京都美術工芸大学の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

京都美術工芸大学 PRイメージ

京都駅から徒歩圏内、建築と美術工芸に関わる総合的な教育を通して、次代を切り拓くクリエイターを育成。

キャンパスがある京都・東山は京都駅から徒歩圏内にあり、古い建造物や京都国立博物館などの文化施設も多く建ち並ぶ歴史と文化の街です。
本学では、伝統と先端が融合する国際都市「京都」で、建築と美術工芸が一体となった環境だからこそ習得できる感性やスキルを生かして次代を切り拓くクリエイターを育成します。本学の学びの最大の特色は、一つの専門分野だけではなく、さまざまな領域を融合させて学ぶことができる点です。複数の領域を学ぶことが新たな発想につながります。学年が上がるごとに志望分野を絞り込んでいき、各々の分野で社会に貢献できるような専門知識を身につけます。また、在学中に「二級建築士・木造建築士」や「インテリアプランナー」資格の取得をめざせる独自のシステムを設けるなど、キャリア支援にも力を入れており、2022年4月には新たに「建築学部」を開設。これまでの学びを継承しつつ、「建築デザイン領域」と「伝統建築領域」を横断した学びで、新たな建築空間の可能性を追究します。

京都美術工芸大学 PRイメージ1
京都美術工芸大学 PRイメージ2
京都美術工芸大学 PRイメージ3
京都美術工芸大学 PRイメージ4
京都美術工芸大学 PRイメージ5
京都美術工芸大学 PRイメージ6

トピックス

2022.03.01

2022年4月に全国の美大で初※となる「建築学部」を開設

日本文化の宝庫である「京都」に新しく開設する「建築学部」では、建築分野と美術工芸分野を融合させた学びを継承しつつ、現代の建築を取り巻く社会環境に対応して、「建築デザイン領域」と「伝統建築領域」による総合教育を実践し、地域に密着した学びで新しい造形の可能性を追究します。これまでの工学部系の建築学科の学びとは異なり、豊かな感性や発想力、デザイン力、アイデアを具現化する建築スケッチ、建築士資格の在学中取得、建築の幅広い知識・技能を習得し、次世代の建築士としての活躍をめざします。

※大学プレスセンターのニュース及び、旺文社「入試実態データ」より

京都美術工芸大学 2022年4月に全国の美大で初※となる「建築学部」を開設

2022.03.01

充実の学修環境が整った新校舎が完成

2017年4月に開設した現在の京都東山キャンパスでは、恵まれた立地・環境の中で、多くの学生たちが各々の学びを深めています。教育環境のさらなる拡充を図るため、本キャンパスに新校舎(新東館)の建設を行いました。日本で最初の小学校の一つである「貞教小学校」をリノベーションした北館をはじめ、本キャンパス開設時に新設された西館や南館との融合を図りながら、豊かな学修空間の創生をめざします。

京都美術工芸大学 充実の学修環境が整った新校舎が完成

2022.03.01

今年度も「二級建築士・木造建築士」資格の合格者を多数輩出!

本学では、グループ校とのWスクールシステムにより開講する資格講座を受講することで、在学中に「二級建築士・木造建築士」資格の取得をめざすことができます。2021年度は、本学生より二級建築士65名(昨年より約2倍)、木造建築士56名(昨年より約1.2倍)の合格者を見事輩出しました!

京都美術工芸大学 今年度も「二級建築士・木造建築士」資格の合格者を多数輩出!

2022.03.01

2020年4月、大学院工芸学研究科建築学専攻を開設!

本学では、2012年の開学以来、他大学では在学中に取得できない二級建築士資格の在学中取得を目指せるシステムを確立し、これまで多くの合格者を輩出してきた実績を踏まえ、2020年4月に新たに大学院を開設しました。大学院では、高度な専門カリキュラムにより、建築と美術工芸、現代建築と伝統建築の融合や京都に根ざした個性的な研究を深めながら、最難関資格である一級建築士資格の在学中最短合格をめざすことが可能です。

京都美術工芸大学 2020年4月、大学院工芸学研究科建築学専攻を開設!

募集内容・学費

京都美術工芸大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

建築学部(2022年4月開設)

建築学科(建築デザイン/伝統建築)

建築学科の学び 3年次前期までは、図面表現などの基礎的な技術から建築空間の課題解決能力を高める演習を通して建築を基礎から学び、「建築デザイン領域」と「伝統建築領域」を横断した新たな教育を実践します。さらに、これらの融合領域を学ぶことで、例えば歴史ある建物や街を現代の生活空間に再生するなど、新時代の建築の可能性を追究することもできます。また、ハイレベルな設計力だけではなく、BIM・CADなど最先端のコンピュータスキルを身につけるとともに、「二級建築士・木造建築士」資格の在学中取得をめざします。3年次後期からは、いずれかの領域を選択し、ゼミ形式で専門分野をより深く学び、4年次では希望の研究室に所属し、より高度な研究と学びの集大成である卒業設計や論文に取り組みます。
【建築デザイン領域】 学べる分野(建築設計/都市計画/インテリアデザイン/ランドスケープ/環境デザイン)
建築学科では工学分野と美術分野両方の学びのバランスを重視しています。建築に関する多様な知識と美術的な構成力を備えることで、人の感性により深く訴えかける魅力的な建築デザインを学びます。
【伝統建築領域】 学べる分野(社寺建築/町家・民家/数寄屋/茶室/文化財建造物)
京都という歴史的にも最高の環境の中で、伝統建築に関わる知識や技術を一から学ぶことができます。価値ある建築物の保存や修復、町家・民家の再生やリノベーションなどを学びます。
【融合領域】 学べる分野(まちづくり/保存/リノベーション)
伝統と先端を融合させて建築の新たな可能性を追究することもできます。例えば、歴史のある建物や街を現代の生活空間に再生するなど、持続可能性を求めるこれからの社会に対応した建築やまちづくりについて考えることもできます。
定員 150名(学科の総定員)
年限 4年
目指せる資格 ●一級建築士
●二級建築士(在学中に受験し、合格をめざすことが可能)
●木造建築士(在学中に受験し、合格をめざすことが可能)
●建築施工管理技士(一級、二級)
●建築設備士
●インテリアプランナー
●色彩検定Ⓡ
●福祉住環境コーディネーターⓇ
●宅地建物取引士
●TOEICⓇLISTENING AND READING TEST
●博物館学芸員 など
学費 初年度納入金:1,745,000円

*入学金150,000円を含む
備考

2022年4月実績

芸術学部 ※2023年4月に工芸学部より名称変更予定

デザイン・工芸学科 ※2023年4月に美術工芸学科より名称変更予定

デザイン・工芸学科の学び これからの時代の文化を創り、発展させていくクリエイターを育むため、本学科では2つの領域で専門的な学びを用意しています。ビジュアルデザイン、インテリア・空間デザイン、CULTUREデザインの各分野から新しいモノ・コトを生み出す「デザイン領域」、陶芸、木工・彫刻、漆芸という日本の伝統的なものづくりを進化させる「工芸領域」。2つの領域から新時代のプロフェッショナルを育んでいきます。最初は導入教育により、芸術の基礎を幅広く学んだうえで、それぞれの専門性を高めるカリキュラム。充実したCG系授業やさまざまな資格取得、さらには、地域の団体や企業と関わり、課題解決の手法を学ぶことができるプロジェクト演習など、就職につながる実践力を身につけることができます。
【デザイン領域】 都市や産業の未来を切り拓くための課題を発見し、創造的なアイデアをもって具現化まで導く人を育みます。柔軟な発想力、コミュニケーション力、多様な表現力、フィニッシュワーク力という4つの力を伸ばす総合的なデザイン教育を行います。入学してから2年次前期までの1年半はデザインを基礎から学び、全員が共通のカリキュラムで平面・立体・空間デザインを横断的に学びながら幅広いデザイン力を習得。2年次後期より3つのコースに分かれて専門性を磨きます。
○ビジュアルデザインコース 学べる分野(グラフィックデザイン/広告・編集デザイン/イラストレーション/キャラクターデザイン/パッケージデザイン/ゲームデザイン)
人や社会に「視覚的に何かを伝えること」を目的とするデザインを中心に扱います。広告・雑誌・ポスターなどのグラフィックデザインをはじめ、パッケージ、書籍、サイン、そしてWebなど、私たちに情報を訴えるさまざまなデザインを制作するスキルを身につけます。また、イラストやキャラクターデザイン、3DCGの技法も習得します。
○インテリア・空間デザインコース 学べる分野(スペースデザイン/インテリアデザイン/店舗デザイン/ディスプレイデザイン/家具デザイン)
人が心地よく過ごすには何が必要なのかを見つめ、具体的に空間を演出するインテリアや空間デザインのスキルを身につけます。扱うテーマは、住宅だけでなく、商業施設の店舗デザインやディスプレイデザインにも及びます。併せて、二級建築士をはじめ、インテリアプランナーやインテリア設計士などの実務的な資格取得をサポートします。
○CULTUREデザインコース 学べる分野(プロダクトデザイン/工芸デザイン/イベントデザイン/アート表現/セールスプロモーション)
日常生活と芸術の間に垣根が存在しない日本文化の豊かな精神性に着目。雑貨からアートまで、メインカルチャーからサブカルチャーまで、デザイン的アプローチにより現代の感性にマッチした商品開発、イベント企画、プロモーションなどを行い、次世代へ繋ぐ豊かで力強い日本文化を創造します。
【工芸領域】 陶芸、木工・彫刻、漆芸の各分野について創作を通して基礎から技術を身につけると共に、新しい価値を生み出すためのデザイン力を磨き、さらに作品を市場に提案するプロデュース力も合わせて身につけることができます。陶芸、木工・彫刻、漆芸のそれぞれの分野で、優れた技能と実績を備えた教員から直接指導を受けることができ、卓越した技能を有する教員が一人ひとりを丁寧に指導する演習形式の授業を展開。技術面はもちろん、ものづくりに取り組む姿勢など、多くのスキルを「目で見ながら」習得できます。
○工芸コース ものづくりの基礎や素材の特性を学んだあと、1年次後期より陶芸、木工・彫刻、漆芸の各分野に分かれて専門性を磨きながら時間をかけて知識と技術を積み重ね、プロとして活躍できる能力を身につけます。
定員 100名(学科の総定員数)
年限 4年
目指せる資格 ●博物館学芸員
●二級建築士(在学中に受験し、合格をめざすことが可能)
●木造建築士(在学中に受験し、合格をめざすことが可能)
●インテリアプランナー
●2級インテリア設計士
●TOEICⓇLISTENING AND READING TEST
●色彩検定Ⓡ
●IllustratorⓇクリエイター能力認定
●PhotoshopⓇクリエイター能力認定 など
学費 初年度納入金:1,745,000円

*入学金150,000円を含む
備考

2022年4月実績

主な就職先・キャリアサポート

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2021年3月卒業生実績

  • 三井ホーム(株)
  • 住友林業アーキテクト(株)
  • 大和ハウス工業(株)
  • 五洋建設(株)
  • 兵庫県庁
  • (株)J.フロント建装
  • 髙松建設(株)
  • 村本建設(株)
  • セキスイハイム信越(株)
  • (株)池下設計
  • (株)中藏
  • 日進木工(株)
  • (株)ジーアンドシーアート
  • 大村家具工業(株)
  • …など

2021年3月卒業生実績 就職内定率 97.6%(就職希望者数 86名/就職者数 84名)

キャリアサポート

キャリア開発プログラムで能力開発をサポートするとともに、キャリアサポートセンターと教員が連携したキャリアガイダンス活動とキャリアアセスメントにより一人ひとりの個性に向き合ったキャリアサポートに取り組みます。また、「二級建築士」資格の在学中取得を目指すための特別な講座を開講しています。

各種制度

京都美術工芸大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

就職に有利な難関国家資格「二級建築士・木造建築士」資格の在学中取得がめざせます。

グループ校とのWスクールシステムにより、開講する講座を受講することで「二級建築士・木造建築士」資格の在学中取得をめざすことができます。2021年度には121名の在学生が見事合格しました。在学中に二級建築士の取得をめざす方には「キャリアサポート建築士支援奨学金」により、講座の授業料(3年間分)計160万円を奨学金として全額給付します(希望者全員に適用/返還不要)。

京都美術工芸大学 就職に有利な難関国家資格「二級建築士・木造建築士」資格の在学中取得がめざせます。

インテリアプランナーをはじめ、多様な資格・検定で実践力を養成。

美術工芸学科では、学科の学びをさらに充実させるために、また社会で実力を示すためにも、プロに求められる資格や検定への挑戦をサポートしています。住空間の設計やプランニングをトータルに手掛けるインテリアプランナーをはじめ、2級インテリア設計士や色彩検定、TOEICⓇLISTENING AND READING TESTなど、各種の資格・検定を目指すことができます。

京都美術工芸大学 インテリアプランナーをはじめ、多様な資格・検定で実践力を養成。

プロジェクト演習に取り組み、課題解決の手法を学べる。

社会に実際にある課題をテーマにした問題解決型の演習で、実社会とつながる産官学連携プロジェクトとしての側面をもち、地域の企業や団体と協力して取り組みます。数テーマに分かれて実施する専門コースを問わない学科内の横断的な演習授業です。さまざまな専門分野で学ぶ学生が共同で取り組むことで、コミュニケーション力やプレゼンテーション力、問題解決力などを身につけます。

京都美術工芸大学 プロジェクト演習に取り組み、課題解決の手法を学べる。

学びの分野/学校の特徴・特色

京都美術工芸大学で学べる学問

  • 工学・建築
  • 生活・服飾・美容
  • 芸術・表現・音楽

京都美術工芸大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 建築・土木・インテリア
  • 公務員・政治・法律
  • デザイン・芸術・写真
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画

京都美術工芸大学の特徴

  • 地方入試
  • 総合型選抜制度
  • 大学入学共通テスト利用制度
  • ネット出願
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 新設学部・学科
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内
京都美術工芸大学の学部・学科情報はこちら

京都美術工芸大学の所在地

京都東山キャンパス

所在地

〒605-0991
京都府京都市東山区川端通七条上ル

交通機関・最寄り駅

●JR・近鉄・地下鉄「京都」駅より
・徒歩約15分
・烏丸中央改札口前バスターミナル 市バス206,208または100で約7分、「七条京阪前」で下車し、北へ徒歩約1分
・八条口前 プリンセスラインバスにて約7分「京阪七条」で下車
●京阪「七条」駅より
・6番出口から北へすぐ
●阪急「京都河原町」駅より
・1番出口から京阪「衹園四条」駅へ京阪「七条」駅で下車し、6番出口から北へすぐ
・2番出口からプリンセスラインバスで約7分、「京阪七条」で下車

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0120-33-3372

京都美術工芸大学のお問い合わせ先

進学サポート室

NTTフリーダイヤル 0120-33-3372 (京都園部キャンパス) / 電話 0771-63-1533
FAX: 0771-63-5533
Mail: nyugaku@kyobi.ac.jp

  • 学校No.5078
  •  
  • 更新日: 2022.08.09

近隣エリアから専門学校をさがす

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす