静岡理工科大学の情報満載 | 資料・願書請求ならマイナビ進学

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

2017年4月、建築学科誕生+情報学部再編!新しく進化した大学で「社会で活きる」創造力を持つ人材に。

地域社会に貢献する優秀な技術者の育成を理念に掲げ、産学官民連携を重視した教育を展開。企業や行政との共同研究開発など多様な研究や事業への取り組みを通して、地域社会に貢献できる技術者を養成している本学は、2017年4月、新学部学科体制でスタートします。
 
◆静岡県の大学で初となる理工学部建築学科が開設
建築分野の人材ニーズが高いにも関わらず、「建築」を総合的に学べる大学がなかった静岡県で初めての「建築学科」が誕生します※。生活者の機能と文化と融合する建築学を教育研究し、地域に相応しい建築物の計画・デザインを考え、設計・施工できる建築技術者を育成します。
※静岡県HP参照

◆総合情報学部は情報学部として生まれ変わります
多様性のある情報化社会では、情報を創造、収集、分析、活用する手法を多角的に応用することが求められています。本学では、必要となるプログラムづくりからICTを活用した「コトづくり(トレンド分析、設計・開発・製作、事業計画など)」へ学びを拡充。情報工学の専門性追求はもちろん、経営学や社会学、生命科学、デザイン学などの探求に応用し、情報を活用できる人材を育成します。

静岡理工科大学 PRイメージ1
静岡理工科大学 PRイメージ2
静岡理工科大学 PRイメージ3

トピックス

2017.03.01

〈PICK UP!〉2017年4月、理工学部に建築学科を開設!

【静岡県初の建築学科が誕生!空間と居住性、防災減災を融合した建築と暮らしを創造】
静岡県を教材に伝統建築、省エネ住宅、防災減災等をテーマに世界に通用する建築学を学びます。建築に係わる計画・設計・デザインから構造・材料、環境・設備、生産・施工までバランスよく修得し、より良い暮らしを実現するための課題に取り組んでいきます。

【「活きた教材」として活用できる、建築学科棟2017年2月完成予定】
新しい学び舎「建築学科棟」は、製図室、CAD室、模型制作室、講評室、アクティブラーニング室、研究室、実験棟などを完備。そして、校舎そのものが活きた教材となるよう、建築学科で学ぶ意匠やデザイン、空間と居住性など様々な領域を網羅し、各分野の技術が統合して出来上がる建築を体現しています。

【実験・演習中心の少人数制教育】
建築学科の学びの基本は、実験・演習中心の少人数制教育です。教員一人当たりの学生数は5~6人、教授陣が設計課題を丁寧に指導し学生の取り組みをサポートします。

2017.03.01

〈PICK UP!〉2017年4月、情報学部リニューアル!

【ICTを活用したシステムを創る】
IoT(Internet of Things)の進展する今日、自動車や家電製品はネットに繋がり、多様な価値を生み出そうとしています。
製品に組み込まれるシステムは様々な情報システムと結ばれ、集まった情報が「情報数理」の理論で価値ある情報へと再生産される、そんな多様性のある情報化社会で活躍していく力の習得を目指します。

【ICTを活用して情報収集・分析・活用方法を探る】
ICTを活用して情報を収集、分析、活用する手法を、様々な学問分野に多角的に応用することで各学問分野が抱える複雑な問題を探究します。
生命やコンピュータ自体に関わる理系的な学問領域は勿論、経営学や社会学、マスコミ学、デザイン学などの文系的な学問分野にも情報処理と活用の手法を取り入れます。

◆情報学部 プロモーションムービーをCHECK!
https://www.youtube.com/watch?v=jIKJmrMgHAc

2017.03.01

8人の学生成長物語 ホームページで公開中!

学生の数だけ、未来がある。
本学のホームページ限定で、学生の成長ストーリーを公開中。

研究を突き詰めた先に現在の内定先があったという先輩もいれば、
母校の担任の先生に憧れて、教員になる夢を叶えた先輩も…。

一人ひとりの物語を、ぜひ覗いてみてください。

◆ここからCHECK!
http://www.sist.ac.jp/navi/article/voice/36/#interview01

2017.03.01

全日本学生フォーミュラ大会、NHK学生ロボコン、鳥人間コンテストへ出場!!

自動車を作る「SIST Formula Project」、ロボットを作る「M.C.F. Machine Creator’s Factory」、そして飛行機を作る「Sky Traveler」。

静岡理工科大学では、サークル活動の一環として様々な学生プロジェクトが活発に行われています。
2016年、各部が目標としている大会への出場しました。
今後の活動に、ぜひご注目ください!

◆「SIST Formula Project」の活動はココからCHECK!
http://www.sist.ac.jp/club/f-sae/index.html

◆「M.C.F. Machine Creator’s Factory」の活動はココからCHECK!
http://www.sist.ac.jp/club/mcf/

◆「Sky Traveler」の活動はココからCHECK!
http://sistsky.web.fc2.com/

2017.03.01

各人が主体的に取り組む雰囲気を重視したクラブ・サークルが充実

サッカー、野球、弓道などの体育会系クラブや軽音楽、吹奏楽などの文化系クラブ、自動車やロボット、航空関係のコンテスト出場を目指すなどモノづくり系クラブなど課外活動も充実しています。どのクラブも部員一人ひとりが主体的に活動に取り組める環境と雰囲気作りを重視しています。

募集内容・学費

静岡理工科大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

理工学部

建築学科(2017年04月実績)

概要 デザイン、環境、構造をバランスよく学ぶことで「建築学」の基本を身につけ、専門的な知識・技術へと発展させます。静岡県を教材に、建築・都市・地域のスケールを横断し創造的な思考と判断力を身に付け、世界的な視野で応えられる技術者を養成します。
定員 50名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,540,000円
※別途代理徴収金など
(2017年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<受験資格を取得>
二級建築士
木造建築士
施工管理技士 など

<取得目標資格>
インテリアプランナー
インテリアコーディネーター など

機械工学科(2017年04月実績)

概要 機械力学、材料力学、熱力学、流体力学など機械工学の基礎とその応用を体験的に学ぶ科目を通して理論への理解を深めます。これらを元に自動車やロボット、航空・宇宙に必要な最新テクノロジーの領域を探求することで創造性を発揮できる力を養っていきます。
定員  75名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,540,000円
※別途代理徴収金など
(2017年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<教職課程履修&修得により取得可能>
高等学校教諭免許状(工業) など

<受験資格を取得>
技術士・技術士補 
機械設計技術者 など

<取得目標資格>
CAD利用技術者試験 
消防設備士 など

電気電子工学科(2017年04月実績)

概要 ロボットや携帯端末、電気自動車などに欠かせない多様な技術。電気を安全確実に創り出し運ぶ技術。これらをソフトとハード両面から学べます。「結果」ではなく「過程」を重視する教育で、技術者に不可欠な「自ら考え、行動する」力を育みます。
定員 65名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,540,000円
※別途代理徴収金など
(2017年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<教職課程履修&修得により取得可能>
高等学校教諭免許状(工業) など

<受験資格を取得>
電気主任技術者 
電気工事士 
電気通信主任技術者 
危険物取扱者 など

物質生命科学科(2017年04月実績)

概要 理学分野の学科。高校で学ぶ物理、化学、生物等を基礎に機能性材料、生体材料、遺伝子、食品などの専門的な知識と技術を実践的に修得。環境、エネルギー、バイオや食品化学等に精通し関連する問題の解決に貢献できる人材を養成します。
定員 60名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,540,000円
※別途代理徴収金など
(2017年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<教職課程履修&修得により取得可能>
高等学校教諭免許状(理科) など

<取得目標資格>
毒物劇物取扱責任者 
危険物取扱者 
公害防止管理者 
環境計量士 など

情報学部

コンピュータシステム学科(2017年04月実績)

概要 情報数理やコンピュータの専門知識を身につけ、AIやビックデータ解析、ロボット、組込みソフトウェアなどITがもたらすこれからの社会を支える新たな技術の探求に取り組んでいきます。
定員 50名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,540,000円
※別途代理徴収金など
(2017年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<教職課程履修&修得により取得可能>
高等学校教諭免許状(情報) 
高等学校教諭免許状(数学) など

<取得目標資格>
基本情報技術者試験 
情報セキュリティスペシャリスト試験 
マルチメディア検定 
CAD利用技術者試験 
TOEIC(R) 
画像処理エンジニア検定 
ITパスポート試験 など

情報デザイン学科(2017年04月実績)

概要 メディア、デザイン、認知・脳科学、生命科学、経営学、社会学など様々な分野を多角的に学ぶ過程に情報活用力を活かすことで、複雑に絡み合った社会問題の解決を図れる人材を育成します。
定員 70名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,540,000円
※別途代理徴収金など
(2017年04月実績)
備考

【目指せる資格】

<取得目標資格>
基本情報技術者試験 
情報セキュリティスペシャリスト試験 
マルチメディア検定 
CAD利用技術者試験 
画像処理エンジニア検定 
TOEIC(R) 
ITパスポート試験 など

主な就職先・ 本学の就職支援の最大の特徴

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2014~2016年3月卒業生実績

  • トヨタ自動車
  • スズキ
  • NTN
  • 浜松ホトニクス
  • 矢崎総業
  • 文化シヤッター
  • THK
  • 富士機工
  • ニチアス
  • NTTファシリティーズ東海
  • NTTデータ先端技術
  • NTTフィールドテクノ
  • タイコエレクトロニクスジャパン
  • シンフォニアテクノロジー
  • 小野測器
  • ローム浜松
  • わらべや日洋
  • 日本マイクロニクス
  • クオリテックファーマ
  • やまひろ
  • カネ美食品
  • デンソーテクノ
  • NECソフト
  • NECプラットフォームズ
  • サイバーコム
  • TOKAIコミュニケーションズ
  • NSD
  • 日本郵政
  • 日本通運
  • 遠州鉄道
  • リコージャパン
  • 小学館ミュージック&デジタルエンタテイメント
  • 福寿製薬
  • フェイスラボ
  • …など

本学の就職支援の最大の特徴

本学の最大の特徴は学生個々の把握力。キャリア支援課を中心に3年次に学生全員の個別面談の実施、4年次には卒業研究担当教員との隔月面談、研究室単位での学生との面談を実施しています。これらを通して、学生個々が希望する業界や企業、職種、勤務地等を細かく把握し、学生全員に対するマンツーマンの指導を実現しています。更に低学年次では職業人としての要素を学び、2、3年次から県内最大規模で実施するインターンシップをはじめ、ガイダンスや企業見学、模擬面接などを実施し、就職活動に対応する力を養っています。

《就職ガイダンス》
3年次から年10回以上実施。また、公務員志望者や大学院志望者に対するガイダンスも行っています。

《学内合同企業セミナー》
2日間、約160社の企業をお招きする県内最大級の企業説明会を実施しています。
また、年間150社以上参加する個別の企業説明会を毎週実施しています。

各種制度

本学の特色・制度

最先端の研究に教員と共に挑戦!「少人数制」の研究室

4年生で行う卒業研究は所属学科の研究室の中から一つを選択します。
各研究室に配属されるのは5名前後。
少人数による研究体制は直接教員からの指導を受ける機会が多くなるため、より確実に実社会で活躍できる力を伸ばしていくことができます。
また企業との共同研究にも関わる機会も多く、研究を通して企業のリアルな姿も学んでいくことができます。

◆ホームページ特別企画「研究室の挑戦」&「SPECIAL MOVIE」をCHECK!

「研究室の挑戦」
http://www.sist.ac.jp/navi/article/challenge/

「SPECIAL MOVIE」
http://www.sist.ac.jp/navi/article/movie/

各種研究・実験施設

次世代の乗り物やエネルギーの研究拠点「やらまいか創造工学センター」、電子顕微鏡から熱分析装置まで、分析機器を集中管理し、研究・教育活動を支援する「先端機器分析センター」など工学研究の最新の施設・設備が整っています。理工学分野、情報学分野の各研究プロジェクトを推進すると同時に、学生の自由なものづくりを支援しています。

教職支援

本学では教職課程を設置しています。高等学校1種免許状(工業、理科、数学、情報)の取得を目指せます。履修学生のサポートのため、専任教員が高校での教育体験を生かして個別指導。教育現場に必要なあらゆる力を身につけることができます。

教育開発センター

工学分野や情報分野の基礎力として欠かすことのできない数学や物理、プログラミング言語、英語についていつでも担当教員から指導やアドバイスを受けられます。

学費負担を大幅に軽減する「給費型奨学生制度」

入学成績が特に優秀な受験生に対して、勉学奨励を目的に授業料や入学金免除の特典が与えられる本学独自の制度です。給費型奨学金は返還義務がありません。

【授業料サポート100】
一般前期(A)入試、前期センター試験利用(S)・(A)入試の合格上位者に対し、授業料100万円を給費。
年間授業料100万円給費⇒4年間最大400万円給費!
(初年度費用:授業料240,000円+入学金300,000円)

【授業料サポート50】
特待生推薦入試の成績優秀者、前期センター試験利用(S)入試において合計得点率が60%以上の学生、前期センター試験利用(A)入試において合計得点率が65%以上の学生に対し、授業料50万円を給費。
年間授業料50万円給費⇒4年間最大200万円給費!
(初年度費用:授業料740,000円+入学金300,000円)

【入学金サポート30】
特待生推薦入試の成績優秀者に入学金30万円を給費。

【入学応援給費】
前期センター試験利用(S)・(A)入試において合計得点率が55%以上の学生に対し、入学応援金10万円を給費。

※詳細は本学HPを参照

学びの分野/学校の特徴・特色

静岡理工科大学で学べる学問

  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物
  • 総合・教養

静岡理工科大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 環境・自然・バイオ

静岡理工科大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 最寄駅からスクールバス
  • 学生用駐車場

静岡理工科大学の所在地

所在地

〒437-8555
静岡県袋井市豊沢2200-2

交通機関・最寄り駅

JR東海道本線「愛野」駅からスクールバスで約5分、徒歩約20分

静岡理工科大学のお問い合わせ先

入試広報推進課

電話 0538-45-0115
FAX: 0538-45-0110
Mail: nyushi@sist.ac.jp

  • 学校No.1602
  • 更新日: 2017.03.08

静岡理工科大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

静岡理工科大学