京都府の農学・水産学・生物が学べる、ビジネス・経営を目指せる大学・短大のオープンキャンパス一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

オープンキャンパスをさがす

キーワード
参加申込
開催日
期間を指定する
エリア・開催地
指定する

京都府

学校の種類
指定する

大学・短大

イベントの種類
指定する

学べる学問
指定する

農学・水産学・生物

目指せる職種
指定する

ビジネス・経営

イベントの特徴
指定する

この条件で検索する

京都府の農学・水産学・生物が学べる、ビジネス・経営を目指せる大学・短大のオープンキャンパス検索結果

3

1-3件を表示

私立大学京都府

京都先端科学大学

『京都発世界人財』ビジネス・人文・バイオ・健康医療・工学の「実学」を学ぶ!

見てみて実感!先端大!

WEBオープンキャンパス京都府

WEB OPEN CAMPUS

見てみて実感!先端大!

【内容】 理事長・学長メッセージ 大学紹介動画 各学部紹介動画 随時、キャンパス紹介動画など新しいコンテンツを掲載予定! https://www.kuas.ac.jp/opencampus/2021/webopencampus

開催日 随時開催
私立大学京都府

京都産業大学

文系・理系10学部が集う一拠点総合大学

動画で発見、京都産業大学。

WEBオープンキャンパス京都府

WEBオープンキャンパス2021

動画で発見、京都産業大学。

【内容】 〇学部・学科紹介 大学ならではの研究や学問の魅力を紹介する学部ごとのプログラムを、オンラインで発信します。 気になる学部のプログラムを視聴し、学びのイメージを大きく広げてください。 ○大学紹介 ○進路就職説明 ○キャンパスツアー ○女子寮紹介 ○奨学金制度紹介

開催日 随時開催
私立大学京都府 , 滋賀県 , 大阪府

立命館大学

世界の人と協働し、未来を革新する。すべての学びは、その一歩のためにある。

いつでも、どこからでも立命館大学の学びや学生生活に触れられます!

WEBオープンキャンパス京都府

WEB OPEN CAMPUS 2021

いつでも、どこからでも立命館大学の学びや学生生活に触れられます!

大学や学部、入試についての説明のほか、模擬講義やキャンパスツアーなど、 大学での学びを体験できるコンテンツを公開します! 【開催期間】6月中旬~8月末 ※詳細は、「立命館大学入試情報サイト」にてご確認ください。 http://ritsnet.ritsumei.jp

開催日 随時開催

農学・水産学・生物・ビジネス・経営に関するニュース

  • 【シゴトを知ろう】営業 ~番外編~

    【シゴトを知ろう】営業 ~番外編~

    神奈川県の魚肉練り製品メーカー「鈴廣かまぼこ」で営業を担当している古谷直輝さん。大学で勉強した広告の知識などを生かしながら、そば店などの飲食店向けに自社商品を使ったメニューの導入を提案しています。もともと営業職志望ではなかったという古谷さんですが、その経験の中でさまざまな知見を得ているそうです。そのお話をご紹介します。

  • 【シゴトを知ろう】営業 編

    【シゴトを知ろう】営業 編

    顧客に合った商品・サービスを提案し、さまざまなコミュニケーションを通して販売を進めていく営業職。自社と取引先との窓口となり、企業活動の推進役となる仕事です。今回訪れたのは、神奈川県の魚肉練り製品メーカー「鈴廣かまぼこ」。流通営業部で主任として活躍する古谷直輝さんにお話を伺いました。

  • 【シゴトを知ろう】販売 ~番外編~

    【シゴトを知ろう】販売 ~番外編~

    雑貨店「KONCENT」の赤坂雛愛さんは、「絵を描くことが好き」「雑貨が好き」というシンプルな気持ちから、販売の世界へ飛び込みました。好きなものを仕事にすることは楽しそうに思えますが、実際はどうなのでしょうか。販売の仕事に就いて発見したことや、意外な自分の成長など本音を伺ってみました。

  • 【シゴトを知ろう】販売 編

    【シゴトを知ろう】販売 編

    大切な人への贈り物選びや自分へのご褒美など、会話をしながらお客様のニーズに応える商品を提案する販売スタッフ。素敵な商品と温かい心に囲まれた魅力ある仕事です。商品に込められた作り手の想いを代弁したり、お客様が手に取りやすいようディスプレイを工夫したり、接客の裏には見えない努力がいっぱい。今回は雑貨店「KONCENT」のスタッフ・赤坂雛愛さんにお話を伺いました。

  • 【シゴトを知ろう】小売店店主 ~番外編~

    【シゴトを知ろう】小売店店主 ~番外編~

    「Nakamura Tea Life Store」代表の西形圭吾さんは、地元・静岡の日本茶の良さを伝えるため、東京で専門店を経営しています。お店同士の横のつながりや、経営にあたって大切にしていることなど、小売店店主の仕事の裏側を「番外編」として紹介していきます。