建築模型アーティストになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「建築・土木・インテリア」に戻る

建築模型アーティスト

建築・土木・インテリア系の仕事
建築模型アーティスト

どんな
職種?
ビルや住宅などの建設に必要な建築模型を制作する専門家

建築模型アーティストはビルや住宅などの設計図を基に、建築の模型をつくる専門家だ。設計図だけでは分かりにくい建造物を模型で立体化することで、より完成品のイメージをつかみやすくする。模型には、ビルや住宅、商業施設などの建物のほか、周辺の地形を含むジオラマもあり、主にプレゼンテーション、展示、実験などに使用される。最近では、模型と一緒にコンピュータ画面に描くCGを併用することも増えている。民間の技能認定試験もあり、通信教育などで学ぶことが可能だ。

こんな人に
おすすめ!
正確に美しく仕上げるための手先の器用さと集中力の高さが必要

図面を理解し、正確に読み取り設計する力が必要だ。設計図通りに模型を作成するにあたり、美しく仕上げる手先の器用さ、正確さが必須であるため、普段からプラモデル製作や工作などの組み立て、塗装が得意な人は適性がある。加えて、細かい作業を長時間おこなうため、集中力の高さが求められる。

建築模型アーティストを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:デザイン工学、建築学、意匠、インテリアなど
  • 採用試験 就職先:設計事務所、建設事務所、建設模型会社など
  • 建築模型アーティスト
  • Point1

    「実践建築模型認定試験」や「建築模型技工士インストラクター認定試験」の資格を取得すれば、技術の証明にもなり就職に有利となる。

  • Point2

    設計事務所などに就職し、実際に働きながら知識と技術を身に付けていくことが多い。建築模型士の資格を保有し、在宅で働く人もいる。

建築系のその他の仕事

建築模型アーティスト
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける