東北職業能力開発大学校の入試出願・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

文部科学省以外の省庁所管の学校 東北職業能力開発大学校

技術を極めて「ものづくり」の世界へ

東北職業能⼒開発⼤学校は、2年間⼜は4年間の教育訓練でものづくりを「科学・技術・技能」の視点から学び、産業界を担う実践技術者や将来の⽣産技術、⽣産管理部⾨のリーダーとなり得る⼈材を育成する⾼等教育訓練機関です。専⾨課程(2年課程)修了時に実践技術者として就職するほか、多くの学⽣は応⽤課程(2年課程)に進み、製品の企画、開発、設計、製作など実際のものづくり企業などで⾏われる製品開発・⽣産プロセスを経験し、より⾼度な知識・技術や応⽤技術を⾝につけます。東北職業能⼒開発⼤学校は、独⾃の2年+2年の教育訓練システムにより、学⽣の⽬標に応じた教育訓練サービスの提供を実現しています。

【本校の特⾊】
1 企業が求める⼈材育成に裏付けられた圧倒的な就職率の⾼さ
2 「ものづくり」のための⾼度な技能・技術をもつ⼈材育成
3 科学・技術・技能を融合した実践教育訓練の実施

※東北職業能⼒開発⼤学校は、厚生労働省が所管する(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構が設置、運営しています。

東北職業能力開発大学校 PRイメージ1
東北職業能力開発大学校 PRイメージ2
東北職業能力開発大学校 PRイメージ3

トピックス

2019.04.01

オープンキャンパスのお知らせ

2019年も「東北能開大」のオープンキャンパスを以下のとおり開催いたします!
一番人気の各科体験授業をはじめ、学校概要説明、施設見学、学食体験など、学校の雰囲気や魅力を実際に知れるチャンスです♪ 
当校の「ものづくり」に興味がある方は、どうぞお気軽にご参加ください。
保護者の方のご参加も大歓迎です!
なお、参加方法等詳細は、オープンキャンパスページをご覧ください。

開催日時
2019年3月24日(日) 10:00~15:00
2019年6月23日(日) 10:00~15:00
2019年8月 3日(土) 10:00~15:00
2019年8月 4日(日) 10:00~15:00
2019年9月29日(日) 10:00~12:00
2020年3月22日(日) 10:00~15:00

※9月のオープンキャンパスは入試対策講座となるため、午前中のみの開催となります。

2019.04.01

第17回ポリテックビジョン開催【来場者1383名!(延べ人数)】

2019年2月22日(金)及び2月23日(土)に「ものづくり ひとづくり 地域とともに」をテーマに第17回東北ポリテックビジョンを開催しました。
当大学校を含め、付属の秋田校・青森校、東北地方の産業技術短期大学校、関東の工科系の大学などから「ものづくり」を志す学生が集結。研究発表や技術競技会を通して、日ごろの学習成果を披露しあいました。
また、日鉄住金総研株式会社の山藤 康夫氏を招いての記念講演や、栗原市の名産品を使ったフードコート、小学生を対象としたものづくり体験教室も開催し、一般のご来場者を含め1383名(延べ人数)にお越しいただき、盛況のうちにイベントを終えることができました。

2019.04.01

第2回オープンキャンパスを開催しました︕<参加者数178名 >

2018年8⽉5⽇(⽇)に第2回オープンキャンパスを開催いたしました。
当⽇のご来校⼈数は、過去最⾼となる総勢178名(保護者含む)︕︕
⼤きな盛り上がりを⾒せたオープンキャンパスとなりました。

メインイベントとなる体験授業では、当校教員と学⽣のサポートのもと、⼤学⽣気
分を味わっていたようです。
はじめての⽅も多くいましたが、みなさん⽬を輝かせて楽しそうに課題に取り組ん
でいました。

今後のオープンキャンパスについては、本学HPにてご確認ください︕

2019.04.01

「人にやさしいものづくりプロジェクト」進行中

当校では栗原市内の県⽴学校と協定を結び、様々な連携を進めています。
そのなかで、「障害を持つ⼦の⽣活に触れることによって、ものづくりや研究・開発のヒントを発⾒できるかもしれない」と「⼈にやさしいものづくりプロジェクト」がはじまりました。まずはその第⼀弾として、⾦成⽀援学校の屋内プールに侵⼊する雀対策を行いました。

募集内容・学費(2019年4月実績)

東北職業能力開発大学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

機械システム系

生産技術科

概要 ⽣産技術科では、⾝近にある家電製品、⾃動⾞、ロボットなどに代表される⼯業製品の⼀連の製造⼯程である『設計(もとをつくる)』→『製造(部品をつくる)』→『測定・評価(信頼をつくる)』→『組⽴て・調整(完成品をつくる)』の技術を⾼機能な⼯作機械やコンピュータを活⽤した設計・製造システムを駆使した実験・実習を中⼼として関連する講義からなるカリキュラムで学ぶことにより、ものづくりの⾼度な知識と技能・技術を兼ね備えた実践技術者を⽬指します。
定員 25名
年限 2年
対象 男女
学費 初年度納⼊⾦ 559,200円
(⼊校料 169,200円、授業料 390,000円)
目指せる資格 【取得⽬標資格】
技能検定︓2級機械加⼯(普通旋盤作業)、2級機械加⼯(フライス盤作業)、2級機械・プラント製図(機械製図CAD作業)、2級油圧装置調整(油圧装置調整作業)、2級空気圧装置組⽴て(空気圧装置組⽴て作業)

その他︓⼿溶接技能者、半⾃動溶接技能者、ステンレス鋼溶接技能者、品質管理検定(QC検定)3級、CADトレース技能審査初級・中級

電気・電子システム系

電気エネルギー制御科

概要 電気エネルギー制御科では、「電気」「環境・エネルギー」「制御(コントロール)」を上⼿に使うための技術をバランスよく学び、私たちのまわりにある太陽光や⾵⼒などの様々なクリーンエネルギーの利⽤技術、電気⾃動⾞やロボットなどで使われるモータの利⽤技術、⼯場を⾃動化させる技術、省エネ化技術などを⾝につけた実践技術者を⽬指します。
定員 20名
年限 2年
対象 男女
学費 初年度納⼊⾦ 559,200円
(⼊校料 169,200円、授業料 390,000円)
目指せる資格 【取得⽬標資格】
技能検定︓2級電気機器組⽴て(シーケンス制御作業)、2級電⼦機器組⽴て(電⼦機器組⽴て作業)、2級電気製図(配電盤・制御盤製図作業)、2級機械保全(電気系保全作業)

その他︓第⼀種電気⼯事⼠(学科試験のみ)、第⼆種電気⼯事⼠、2級電気⼯事施⼯管理、⼯事担任者、第三種電気主任技術者、消防設備⼠(⼄種)

電⼦情報制御システム系

電⼦情報技術科

概要 電⼦情報技術科では、⾝近にある家電製品、⾃動⾞、ロボットなどに代表される⼯業製品の動作・制御(コントロール)をするために必要な技術である「電⼦回路(ハードウェア)」「プログラム(ソフトウェア)」「ネットワーク」の3つの技術をバランスよく学び、電⼦技術と情報技術を兼ね備えた実践技術者を⽬指します。
定員 30名
年限 2年
対象 男女
学費 初年度納⼊⾦ 559,200円
(⼊校料 169,200円、授業料 390,000円)
目指せる資格 【取得⽬標資格】
技能検定︓2級電⼦機器組⽴て(電⼦機器組⽴て作業)、2級プリント配線板製造(プリント配線板設計)、3級ウェブデザイン(ウェブサイト構築作業)、2級情報配線施⼯(情報配線施⼯作業)

その他︓ITパスポート試験、基本情報技術者試験、ETEC組込ソフトウエア技術者試験クラス2、Linux技術者認定試験(LPIC)、トロン技術者認定試験、⼯事担任者DD1種、C⾔語プログラミング能⼒認定試験1級

居住システム系

住居環境科

概要 住居環境科では、⼈間⽣活に⽋かせない「⾐・⾷・住」のうち、くらしの基盤となる「住」に関することを学びます。居住空間や⽣活空間環境を意識した建物の設計やデザイン、建物のコンセプトを提案するプレゼンテーション、デザインした建物を作る実習など実験・実習と講義を通じて多くの技能・技術・知識を習得し、安全・安⼼かつ快適な建物を提案できる建築技術者を⽬指します。
定員 25名
年限 2年
対象 男女
学費 初年度納⼊⾦ 559,200円
(⼊校了 169,200円、授業料 390,000円)
目指せる資格 【取得⽬標資格】
技能検定︓3級建築⼤⼯(⼤⼯⼯事作業)

その他︓⽟掛け技能講習、アーク溶接等の業務に係る特別教育、フォークリフトの運転の業務に係る特別教育、クレーンの運転の業務に係る特別教育、⼩型移動式クレーン運転技能講習、床上操作式クレーン運転技能講習、⼩型移動式クレーン運転の業務に係る特別教育、⽟掛けの業務に係る特別教育、福祉住環境コーディネーター、インテリアコーディネーター、インテリアプランナー、フォークリフト運転技能講習

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2018年3月修了生実績(専門課程・応用課程修了者の就職先)

  • (株)IHI物流産業システム
  • ATOMWorks(株)
  • (株)荏原エリオット
  • サントリープロダクツ(株)
  • ジオマテック(株)
  • 新日鐵住金(株)
  • ダイハツディーゼル(株)
  • 東京エレクトロン宮城(株)
  • アイリスオーヤマ株)
  • 東北電力(株)
  • JFEスチール(株)
  • (株)スタンレー宮城製作所
  • デンソー工業(株)
  • 日本原燃(株)
  • 古川電気工業(株)
  • ケイテック(株)
  • (一財)東北電気保安協会
  • (株)アイフォーコム東北
  • アルプス電気(株)
  • キヤノンプレシジョン(株)
  • ダイキン工業(株)
  • 東北部品(株)
  • (株)テイ・アイ・シイ
  • (株)日立ソリューションズ東日本
  • 日本ビルコン(株)
  • (株)みちのくクボタ
  • (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構
  • アエラホーム(株)
  • (株)アーネストワン
  • (株)JFEコンフォーム
  • 住友林業ホームエンジニアリング(株)
  • 秋田林業ホーム(株)
  • (株)安藤・間
  • (株)一条工務店宮城
  • 積水ハウス(株)
  • 大成建設(株)
  • (株)タカカツホールディングス
  • …など

就職支援

【学務課と講師陣が連携して、学⽣⼀⼈ひとりの就職活動をサポート】
東北職業能⼒開発⼤学校では、求⼈企業への窓⼝である学務課と、学⽣⼀⼈ひとりの個性を把握している経験豊富な講師陣が連携して就職活動等をバックアップ。さらに、就職情報室には専⾨の就職相談員を配置し、学⽣へ就職活動情報の積極的な提供を⾏っています。1980年の開校以来、4,800余名のOB・OGを産業界に送り出し、その職業能⼒は⾼く評価されています。

【先⽣との親⾝な相談で、⽬的意識がはっきりとした就職活動が可能】
学⽣が記⼊したジョブ・カードを⽤いて先⽣と⾯談を⾏うことで、⾃分の強みやキャリア・ビジョンを明確にでき、⽬的意識がはっきりとした就職活動を可能にします。専⾨課程では、学⽣⼀⼈ひとりの⽬標や環境等に応じて就職か応⽤課程を選択します。応⽤課程ではほとんどの学⽣が就職します。

【進学】
専⾨課程(2年課程)修了後、応⽤課程(2年課程)に進み、4年間の教育訓練を受けることができます。また、応⽤課程修了後、⼤学院に進学することができます。主に、⼯学⼜は教育分野の⼤学院に進学しています。

各種制度

東北職業能力開発大学校での学びを支援する制度・情報をご紹介します!

技能者育成資金融資制度

成績が優秀であるにも拘らず、経済的な理由により教育訓練を受けることが困難な学生を対象とした融資制度です。
一定の要件を満たした学生に、労働金庫から有利子、無担保で一定限度額まで融資されます。

授業料免除制度

学業成績優秀者で経済的理由により授業料の納付が困難であり、一定の要件を満たし、選抜された学生が、授業料を免除される制度です。

応用課程設置科

当校の応用課程設置科
生産機械システム技術科、生産電気システム技術科、生産電子情報システム技術科、建築施工システム技術科

学生寮

本校敷地内には男子寮「三峰寮」・女子寮「白萩寮」が、通学困難な遠隔地の学生のために用意されています。家事に不慣れな学生でも、栄養バランスの取れた食事が1日3食出てくるので、初めて親元を離れる学生も安心です。

部屋は個室(洋6畳)で、一人暮らしに必要なベッドや机などが備え付けられており、自分だけの生活空間も確保されています。また、同じ寮内に先輩や同学年の学生もたくさんいるので、先輩・後輩の垣根を越えて楽しく寮生活を過ごすことができます。

男子寮 135室
女子寮 30室
室料 月額4,700円
食費 月額20,000円(平均)※その他共益費等が必要になります。


※写真は男子寮外観

学びの分野/学校の特徴・特色

東北職業能力開発大学校で学べる学問

  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー

東北職業能力開発大学校で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 教育
  • 公務員・政治・法律

東北職業能力開発大学校の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 学生寮
  • 最寄駅からスクールバス
  • 学生用駐車場

東北職業能力開発大学校の所在地

本校

所在地

〒987-2223
宮城県栗原市築館字萩沢土橋26

交通機関・最寄り駅

●東⽇本急⾏バス「栗原市役所前」下⾞、徒歩 約20分
●JR東北本線「瀬峰駅」より、栗原市⺠バス栗原中央病院⾏「東北職能⼤学校前」下⾞、徒歩約2分(所要時間 約25分)
●JR東北新幹線「くりこま⾼原駅」より、⾞で約10分(約6km)
●東北⾃動⾞道 築館ICより、⾞で約5分(約2km)

東北職業能力開発大学校のお問い合わせ先

学務課

電話 0228-22-6614
FAX: 0228-22-2432
Mail: tohoku-college02@jeed.or.jp

  • 学校No.5350
  • 更新日: 2019.06.17