静岡理工科大学の入試出願・就職資格情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

「研究が人を育てる」。 研究を通して、専門力と人間力を身に付けた技術者を育成

◆「研究が人を育てる」、それが本学の教育方針!
本学の考える「研究力」とは、研究をコアとした貴重な経験を通して実社会で生き抜く「人間力」を育むことです。研究課題に取り組むためには、論理的思考とトライ&エラーを繰り返す忍耐力が求められます。そこから得られる成功体験、仲間と協調して物事を進める経験が学生一人ひとりを大きく成長させていくのです。

◆大学全体が大きな一つの研究サイト
高精度な分析・測定装置を集中管理する「先端機器分析センター」、未来の移動体の研究拠点「やらまいか創造工学センター」。建築学を体感できる「建築学科棟」や各実験棟。これらの設備は企業や地域に開放、地域の研究拠点となっています。

◆目標実現をサポートするカリキュラム
本学の「カリキュラム」には、希望する研究室や就職分野に進むにはどの科目を段階的に履修する必要があるのか示されています。各科目間の繋がりや研究・就職との関係を明確にし、個々の目標実現に向け効率的な科目選択のサポートをしています。また、グループで課題解決に取り組むPBL科目を1年生から導入し、研究活動に必要な「主体性」「協力する力」を養います。

静岡理工科大学 PRイメージ1
静岡理工科大学 PRイメージ2
静岡理工科大学 PRイメージ3

トピックス

2019.03.01

防災先進県 静岡県唯一の建築学科!※

◆空間と居住性、防災減災を融合した建築と暮らしを創造
建築学の基本である計画・意匠、構造、環境、材料の各分野と関連した幅広い領域との繋がりをバランスよく学び、専門的な知識・技術へと発展。防災・減災対策なども含めた静岡県の地域環境を教材に、建築・都市・地域のスケールを横断した思考力と課題解決力を備えた技術者を育成します。
◆建築の今とこれからを実感できる環境・設備
建築学を居ながらに実感できることを求めて設計された建築学科棟や大規模なコンクリート材料の強度実験が可能な構造実験棟、照明や空調など環境分野の実験が可能な環境実験棟が備わっています。研究・実験設備を効果的に完備し、建築学を総合的に学べます。
◆実験・演習中心の少人数制教育
本学科は実験・演習中心の少人数制教育を実施。教員一人当たりの学生数は5~6人、教授陣が丁寧に指導し学生をサポートします。
◆建築学科2年生後期授業 講評会ムービー公開中
建築設計ArchitecturalDesignA2
http://www.sist.ac.jp/navi/article/information/78/

※静岡県HP参照

2019.03.01

情報学部で学ぶ!これからの情報科学とICT(情報コミュニケーション技術)

情報学部では、情報化社会で必要となるプログラムづくりからICTを活用した「コトづくり(トレンド分析、開発・設計・製作、事業計画など)」へ学びを拡充。情報工学の専門性追求はもちろん、幅広い分野の探求に応用し情報を活用できる人材を育成します。

【ICTを活用したシステムを創る】
自動車や住宅など、私たちの暮らしを支えるあらゆるものを情報通信で繋げるIoT技術。それを人々が活用するのに必要なAI、データサイエンス、セキュリティなど多彩な情報技術を学んでいくことで、多様性を求められるこれからの情報化社会を創造していく力を育成します。

【ICTを活用して情報収集・分析・活用方法を探る】
AIやクラウド、SNSなど最新の情報コミュニケーション技術を経営や社会、心理、スポーツ、デザイン、生命などの分野に活かし学際的な問題解決能力を身につけ、業種の垣根を越えて多彩な職種での活躍を目指します。そして、社会問題の解決に取り組める人材を育成します。

◆情報学部 プロモーションムービーをCHECK!
https://www.youtube.com/watch?v=jIKJmrMgHAc

2019.03.01

静岡理工科大学だからこそ、道が拓けた。~3名の学生成長物語~ ホームページで公開中!

大学受験がゴールではなく、大切なのは入学後に自分が何を頑張るか。
「静岡理工科大学だから」成長することができたと話す、3名の学生物語を紹介します。

ぜひ、ご覧ください。

http://www.sist.ac.jp/navi/article/voice/75/

2019.03.01

「もっと知りたい」が詰まった未来志向WEBマガジン、in-SIST

本学が発信するin-SIST(インシスト)は、“好奇心を満たす”WEBマガジン。
大学の「研究」と私たちの「暮らし」が繋がる「未来」を覗いてみよう。

http://www.sist.ac.jp/navi/insist/

2019.03.01

企業顔負けのものづくり!若きエンジニアとして成長する学生プロジェクト!

自動車を作る「SIST Formula Project」、ロボットを作る「M.C.F. Machine Creator’s Factory」、そして大空へ挑戦する「Sky Traveler」。

静岡理工科大学では、サークル活動の一環として様々な学生プロジェクトが活発に行われています。
今後の活動に、ぜひご注目ください!

◆「SIST Formula Project」の活動はココからCHECK!
http://www.sist.ac.jp/club/f-sae/index.html

◆「M.C.F. Machine Creator’s Factory」の活動はココからCHECK!
http://www.sist.ac.jp/club/mcf/

◆「Sky Traveler」の活動はココからCHECK!
http://sistsky.web.fc2.com/

募集内容・学費

静岡理工科大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

理工学部

機械工学科(2019年04月実績)

概要 自動車、航空機、ロボット、生産等の工学分野を追求し、ものづくり活動に欠かせない技術を身につけます。機械工学の基礎である4力学(材料、流体、熱、機械)や加工・材料について理解し設計・解析・製作・評価の実践的プロセスが身につくカリキュラムを編成。自律的に知識・技術を学ぶ向上心を持ち自らの考えを表現できる技術者を育成します。
定員  75名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,540,000円
※別途代理徴収金など
(2019年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<教職課程履修&修得により取得可能>
・高等学校教諭免許状(工業) など

<受験資格を取得>
・技術士・技術士補 
・機械設計技術者 など

<取得目標資格>
・CAD利用技術者試験 
・消防設備士 など

電気電子工学科(2019年04月実績)

概要 ロボットや携帯端末、電気自動車などに欠かせない通信や制御する技術。電気を安全確実に創り出し運ぶ技術。情報通信システムに必要なハード・ソフト両面の技術。太陽電池などの光応用技術。これらの修得した電気電子工学の知識と技術を駆使し、論理的な試行判断を行うことで、地域・社会の発展に貢献できる人材を育成していきます。
定員 65名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,540,000円
※別途代理徴収金など
(2019年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<教職課程履修&修得により取得可能>
・高等学校教諭免許状(工業) など

<受験資格を取得>
・電気主任技術者 
・電気工事士  
・危険物取扱者 など

物質生命科学科(2019年04月実績)

概要 理学分野の学科。高校で学ぶ物理、化学、生物等を基礎に生命科学、食品科学、材料科学、環境科学、エネルギー科学など、専門的な知識と技術を実践的に修得。科学・技術と自然・環境の調和を理解することで現在の課題を発見し、環境・生活・生命・安全に関連する問題解決に貢献できる人材を養成します。
定員 60名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,540,000円
※別途代理徴収金など
(2019年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<教職課程履修&修得により取得可能>
・高等学校教諭免許状(理科) など

<取得目標資格>
・毒物劇物取扱責任者 
・危険物取扱者 
・公害防止管理者 
・環境計量士 など

建築学科(2019年04月実績)

概要 「建築学」の基本である計画・意匠、構造、環境、材料の各分野と関連した幅広い領域との繋がりをバランスよく学べるカリキュラム。広い視野と専門性育成を目的に展開される授業。より良い暮らしを実現するための課題や防災・耐震といった静岡県ならではの課題解決を目指す研究。これらの学びをもとに建築・都市・地域のスケールを横断した思考力と課題解決力を備えた技術者を育成します。
定員 50名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,540,000円
※別途代理徴収金など
(2019年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<受験資格を取得>
・一級建築士
・二級建築士
・木造建築士
・施工管理技士 など

<取得目標資格>
・インテリアプランナー
・インテリアコーディネーター など

情報学部

コンピュータシステム学科(2019年04月実績)

概要 自動車や住宅など、私たちの暮らしを支えるあらゆるものが情報コミュニケーション技術(ICT)で繋がり人々が活用する。このような社会の実現に必要な、情報数理やコンピュータに対する深い理解、プログラムやネットワーク、システム開発に係わる専門の知識・技術を身につけます。そして、「クラウド」「人工知能」「データサイエンス」など、これからのIT社会を築く技術を探求していきます。
定員 120名(学部で一括募集し、2年生進級時に本人の希望を基に学科配属を行う)
年限 4年
学費 初年度納入金
1,540,000円
※別途代理徴収金など
(2019年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<教職課程履修&修得により取得可能>
・高等学校教諭免許状(情報) 
・高等学校教諭免許状(数学) など

<取得目標資格>
・基本情報技術者試験 
・情報セキュリティスペシャリスト試験 
・マルチメディア検定  
・TOEIC(R) 
・画像処理エンジニア検定 
・ITパスポート試験 など

情報デザイン学科(2019年04月実績)

概要 情報科学と情報コミュニケーション技術(ICT)の基本を理解し、「デジタルアート・メディアデザイン」、「心理・脳・生命情報」、「経営・社会システム」の3分野から1つ以上の深い知識を身につけます。これらをもとにICTの応用を論理的思考で適切に判断する力、多様な情報を収集・分析・加工・表現・伝達する力を培い、自らの考えを的確に示すことができる人材を養成します。
定員 120名(学部で一括募集し、2年生進級時に本人の希望を基に学科配属を行う)
年限 4年
学費 初年度納入金
1,540,000円
※別途代理徴収金など
(2019年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<取得目標資格>
・基本情報技術者試験 
・情報セキュリティスペシャリスト試験 
・マルチメディア検定 
・画像処理エンジニア検定 
・TOEIC(R) 
・ITパスポート試験 など

主な就職先・ 本学の就職支援の最大の特徴

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016~2018年3月卒業生実績

  • スズキ
  • 富士機工
  • 文化シヤッター
  • 矢崎総業
  • ケーヒン
  • NTN
  • タイコエレクトロニクスジャパン合同会社
  • 牧野フライス製作所
  • ヤマハ発動機
  • 小野測器
  • シンフォニアテクノロジー
  • ローム浜松
  • トーエネック
  • 東芝テック
  • エンケイグループ
  • 東芝情報システム
  • 日本マイクロニクス
  • わらべや日洋
  • イノチオグループ
  • 東芝ライフスタイル
  • 日本瓦斯
  • エスエスケイフーズ
  • フジミインコーポレーテッド
  • 日本電産
  • NSD
  • TOKAIコミュニケーションズ
  • オー・エル・エム・デジタル
  • NECプラットフォームズ
  • システムリサーチ
  • ハマキョウレックス
  • サイバーコム
  • 日本郵便
  • コナミデジタルエンタテインメント
  • ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ
  • 静岡新聞社・静岡放送
  • アイエイアイ
  • 浜名湖電装
  • 村上開明堂
  • エンシュウ
  • 日本プラスト
  • FDK
  • 日星電気
  • 日立ビルシステム
  • 六興電気
  • NTTファシリティーズ東海
  • クオリテックファーマ
  • フェイスラボ
  • ヤマハモーターソリューション
  • エフ・シー・シー
  • 日本食品検査
  • …など

本学の就職支援の最大の特徴

本学の最大の特徴は学生個々の把握力。キャリア支援課や卒業研究担当教員を中心に、学生全員との個別面談や研究室単位での面談を実施しています。これらを通して、学生個々が希望する業界や企業、職種、勤務地等を細かく把握し、学生全員に対するマンツーマンの指導を実現しています。低学年次では職業人としての要素を学び、2、3年次から県内最大規模で実施するインターンシップをはじめ、ガイダンスや企業見学、模擬面接などを実施し、就職活動に対応する力を養っています。

《就職ガイダンス》
3年次から年10回以上実施。公務員志望者や大学院志望者に対するガイダンスも行っています。

《学内合同企業セミナー》
2日間、約160社の企業をお招きする県内最大級の企業説明会を実施しています。
年間150社以上参加する個別の企業説明会も毎週実施しています。

各種制度

本学の特色・制度

最先端の研究に教員と共に挑戦!「少人数制」の研究室

4年生で取り組む卒業研究は所属学科の研究室の中から一つを選択します。
各研究室に配属されるのは10名前後。
この少人数による研究体制は、教員からの直接指導を受ける機会が多くなること、研究設備・施設を学生が自由に使える環境を可能にする等のメリットがあります。そして、人間力を育む本学の「研究力」を支えると同時に、より確実に実社会で活躍できる力を伸ばしていくことができます。

◆ホームページ特別企画「研究室の挑戦」&「SPECIAL MOVIE」をCHECK!

「研究室の挑戦」
http://www.sist.ac.jp/navi/article/challenge/

「SPECIAL MOVIE」
http://www.sist.ac.jp/navi/article/movie/

国際交流・留学制度

本学で取り組むグローバル人材教育は国際経験を身につけたこれからの技術者育成を目的にしています。語学学習の枠を超え、英語をツールに専門分野の学習や相互文化交流を経験できる海外留学プログラムを用意しています。
外国の大学や言語教育期間で行われる外国語研修に参加して、現地生活を通して語学や社会生活を学ぶ「海外語学セミナー」、台湾の提携大学の学生と一緒にPBL(課題解決型学習)や英語研究フォーラム、ものづくり活動を行う「台湾留学プログラム」など、中国、台湾、韓国、ブラジルなどの大学と協定し学生交流や共同プログラムを行っています。

【SISTランゲージサロン】
語学力を身につけるための施設です。ネイティブ講師との対話が出来るだけでなく、TOEIC(R)などの検定試験対策や個人指導を受けることもできます。また、コンピュータを使った語学教育の個人ブースがあり、英語、韓国語、中国語の自主学習を進めることもできます。

【鈴与海外留学奨学金制度】
グローバルな人材育成の一環として、異文化を理解し、国際社会で活躍できる学生の育成を目的として航空運賃(※上限200,000円)が支給されます。

教職支援

本学では教職課程を設置しています。高等学校1種免許状(工業、理科、数学、情報)を取得し、教壇に立つ卒業生を輩出しています。履修学生のサポートのため、専任教員が高校での教育体験を生かして個別指導。教育現場に必要なあらゆる力を身につけることができます。

教育開発センター

工学分野や情報分野の基礎力として欠かすことのできない数学や物理、プログラミング言語、英語についていつでも担当教員から指導やアドバイスを受けられます。

学費負担を大幅軽減!「給費型奨学生制度」(返還義務なし)

入試成績が特に優秀な受験生に対して、勉学奨励を目的に授業料や入学金免除の特典が与えられる本学独自の制度です。

【授業料サポート100】
一般前期(A)入試、一般前期(A)センタープラス入試、前期センター試験利用(S)・(A)入試の合格上位者に対し、授業料100万円を給費。
年間授業料100万円給費⇒4年間最大400万円給費!
(初年度費用:授業料240,000円+入学金300,000円)

【授業料サポート50】
特待生推薦入試の成績優秀者、前期センター試験利用(S)入試において合計得点率が60%以上の者、前期センター試験利用(A)入試において合計得点率が65%以上の者に対し、授業料50万円を給費。
年間授業料50万円給費⇒4年間最大200万円給費!
(初年度費用:授業料740,000円+入学金300,000円)

【入学金サポート30】
特待生推薦入試の成績優秀者に入学金30万円を給費。

【入学応援給費】
前期センター試験利用(S)・(A)入試において合計得点率が55%以上の者に対し、入学応援金10万円を給費。

※詳細は本学HPを参照

学びの分野/学校の特徴・特色

静岡理工科大学で学べる学問

  • 社会学・マスコミ・観光
  • 人間・心理
  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物
  • 体育・健康・スポーツ
  • 生活・服飾・美容
  • 栄養・食物
  • 教育・保育
  • 芸術・表現・音楽

静岡理工科大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 環境・自然・バイオ
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育

静岡理工科大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 最寄駅からスクールバス
  • 学生用駐車場
静岡理工科大学の学部・学科情報はこちら

静岡理工科大学の所在地

所在地

〒437-8555
静岡県袋井市豊沢2200-2

交通機関・最寄り駅

JR東海道本線「愛野」駅から無料スクールバスで約5分、徒歩約25分

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0538-45-0115

静岡理工科大学のお問い合わせ先

入試広報推進課

電話 0538-45-0115
FAX: 0538-45-0110
Mail: nyushi@sist.ac.jp

  • 学校No.1602
  • 更新日: 2019.03.01

静岡理工科大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

静岡理工科大学