など
  • 国家資格:建築士(一級・ニ級)
  • 採用試験 就職先:建設会社、工務店、設計事務所、官公庁など
  • 建築士
  • Point1

    建築物を設計する上で、機能や安全性を満たすことはもちろんだが、加えてデザインなどにも気を配らなければならない。デザインや色彩のセンスも大切な要素の一つ。

  • Point2

    建築士の資格には「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」などがあり、それぞれ設計・工事管理できる建築物の種類が建築士法によって定められている。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

建築系のその他の仕事

建築士
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける