秋田職業能力開発短期大学校の入試出願・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

文部科学省以外の省庁所管の学校 秋田職業能力開発短期大学校

君の“想い・夢”を設計図に!

本校は厚生労働省所轄の大学校で、高度な技能・技術をもつ、ものづくりのプロを育てる学校です。修了生は製造業を中心とした産業界の第一線で活躍し、地域、日本、そして世界をフィールドになくてはならない人材とし、社会貢献しております。過去の就職率も8年連続100%(※)で、採用した企業から高い評価を得ています。本校の特徴は、生産現場を意識した実験・実習を重視した独自の教育訓練システム、少人数制による効果的な教育訓練、充実した実験・実習設備、優秀な指導陣が揃っております。
みなさんの未来に向けて、実践技術者としての技術を身につけ想いや夢を実現する未来への設計図を作りましょう。

※修了生実績
就職者数38名/就職希望者数38名(2018年3月)
就職者数41名/就職希望者数41名(2017年3月)
就職者数35名/就職希望者数35名(2016年3月)

◆秋田職業能力開発短期大学校は厚生労働省が所管する(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構が設置、運営しています。

秋田職業能力開発短期大学校 PRイメージ1

トピックス

2019.10.28

2019年も受験生向けのイベントを開催します

2019年もオープンキャンパスを開催予定です。
昨年は、キャンパス見学やものづくり体験、学校説明会などを実施しました。
ものづくりに興味のある方は、ぜひお気軽にご参加ください!

また、「オープンキャンパスは都合が合わない」そんな方も
キャンパス見学は、平日(9:00~17:00)いつでも受付しています。ご希望の方は、本校までお問い合わせください。

開催日程等の詳細は、本校HPでご確認ください。
http://www3.jeed.or.jp/akita/college/

2019.10.28

★☆2020年度生 入試情報☆★

≪自己推薦入試≫
・願書受付 11月25日(月)~12月2日(月)必着
・試験日  12月 7日(土)
・結果通知 12月13日(金)

≪一般入試≫
・願書受付 1月14日(火)~1月29日(水)当日消印有効
・試験日  2月 6日(木)
・結果通知 2月18日(火)

試験の詳細および願書の請求は秋田職業能力開発短期大学校ホームページをご覧ください。
http://www3.jeed.or.jp/akita/college/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
個別の学校見学も随時受付中です! ※平日のみ                 
学務援助課(TEL:0186-42-5600)までお気軽にご相談ください。   

募集内容・学費(2018年4月実績)

秋田職業能力開発短期大学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

専門課程

生産技術科

概要 生産技術はあらゆる産業において不可欠な分野です。生産技術科では、ものづくりの基本となる機械・電気・制御などの基礎的な理論と加工技術を学びます。 3次元CAD/CAMなどを活用した設計情報の処理やコンピュータを駆使した加工機械の操作などの実習を通し、様々な製品づくりを中心としたカリキュラムで即戦力を養います。 2年次に行う技能照査に合格すると、技能検定2級の学科試験が(実務経験1年後)免除となります。在学中には旋盤2級、溶接、研削といし等の資格取得を目指し、有利な就職活動の体制を整えバックアップします。
定員 20名
年限 2年
学費 初年度納入金559,200円(入校料169,200円、授業料390,000円)
※その他、教科書・実習服等別途負担
目指せる資格 【取得目標資格】
●技能検定2・3級(機械加工、機械検査、機械製図CAD、機械保全他)

その他:
●技能講習・特別教育(ガス溶接、アーク溶接、研削といし)
●機械設計技術者試験(3級)

電子情報技術科

概要 昨今のディジタル家電、自動車などには高度な機能を実現するための、膨大なソフトウェアが組み込まれています。
そのため、産業界からはソフトウェア技術とハードウェア技術の両方を理解できる、バランスのとれた技術者が求められています。
電子情報技術科では、最近の携帯情報端末やディジタル家電に使用されているエレクトロニクスの基礎と応用、プログラミング技術を学びます。
最先端の設備と実験実習によって、次世代を担う実践的な技術者を目指します。
定員 20名
年限 2年
学費 初年度納入金559,200円(入校料169,200円、授業料390,000円)
※その他、教科書・実習服等別途負担
目指せる資格 【取得目標資格】
●技能検定:(電子機器組立て2・3級)

その他:基本情報技術者試験、ITパスポート試験

住居環境科

概要 今住まいに求められている豊かさには、安全で安心して暮らせる工法及び構造、空間設計などが含まれています。住居環境科では商業施設や一般住宅など様々な建築物の住環境をどのように創り出していくのか、建築物の計画、設計そして建築工事全般についての知識や工事管理、施工技術にいたる幅広い知識と技術を学びます。修了と同時に二級建築士の受験資格を有し、進学の場合は応用課程在学中の資格取得が可能となり、就職にも有利です。
定員 20名
年限 2年
学費 初年度納入金559,200円(入校料169,200円、授業料390,000円)
※その他、教科書・実習服等別途負担
目指せる資格 【取得目標資格】
技能検定:建築大工2・3級

その他:2級施工管理技士「学科試験」(種別建築、土木)

【修了と同時に得られる受験資格】
2級建築士、木造建築士

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2018年3月修了生実績

  • 鹿角コネクタ(株)
  • 東光鉄工(株)
  • 小坂精練(株)
  • 十和田精密工業(株)
  • 比内時計工業(株)
  • 睦特殊金属工業(株)
  • ニューロング工業(株)
  • 松栄金属(株)
  • 東北ビル管財(株)
  • (株)ミクニ
  • (株)小滝電機製作所
  • 十和田オーディオ(株)
  • (株)渡敬
  • ニフロファーマ(株)
  • 東光コンピュータ・サービス(株)
  • (株)メイテック・フィルダーズ
  • ブリヂストン・タイヤジャパン(株)
  • プライムエンジニアリング(株)
  • 仙台国税局
  • (株)伊藤羽州建設
  • (株)シーズクラフト
  • (有)アトリエ建築設計堂
  • (株)清水組
  • (株)むつみワールド
  • 秋田林業ホーム(株)
  • (株)ミヤ住環境建設
  • 大森建設(株)
  • …など

就職支援

就職実績の高いサポート体制
<1年次からスタートする就職活動への準備>
就職活動を支援する機関として就職対策委員会を設置し、学生一人ひとりに対してきめ細やかな就職指導を行っています。入校時から進路面談や自己分析、企業研究や適職診断が始まり、就職講話、面接訓練、各種書類の書き方といったプログラムがあり、就職に対するスタートの早さが進路決定率100%(就職者38名/就職希望者数38名、進学者数15名/進学希望者数15名 2018年3月修了生実績)を示しています。


<企業委託実習(インターンシップ)>
2年次の夏休み前に、インターンシップを実施しています。企業に2週間ほど学生をお預けし、実際の職場で授業・実習で身につけた技術を仕事を通して体験するという授業を行っています。本校の在校生の実力は企業からの信頼度も高く、これが職業理解を深めた上での高い就職実績へとつながっています。


進学
専門課程を修了後、さらに高度な技能・技術を習得するため、職業能力開発大学校の応用課程(2年間)に進学することができます。
近隣の応用課程設置校:東北職業能力開発大学校

各種制度

秋田職業能力開発短期大学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

技能者育成資金融資制度

優れた技能者を育成するための一助として、成績が優秀であるにも関わらず、経済的な理由により教育訓練を受けることが困難な学生を対象とした融資制度です。
一定の要件を満たした学生に、労働金庫から有利子、無担保で一定限度額まで融資されます。

授業料免除制度

本学では、経済的理由により授業料の納付が困難な学業成績優秀な学生を対象とした、授業料免除制度を導入しています。

秋田県内市町村 奨学資金制度

本校は以下の秋田県内市町村が実施する奨学金制度の対象校となっています。
詳細は各市町村の担当窓口へお問い合わせください。

・大館市奨学資金
・鹿角市奨学生
・小坂町奨学資金
・潟上市奨学金
・三種町奨学金
・にかほ市奨学生
・仙北市育英奨学資金
・井川町奨学金
・湯沢市奨学金
・東成瀬村奨学資金
・北秋田市奨学生

応用課程

専門課程修了後、さらに高度な技能・技術を習得するため、応用課程(2年間)に進学することができます。

近隣の応用課程設置校:東北職業能力開発大学校
設置科:生産機械システム技術科、生産電気システム技術科、生産電子情報システム技術科、建築施工システム技術科

学生寮

自宅から通学できない学生には、個室の学生寮を用意しています。
男子寮 80室
女子寮 20室

寮費(2018年度実績)
44,000円(月額)

学びの分野/学校の特徴・特色

秋田職業能力開発短期大学校で学べる学問

  • 工学・建築
  • 情報学・通信

秋田職業能力開発短期大学校で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 教育

秋田職業能力開発短期大学校の特徴

  • 地方入試
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • インターンシップ
  • 学生寮
  • 学生用駐車場

秋田職業能力開発短期大学校の所在地

本校

所在地

〒017-0805
秋田県大館市字扇田道下6-1

交通機関・最寄り駅

●お車でお越しの場合
(1)東北自動車道 十和田I.C.〜国道103号線… 約24km(約30分)
(2)東北自動車道 小坂I.C.〜樹海ライン……… 約20km(約30分)
(3)東北自動車道 小坂JCT〜秋田自動車道(無料区間)大館北 …… 約20km(約25分)
(4)秋田自動車道(無料区間)二ツ井白神〜国道7号線 …… 約40km(約50分)

●電車でお越しの場合
(1)JR奥羽本線「大館」駅下車
  ・市内バス路線で「大館市役所前」下車(約15分)、徒歩約15分
  ・駅前からタクシーで約10分
(2)JR花輪線「東大館」駅下車、
  ・タクシーで約5分
  ・徒歩で約25分

秋田職業能力開発短期大学校のお問い合わせ先

学務援助課

電話 0186-42-5600
FAX: 0186-42-5719
Mail: gakumu@akita-pc.ac.jp

  • 学校No.5824
  • 更新日: 2019.10.28