同志社大学の入試出願・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

時代の変化を畏れず自ら考え「一国の良心」となる人物へ

同志社大学では、「良心を手腕に運用する人物の養成」という建学の精神に基づいて「良心教育」を展開しています。高い倫理観と幅広い教養、批判的・科学的思考力を備えて、自ら問題を発見・解決できる自立した人物を養成します。本学には2つの校地があります。今出川校地は、140年以上にわたる歴史そのもの。キャンパス内の5つの重要文化財、また古都の芸術・文化の伝統が、本学の学問に独自の存在感を与えています。一方、京田辺校地は緑豊かな自然に包まれ、広大な敷地に最新の施設・設備を擁します。大阪・京都からも交通アクセスがよく、都心部から電車で約1時間の場所に位置しています。そのような恵まれた環境に、大学院生・外国人留学生を含めた約30,000人の学生が学んでいます。

同志社大学 PRイメージ1
同志社大学 PRイメージ2
同志社大学 PRイメージ3

トピックス

2019.03.01

テュービンゲンEUキャンパス

2017年4月にドイツのテュービンゲン大学内に、初の海外キャンパスとなる「同志社大学テュービンゲンEUキャンパス」を開設しました。ドイツで最も古い大学の一つであるテュービンゲン大学とは、1990年に学術交流協定を締結し、1993年に「テュービンゲン大学同志社日本研究センター」を同志社大学内に設立して以降、さまざまな分野で関係を深めています。
EUキャンパスでは今後、両大学の学術交流をさらに深化させるとともに、同志社大学の教育理念の一つである「国際主義」の実質化を目指し、同志社大学の学生・教員とドイツやヨーロッパ諸国とを繋ぐ拠点となるよう、多様な教育・研究プログラムを展開していきます。その一例として、2018年度にはEUキャンパスを舞台に、テュービンゲン大学学生との交流や近隣地域の現地視察を行う「海外フィールドワーク科目」を実施しています。

2019.03.01

ラーニング・コモンズ

学生の自発的な学びを多角的に支援する場所であり、さまざまなヒト・モノ・コト・情報と出会い、仲間とともに議論し展開していくことで、新しい学びの可能性を生み出します。仲間との気軽なコミュニケーションやディスカッションを通じて得た着想を言語化し、熟考し、発表する。ラーニング・コモンズは、この一連の学びに必要な環境を提供し、情報を知識に、知識を創造に変えていく新しい「知」のプラットフォームです。
国内最大級の広さを誇る、今出川キャンパスの良心館ラーニング・コモンズは「学びの交流と相互啓発」をコンセプトとした2Fのクリエイティブ・コモンズ、「アカデミックスキルの育成空間」をコンセプトとした3Fのリサーチ・コモンズから構成されています。
2018年4月には、京田辺キャンパスにラーネッド記念図書館ラーニング・コモンズがオープン。「知識はここで目をさます」をコンセプトに「プレゼンテーションコート」「ワークショップルーム」「グループワークエリア」「インフォダイナー」「アカデミックサポートエリア」の5つのエリアから構成されています。図書館内にあり「学びのインプット/アウトプット」ができる空間です。

2019.03.01

クリエイティブ・ジャパン科目

伝統、文化、芸術への高い関心を育み、「感性価値」の創造と受容の基礎となる力を身に付けて、創造力を涵養することを目的とした全学共通教養教育科目。日本文化の魅力やグローバルに受容される価値について考察し、「京都から日本全国、そして世界へ」と広がる視野を養います。ゲスト・スピーカーの招聘や学外施設の見学を行うクラスもあります。
「クリエイティブ・ジャパン科目」は、次の科目で構成されています。
<京都科目>
 京都の伝統、文化の真髄と普遍的価値、美意識や感性、精神性を理解するとともに、それらが受容性に優れ、広く異質なものを受け入れてきたことを理解することを目的とした科目。
<クールジャパン科目>
 「クールジャパン」として世界が注目するコンテンツ、映画、ファッション、音楽、ゲームソフトなどを内容とする科目。
<クリエイティブ・ジャパン科目>
 日本社会のクリエイティビティを高めるための方法を思考し、文化による日本のブランディングについて考察する科目。
<外国人留学生とともに学ぶ科目>
 日本の伝統、文化を内容とし、外国人留学生とともに学ぶ、外国語で授業を行う科目。

2019.03.01

プロジェクト科目

プロジェクト科目は、学生が自分たちで授業運営を構想・計画し、ディスカッションを重ね、行動していく実践型の学びです。まちづくりや商品開発に関わるものなど、さまざまなプロジェクトがあり、経験豊富な社会人や教員から知恵や技術を学びながら、問題発見・解決能力が身に付きます。また多様な学部・学年の学生がプロジェクトで出会い、活動を通じて信頼を築き、振り返りにより自己評価力・相互評価力を高めるなどチームで互いに学び合うことも大きな特色です。この授業でのスキルや経験、出会いは、かけがえのない財産になります。

2019.03.01

グローバル・リベラルアーツ副専攻

「グローバル・リベラルアーツ副専攻」は、受講を希望する、全ての学部の学生を対象にしています。所属学部・学科の専門科目とは別に、全学共通教養教育科目を定められた要件に沿って履修することで、受講することができます。
本学では、人文科学、社会科学、自然科学にわたる幅広い学問分野の科目と日本の伝統・文化に関する科目を「グローバル・リベラルアーツ副専攻英語開講科目」として開講しています。これらの科目は英語で授業を行い、そのほとんどを20名程度の少人数クラス、日本人学生と留学生がともに学ぶクラスとして編成します。事前学習を徹底し、グループワーク、ディスカッション中心の対話型授業を行うことで、柔軟な思考力と異なる文化や多様な価値観を持つ人々と協働する力を身につけることができます。

募集内容・学費

同志社大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

神学部

神学科

概要 キリスト教、イスラーム、ユダヤ教の3つの一神教を学ぶことができ、宗教を学問的に研究することにより知的洞察力を身につけた教養人の養成を目指しています。必修科目1科目を含む神学の基礎的な知識を修得したのち、将来の目標に応じた自由な学習計画を立てることができます。聖書の言語であるヘブライ語とギリシャ語、イスラームの聖典に使われるアラビア語を第2外国語として選択でき、パイプオルガン演奏やゴスペル音楽の授業もあります。
定員 63名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,207,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

文学部

英文学科

概要 グローバル人材として必須である「英語」を徹底的に鍛えると同時に、培った英語力を生かして「英米文学・文化」と「英語学・英語教育」の2つの専門分野を深く学びます。少人数制クラスやレベル別クラスで「聞く・話す・読む・書く」の4つのスキルを強化し、専門教育での学びを通じてさまざまな角度から英語を分析し、理解することを目指します。幅広いトピックを扱うネイティブ・スピーカーによるクラスや、通訳や翻訳などの技術を身につけるクラスもあります。
定員 315名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,213,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

哲学科

概要 哲学・倫理学・思想の古典を用い、人間や世界の本質を明らかにします。徹底的な古典研究を通じて根本的な問いに向き合うこと、現代の諸問題を考察すること、多文化共生や宗教と人間とのかかわりを考えることなどを通して、物事を考え抜き、提言を行う力を養います。
定員 70名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,212,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

美学芸術学科

概要 「美学」「芸術学」「芸術史(美術史)」の3つの視点から美と芸術を考察し、そのメカニズムを導き出します。「美学」では美や芸術とは何かを哲学的に考え、「芸術学」では芸術の原理を多角的に分析し、「芸術史」では具体的な芸術作品を歴史的な文脈の中でとらえます。京都にある地の利を生かして、能や歌舞伎、文楽などの伝統芸能を鑑賞する授業もあります。
定員 70名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,212,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

文化史学科

概要 政治、経済、社会、芸術、文化など、あらゆる事象が研究対象。その一事象の詳細を分析することで、歴史の全体性や、人間の精神の多様さと豊かさを知ることができます。テーマや史料の選び方から掘り下げ方まで、センスを自由に生かすことができます。日本文化史と西洋・東洋文化史の2コースがあり、専門の演習や購読は少人数教育を実施。2・3年次では専門化を進めながら、史料読解の訓練にも力を入れます。
定員 125名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,212,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

国文学科

概要 日本文学・日本語学に関する知識や研究方法を身につけるとともに、その知識や方法を活用して、日本の文化についての理解を深めていきます。1年次の「日本文学基礎演習」、2年次の「日本文学研究演習」は少人数制のゼミ形式で行なわれており、日本文学・日本語の基礎を修得しながら、作品の表現のおもしろさや研究の楽しさを学んでいきます。3・4年次は、卒業論文執筆を目指し、担当教員やゼミ生とともに、各自のテーマについて学びを進めていきます。
定員 125名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,214,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

社会学部

社会学科

概要 家庭、地域、学校、企業などの集団と人々の行動を観察することにより、人と人、人と社会の関係やその制度・仕組みを科学的に研究します。社会学の基礎理論・方法論に加えて、注目度の高い社会問題を扱う講義や演習も用意。問題発見とその分析を行なうだけではなく、さまざまな観点から広く世の中を分析し、社会の常識を見つめ直すことができる人物を育みます。
定員 90名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,213,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

社会福祉学科

概要 社会的視野に立って人間への理解を深め、社会福祉問題の原因を探り、必要な施策や活動を科学的に考察する力を養うと同時に、実際に生活上の問題に直面している人々に接する実習を通じて、適切な援助をする能力を身につけます。実習科目を重視し、児童・障がい者・高齢者施設などで行なう授業も実施しています。社会福祉士や精神保健福祉士の国家試験受験資格、社会福祉主事任用資格、また高等学校教諭一種免許(福祉)も取得できます。
定員 98名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,213,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

メディア学科

概要 メディアの仕組み、現状と問題、そして社会的役割などを学び、メディアが引き起こす現象への理解を深め、情報を読み解くための感受性や批判力を養います。専門科目のカリキュラムは「メディアとジャーナリズム」「情報と社会」「コミュニケーションと文化」の3つの領域を有機的に結びつけるように構成。メディアの現状や問題を正確に把握し、さまざまな分野で活躍できる能力を養います。
定員 88名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,213,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

産業関係学科

概要 雇用に関するさまざまな事象のメカニズムを解明し、解決策を考えます。快適な職場環境や、豊かな社会制度の実現に向け、具体的な提案ができる能力を養います。日本や世界各国の労働事情や雇用関係に関する授業を通じて、人が幸せに働ける仕組みをつくるプロデューサーを育成します。少人数制の実習では、問題発見や情報収集・分析、プレゼンテーションに必要な力を身につけることができます。
定員 87名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,213,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

教育文化学科

概要 人間形成をめぐる広範な問題を文化とのかかわりにおいて学び・研究する学科。「教育」を学校教育に限定することなく、人間の成長や発達を促す多様な文化現象としてとらえ、人間形成の可能性と今日的課題を追求します。教育を学ぶツールとして英語を重視し、英語で教育問題を学ぶ・語る科目を含めたカリキュラムを設置。3年次の演習(ゼミ)からは、専門領域別の少人数クラスで自らの研究を深めます。
定員 79名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,213,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

法学部

法律学科

概要 リーガルマインドを養いながら法律の専門知識を身につけ、将来のキャリア設計ができるように「ステップアップ方式」のカリキュラムを用意。「基礎科目群」では、法学の全分野を一通り学び、次のステップの「展開科目群」では、専門的な講義を展開しています。多数の専門科目のなかから、一人ひとりに、もっとも効果的に各自の知的関心やキャリア設計に役立つ科目を選択してもらうためのガイドラインとして「履修モデル」を用意しています。
定員 683名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,212,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

政治学科

概要 2年次秋学期以降に次の3コースから1コースを選択します。国際関係コースでは、安全保障や国際機構、各国の政治や外交について学びながら国際政治の幅広い理解を目指します。現代社会コースでは政党、選挙、行政、地方自治などを学び、現代政治のメカニズムを理解します。歴史・思想コースでは、日本やヨーロッパなどの政治と思想の流れを理解し、時代の変動期にある現代を考察します。
定員 210名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,212,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

経済学部

経済学科

概要 激動する社会で活躍するために必要となる、経済学的な考え方や論理を学びます。現代社会がかかえる諸問題を「理論」「政策」「歴史」の観点から分析し、解決への方法を探ります。「演習」では、各学生の明確な問題意識に基づいて選ばれたテーマについて、複数の教員が演習を担当、ゲスト・スピーカーを招いたり、フィールドワークを組み入れるなど、ユニークで多面的な学びによって、分析能力・応用能力・問題解決能力を鍛えることができます。
定員 893名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,213,500円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

商学部

商学科

コース・専攻名 ・商学総合コース
・フレックス複合コース
概要 商学総合とフレックス複合の2コースを設置しています。《商学総合コース》「経済・歴史」「商業・金融」「貿易・国際」「企業・経営」「簿記・会計」の5つの学系から主学系と副学系を選択して、系統立てて商学を学びます。《フレックス複合コース》主学系を選択し、商学部専門科目をより深く学習する「専門特化型」、または、法学や社会学などの周辺領域や教職、公務員など多様な将来像に柔軟に応える「副専攻型」のいずれかを選択して学びます。
定員 893名
商学総合コース:733名
フレックス複合コース:160名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,214,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

政策学部

政策学科

概要 1年次では、学ぶ目的や進路を考える「オリエンテーション科目」、読解力・分析力などを磨く「基礎能力養成科目」、社会の現象を社会科学的に見る目を養う「基礎科目」のほか、社会での問題解決プロセスで必要となる理論や手法を修得し、より高度な科目に進むための準備となる「導入科目」を中心に学びます。2年次の「展開科目」では、社会の諸問題に対する問題解決活動に積極的にかかわるために必要となる、より専門的な諸理論、手法、そして実践的応用を学びます。それらを土台に、各自のテーマに合わせた演習・論文などの卒業研究プロジェクトにつなげます。
定員 420名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,211,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

文化情報学部

文化情報学科

概要 芸術や文化遺産、言語だけでなく、人間の営みすべてを「文化」と捉え、データを収集し適切な理論で分析し、文化を解明する方法を学びます。人文・社会科学系のテーマについて、データサイエンスという自然科学的手法で事象の理解を試みます。文化クラスター科目では文化の深さと広がりを学び、データサイエンス科目では高度な探求の手法を修得。それらを総合する文理融合型の学問分野を展開しています。
定員 294名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,304,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

理工学部

インテリジェント情報工学科

概要 大規模で複雑な問題に対して、賢い情報処理のメカニズムが求められています。本学科では、多様で体系的なカリキュラムのもとに講義や実習をとおして、情報科学・情報工学分野、特にハードウェアやセンシング・制御技術、人工知能の基礎を学びます。そして、問題を論理的に分析し、コンピュータをより知的にする情報技術を開発・応用できるエンジニアを育成します。
定員 83名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,713,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

情報システムデザイン学科

概要 人々のコミュニケーションから大企業のビジネスまで、高度な情報システムが社会を支えています。本学科では、自然科学系と社会科学系をバランスよく含むカリキュラムのもとに講義や実習をとおして、情報科学・情報工学分野、特にソフトウェアやインターネット、人工知能の応用を学びます。そして、物事の本質を見極めて、人と社会に役立つ情報システムを企画・設計・開発できるエンジニアを育成します。
定員 83名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,713,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

電気工学科

概要 電気エネルギーをパワーとして扱う学問を学びます。電気エネルギーをいかに効率的に発生させ、小さなロスで輸送するかを研究するエネルギーシステム分野、電気機器を効率的に利用する手法を学ぶパワーエレクトロニクス分野、また、これらの技術をバックアップする情報システム分野を研究します。電気に関する基礎知識・技術に加え、最先端技術にも十分対応できる先端的な知識と技術、研究資質の修得を目標とし、学習を通じて問題解決能力や高度な研究開発能力を身につけます。
定員 80名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,713,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

電子工学科

概要 通信や情報処理に“信号”などとして活用される「電気」を扱います。情報の信号化、光、超音波、電磁波など通信媒体、通信の手段となる情報通信機器といった「情報の伝達」をテーマとする「情報通信」と、有機EL、色素増感太陽電池、ICやLSIなど情報通信やさまざまな電気・電子機器に不可欠な電子材料をテーマとする「光・電子デバイス」の2つの分野を学びます。第一線の開発者を招いた特別講義を開講し、開発者として求められる発想力を養います。
定員 86名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,713,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

機械システム工学科

概要 自動車・航空機などの身近にある機械や、工作機械やロボットなどを対象に学びます。ものづくりのかかわる基礎学問を中心に、高い機能を有する先端材料、環境にやさしい素材、構造物の強度設計の基礎となる構造解析技術、インテリジェント化を実現する生産システム、振動と制御抑制技術などの基礎学問を学び活用する能力を修得。機力・制御、理工学の各コースを系統立てて学びます。
定員 96名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,713,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

機械理工学科

概要 自然と文明の間に立ち、対立的な両者の関係を豊かなものに転換する役割を考えます。専門科目では、材料、熱・流体、機力・制御、理工学の4コースがあります。卒業研究は、機械工学全般に加えて燃料電池やコージェネレーション(熱・電気など、複数のエネルギーを取り出して有効利用するシステム)などの研究開発を進めるエネルギー変換研究センターとも連携して行ないます。
定員 70名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,713,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績
2020年4月 エネルギー機械工学科より名称変更

機能分子・生命化学科

概要 機能分子の化学と生命化学をふたつの柱として、基礎化学を修得するだけでなく、実験を重視して思考力と応用力を養います。特に原子や分子、およびそれらの集合体が持つ機能に注目し、これらを自らの手で創り出す化学の素晴らしさを体験できるカリキュラムになっています。工学および理学の専門科目を設置しており、卒業後は工学士もしくは理学士の学位を得ることができます。
定員 83名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,713,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

化学システム創成工学科

概要 数学・物理・情報処理を学ぶ「数理基礎」、無機化学、有機化学などを学ぶ「化学基礎」を中心に基礎学力を身につけます。これらをもとに、物質やエネルギー移動などの「化学システム工学」の基礎を講義と実験で学び、さらにナノ材料をはじめとする新しい高機能材料設計、生物・生体システムへの「化学システム工学」の応用などについて学びます。
定員 83名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,713,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

環境システム学科

概要 地球、生命といった大きな視点から、地球と人間、社会の環境システムを理解し、さまざまな環境問題の本質を追及します。理工学全般の基礎となる数学、物理学、生物学、化学、地球科学、プログラミングなどを幅広く履修した上で、地球システム科学、環境保全・防災科学、新エネルギーシステム、環境システム工学、生命環境保全、地球環境科学、人間環境などの分野の専門科目を学びます。卒業時には選択科目により、「理学」または「工学」の学士号を授与します。
定員 51名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,713,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

数理システム学科

概要 純粋数学から応用数学まで幅広い科目を設置。少人数による演習で丁寧な指導を行なっています。専門科目は、代数学や幾何学、解析学を学ぶ「数理分野」、確立・統計とその金融工学への応用やデータサイエンス、数値シミュレーションを学ぶ「情報統計分野」、「カオス・フラクタル」など応用数学における主要なトピックスを学ぶ「応用数理分野」の3分野で構成しています。
定員 41名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,655,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

生命医科学部

医工学科

概要 よりよい生活を支援するためのメカトロニクスや生体材料の知識を深めるとともに、医用ロボットや再生組織材料の開発を目的とした最先端工学技術を修得します。学びや研究を通じて、医療機器やロボットの製作にとどまらずあらゆる「ものづくり」に携わるとともに、再生組織材料や、生体・環境適合材料などの先端研究の可能性を切りひらき、医工学の発展に貢献できる人物を育成します。
定員 100名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,720,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

医情報学科

概要 情報・電子工学と医学が融合した分野を学びます。ヒトの脳内での情報処理に関するメカニズムの解明、電子工学技術を駆使した生体情報の計測、さまざまな医用機器などの研究・開発に取り組みます。ヒトの持つ優れたメカニズムを先端工業技術に還元できるハイレベルな技術者を養成します。
定員 100名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,720,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

医生命システム学科

概要 ヒトが持つ高度な機能を、医学・生命科学領域のあらゆる角度から探求し、病気の解明や予防法、健康増進、治療に役立つ研究・技術開発を行ないます。人体の基礎的知識を学んだ後、研究現場での活用を想定した「分子創薬科学」「脳神経機構学」「アンチエイジング」「機能性食品医学」など専門性の高い講義を設置しています。1年次から、マウスの解剖やDNAの検出など、多彩な実習を受講できます。
定員 65名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,720,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

スポーツ健康科学部

スポーツ健康科学科

概要 3つの学問領域から多角的な視点で学びます。健康科学領域では、健康・予防医学の学修により、スポーツを通じた健康づくりの意義を、トレーニング科学領域では、競技力向上のためのトレーニング方法と、生涯スポーツにつながる運動習慣の獲得方法を、そしてスポーツ・マネジメント領域では、スポーツを取り巻く社会環境の整備・充実の方策やスポーツビジネスについて学びます。
定員 221名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,330,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

心理学部

心理学科

概要 体系的な学習ができるよう以下のコースを設定しており、卒業までに全てのコースから複数科目履修します。《神経・行動心理学》最新の脳科学や行動科学を学びます。複雑な行動を、基礎からじっくり考える能力を養います。《臨床・社会心理学》臨床・社会という応用分野の教育をよりいっそう強化します。こころの健康や社会的な行動の仕組みを科学的・実証的に学習します。《発達・教育心理学》人を育て、成長させるために、心理学がいかに応用されているかを学びます。
定員 158名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,354,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

グローバル・コミュニケーション学部

グローバル・コミュニケーション学科

コース・専攻名 ・英語コース
・中国語コース
・日本語コース
概要 英語コース、中国語コース、日本語コース(留学生対象)の3コース制で、英語コースと中国語コースの学生は1年間の留学が必修。英語コースはアメリカ、カナダなどの5か国15校、中国語コースは中国と台湾の3校から留学先を選択します。実践的コミュニケーション能力を養成する基礎科目からビジネス、通訳、検定試験対策などの応用科目まで、徹底した演習を行ないます。また、3コースの学生が協力して国際会議や文化交流などのプロジェクトを企画・立案、運営するSeminar Projectで実践力を養います。なお、英語コースでは2017年度以降の入学生を対象に教職課程を設置しています。
定員 158名
英語コース  85名
中国語コース 43名
日本語コース 30名
※日本語コースは留学生のみ
年限 4年
学費 初年度納入金 1,325,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

グローバル地域文化学部

グローバル地域文化学科

コース・専攻名 ・ヨーロッパコース
・アジア・太平洋コース
・アメリカコース
概要 地域の文化・歴史・社会に関する学際的な知識を基礎に、グローバルな視点から現代世界が抱える諸問題について学びます。ヨーロッパ、アジア・太平洋、アメリカの3コース制で、各地域で使用されている言語を駆使しつつ、自らの問題を見定め、解決する方法を修得します。同時に、語学留学やインターンシップといった海外研修への参加を通して、より実践的な言語運用能力とグローバルな諸問題へのいっそうの理解を促し、国際社会の一線で活躍できる能力を身につけることができます。
定員 190名
ヨーロッパコース 74名
アジア・太平洋コース 63名
アメリカコース 53名
年限 4年
学費 初年度納入金 1,209,000円(入学金200,000円含む)
備考

2019年4月実績

主な就職先・ キャリアセンター支援体制

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2018年3月卒業生実績

  • (株)三菱UFJ銀行
  • みずほフィナンシャルグループ
  • (株)三井住友銀行
  • 野村證券(株)
  • (株)京都銀行
  • 損害保険ジャパン日本興亜(株)
  • 東京海上日動火災保険(株)
  • 日本生命保険相互会社
  • キヤノン(株)
  • ダイキン工業(株)
  • トヨタ自動車(株)
  • (株)日立製作所
  • 本田技研工業(株)(Honda)
  • 三菱電機(株)
  • パナソニック(株)
  • 関西電力(株)
  • 日本郵便(株)
  • 全日本空輸(株) 【ANA】
  • 西日本旅客鉄道(株)
  • 三井物産(株)
  • 楽天(株)
  • ヤフー(株)
  • (株)博報堂
  • 国家公務員(一般職)
  • 国税専門官
  • 京都市
  • …など

キャリアセンター支援体制

本学では、キャリアセンターを中心とした多彩で機能的な就職支援体制により毎年極めて好調な就職実績を得ています。内定後の就職満足度アンケートによれば、文系・理系の学生の90%以上が就職活動の結果に「大いに満足」「満足」と回答しています。

各種制度

同志社大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

海外留学

同志社大学では、留学や国際交流を重視し、学生の目標やレベルに合わせ、多彩なプログラムを実施。奨学金などの支援体制も充実しています。
<サマープログラム・スプリングプログラム>
長期休暇を利用して海外で語学研修を行うプログラム。本学での事前授業と留学先での研修によって集中的に外国語運用能力を高めるとともに、研修先の国の文化・社会への理解を深め、国際的な視野を養います。
<セメスタープログラム>
秋学期1セメスターのうち約4カ月間、海外で英語研修を行う留学プログラム。春学期の事前授業で、研修先の国の文化・社会や歴史への理解を深め、秋学期に外国語教育に定評のある海外の教育機関で集中的に英語研修を受け、英語の運用能力を高めます。
<派遣留学>
同志社大学は、34カ国(地域)145大学(2018年8月現在)と学生交換協定を締結しています。これらの協定校に半年間または1年間留学するプログラムで、所属学部にかかわらず出願でき、留学中も同志社大学に在学することになり、4年間で卒業することも可能です(留学先大学の授業料は原則として免除)。留学先では現地の学生と同様に専門科目を履修できます。

早稲田大学との交換留学

1997年度から早稲田大学との間に「国内留学」に関する協定が締結されています。それぞれの学生を1年間または半年間派遣、受け入れ、修得した単位の一部を相互に認定する制度です。同志社と早稲田の創立以来の深い交流がこの制度の背景にあります。我が国の政治・経済・文化の中心である東京、本学と異なる地域・風土で学ぶことにより、視野を広げ、新たな刺激を受け、個性を磨き、学びの幅を広げることを目的としています。

奨学金

大学独自の奨学金をはじめ、各種奨学金制度が充実。返済不要の給付制奨学金が数多くあり、給付総額は年間約3億円にのぼります。同志社大学の奨学金とその他の奨学金を併せて受給することが可能なため、学費と生活費の両方をまかなうことができます。現在、本学学部生の4人に1人が何らかの奨学金を受給しています。
詳しくは、同志社大学ホームページ(https://www.doshisha.ac.jp/scholarships/)をご覧ください。

学生寮

現在、同志社大学は京都市内に学生寮(男子寮3つ・女子寮1つ)を有しており、およそ200名が寮生活を送っています。学生寮は、一般的な学生マンションの家賃に比べて舎費を低額に抑えており、本学の経済的な支援のひとつとして機能しています。また、共同生活を通して、自治自立、助け合いの精神、個人の責任感や協調性などを身につける場となっています。寮に関するご質問は、学生生活課、または各寮に直接お問い合わせ下さい。入寮に関する募集要項や応募手続きなどは、各寮ごとに異なります。詳しくは学生生活課(TEL:075-251-3281)にお問い合わせください。

キャリア支援システム「e-career」

「e-career」とは、求人・採用試験情報、就職活動体験記情報、採用状況アンケート情報、学生一人ひとりの就職希望と求人募集のマッチング情報の提供など、キャリアセンターの独自情報を提供する最新のWebシステムで、就職活動の貴重なツールとなっています。掲載される企業のデータ件数は約20,000社、求人件数は年間約5,900社。自宅や外出先からも24時間アクセスできます。

学びの分野/学校の特徴・特色

同志社大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 法律・政治
  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 人間・心理
  • 福祉・介護
  • 語学・外国語
  • 国際・国際関係
  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物
  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ
  • 体育・健康・スポーツ
  • 教育・保育
  • 芸術・表現・音楽
  • 総合・教養

同志社大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 福祉・介護
  • 教育
  • 健康・スポーツ
  • ビジネス・経営
  • 語学・国際
  • 公務員・政治・法律
  • デザイン・芸術・写真
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画

同志社大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

同志社大学の所在地

今出川キャンパス

所在地

〒602-8580
京都府京都市上京区今出川通烏丸東入

交通機関・最寄り駅

地下鉄烏丸線「今出川」駅から徒歩1分。京阪「出町柳」駅から徒歩15分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

075-251-3210

同志社大学のお問い合わせ先

入学センター入学課

電話 075-251-3210
FAX: 075-251-3082
Mail: ji-nyugk@mail.doshisha.ac.jp

  • 学校No.1160
  • 更新日: 2019.06.19