北海道職業能力開発大学校の入試出願・就職資格情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

文部科学省以外の省庁所管の学校 北海道職業能力開発大学校

ゆめをかなえるものづくり・ひとづくり

厚生労働省所管の工科系大学相当の教育機関で、ものづくりの世界で活躍する技術者の仕事に必要な力を備えた人材を育成しています。講義に加え豊富な実験・実習時間を設け、さらには本格的な設備を使用することで技術・技能を身につけることができます。これまで4,600人を超える修了生を輩出し、北海道内はもとより全国各地で修了生が実践技術者として活躍しています。

専門課程(前期2年)+応用課程(後期2年)の4年間の制度を導入し、専門課程では、「ものづくり」に必要な科学的・工学的な知識と技術・技能を習得。応用課程では、より専門性を高めるとともに、企画力・開発力・応用力・創造力といった総合的なものづくりの力を身につけるカリキュラムを組んでいます。

さらに、企業のものづくりを模して、異分野の複数科の学生がグループを組んでひとつの「製品」を作るグループ学習を実施。協力し合うことで、チームワーク力やコミュニケーション力も備えた、現代社会に求められる「ものづくり」のスペシャリストを育成します。
◆北海道職業能力開発大学校は厚生労働省が所管する(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構が設置、運営しています。

北海道職業能力開発大学校 PRイメージ1
北海道職業能力開発大学校 PRイメージ2
北海道職業能力開発大学校 PRイメージ3

トピックス

2019.04.01

ゆめをかなえる「ものづくり・ひとづくり」!北海道能開大を体感しよう!

北海道能開大の学びや雰囲気を肌で感じとれるオープンキャンパスを開催︕
体験学習をはじめ、在校生と直接話できるので楽しみながら大学校生活を体感することができます。
お友だちや保護者の方とのご参加も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお越しください♪

◇開催日時やプログラムなどの詳細は、大学校公式サイトまたはマイナビ進学「イベント」情報ページにてご確認ください。

募集内容・学費

北海道職業能力開発大学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

専門課程[前期2年]

生産技術科

概要 生産技術科では、身近にある家電製品、自動車、ロボットなどに代表される工業製品の一連の製造工程である『設計(もとをつくる)』→『製造(部品をつくる)』→『測定・評価(信頼をつくる)』→『組立て・調整(完成品をつくる)』の技術を高機能な工作機械やコンピュータを活用した設計・製造システムを駆使した実験・実習を中心とした関連する講義からなるカリキュラムで学ぶことにより、ものづくりの高度な知識と技能・技術を兼ね備えた実践技能者を目指します。
定員 20名
対象 男女
年限 2年
学費 [初年度納入金]
559,200円
目指せる資格 ・2級機械加工(普通旋盤作業)
・2級機械加工(フライス盤作業)
・2級機械・プラント製図(機械製図CAD作業)
・2級油圧装置調整(油圧装置調整作業)
・2級空気圧装置組立て(空気圧装置組立て作業)
・手溶接技能者
・半自動溶接技能者
・ステンレス鋼溶接技能者
・品質管理検定(QC検定)3級
・CADトレース技能審査初級・中級
備考

2019年4月実績

電気エネルギー制御科

概要 電気エネルギー制御科では、「電気」「環境・エネルギー」「制御(コントロール)」を上手に使うための技術をバランスよく学び、私たちのまわりにある太陽光や風力などの様々なクリーンエネルギーの利用技術、電気自動車やロボットなどで使われるモータの利用技術、工場を自動化させる技術、省エネ化技術などを身につけた実践技能者を育成します。
定員 20名
対象 男女
年限 2年
学費 [初年度納入金]
559,200円
目指せる資格 ・2級電気機器組立て(シーケンス制御作業)
・2級電子機器組立て(電子機器組立て作業)
・2級電気製図(配電盤・制御盤製図作業)
・2級機械保全(電気系保全作業)
・第一種電気工事士(学科試験のみ)
・第二種電気工事士
・2級電気工事施工管理
・工事担任者
・第三種電気主任技術者
・消防設備士(乙種)
備考

2019年4月実績

電子情報技術科

概要 電子情報技術科では、身近にある家電製品、自動車、ロボットなどに代表される工業製品の動作・制御(コントロール)をするために必要な技術である、「電子回路(ハードウェア)」「プログラム(ソフトウェア)」「ネットワーク」の3つの技術をバランスよく学び、電子と情報技術を兼ね備えた実践技能者を目指します。
定員 30名
対象 男女
年限 2年
学費 [初年度納入金]
559,200円
目指せる資格 ・2級電子機器組立て(電子機器組立て作業)
・2級プリント配線板製造(プリント配線板設計)
・3級ウェブデザイン(ウェブサイト構築作業)
・2級情報配線施工(情報配線施工作業)
・ITパスポート試験
・基本情報技術者試験
・ETEC組込ソフトウエア技術者試験クラス2
・Linux技術者認定試験(LPIC)
・トロン技術者認定試験
・工事担任者DD1種
・C言語プログラミング能力認定試験1級
備考

2019年4月実績

建築科

概要 建築科では、人間生活に欠かせない「衣・食・住」のうち、くらしの基盤となる「住」に密接な関わりがあり、特に建物について必要な設計やデザイン、地震などに対する柱などの部材の耐久性を検証する実験、現場にある実際の道具を使い本物の建物を建てる実習など実験・実習と講義を通じて多くの技能・技術・知識を習得し、幅広い建築施工技術をもつ建築技能者を目指します。
定員 20名
対象 男女
年限 2年
学費 [初年度納入金]
559,200円
目指せる資格 ・3級建築大工(大工工事作業)
・玉掛け技能講習
・アーク溶接等の業務に係る特別教育
・フォークリフトの運転の業務に係る特別教育
・クレーンの運転の業務に係る特別教育
・小型移動式クレーン運転技能講習
・床上操作式クレーン運転技能講習
・小型移動式クレーン運転の業務に係る特別教育
・玉掛けの業務に係る特別教育
・2級建築士
・木造建築士
・2級施工管理技士
・福祉住環境コーディネーター
・インテリアコーディネーター
・インテリアプランナー
・フォークリフト運転技能講習
備考

2019年4月実績

応用課程[後期2年]

生産機械システム技術科

概要 「ものづくり」を学び、実践しながら、応用力を養うユニークな教育システム。
生産機械システム技術科では、激しく変革、進歩している「ものづくり」現場のニーズをつかみ、それに対応したカリキュラムを準備し、機械工学分野の専門知識や技術、技能を応用して時代のニーズに対応できる、高度な実践技術者の育成を目指しています。
定員 20名
対象 男女
年限 2年
学費 [初年度納入金]
502,800円
備考

◇応用課程は関連する専門課程を修了した方またはそれと同等以上の学力を有すると認められる方が対象となります。
2019年4月実績

生産電気システム技術科

概要 自然エネルギー利用技術、電動力応用技術、工場自動化技術の能力を養い、電気電子回路の設計製作を基本として、企画開発能力や生産管理能力及びプロジェクト推進能力を付加して、省エネルギー化や環境を考慮したシステムや製品の企画・開発から生産工程の改良・改善・運用・管理等に対応できる高度な実践技術者の育成を目指します。
定員 20名
対象 男女
年限 2年
学費 [初年度納入金]
502,800円
備考

◇応用課程は関連する専門課程を修了した方またはそれと同等以上の学力を有すると認められる方が対象となります。
2019年4月実績

生産電子情報システム技術科

概要 スマート・ユビキタスネット社会の発展に向けて、通信ネットワークや複合電子回路、マイコン技術、リアルタイムOS、システム設計等の科目を習得し、組込み関連技術のニーズに対応できる高度な実践技術者の育成を目指します。
定員 20名
対象 男女
年限 2年
学費 [初年度納入金]
502,800円
備考

◇応用課程は関連する専門課程を修了した方またはそれと同等以上の学力を有すると認められる方が対象となります。
2019年4月実績

建築施工システム技術科

概要 建築生産現場に密接に関連した「ものづくり」をとおして、建築物の企画から竣工までの建築生産プロセスにおける品質・工程・コスト・安全業務を管理担当できる高度な実践技術者の育成をおこなっています。
カリキュラムは、木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造さらにその複合構造において、建築生産の情報処理の能力を駆使し、専門的知識および問題解決能力を必要とする「施工および施工管理課題」を中心とした内容になっています。これを実践する事により、「設計図書に基づく高品質な建物の生産の実現」に必要な品質検査・性能試験及び評価・省力化等に関する高度な技術の習得を目指します。
定員 20名
対象 男女
年限 2年
学費 [初年度納入金]
502,800円
備考

◇応用課程は関連する専門課程を修了した方またはそれと同等以上の学力を有すると認められる方が対象となります。
2019年4月実績

主な就職先・ 進路・就職の特色

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2018年3月修了生実績

  • (株)HDC
  • (株)VSN
  • (株)ヴァックスラボ
  • (株)きのとや
  • (株)古坂意匠
  • (株)シミズ・ビルライフケア東海社
  • (株)テイ・アイ・シイ
  • (株)フジタ
  • (株)マイスターエンジニアリング
  • (株)ミライト
  • (株)メイテックフィルダーズ
  • (株)ラデックス
  • (株)ロゴスホーム
  • (株)奥村組
  • (株)平成建設
  • (株)北弘電社
  • (株)明電エンジニアリング
  • (株)錢高組
  • (有)大元工務店
  • JFEスチール(株)東日本製鉄所
  • JXTGエネルギー(株)
  • SOC(株)
  • ケーアンドイー(株)
  • セコム(株)
  • トランスコスモス(株)
  • ハイウェイ・トール・システム(株)
  • フジテック(株)
  • 北海道技建(株)
  • ヤンマーアグリジャパン(株)
  • 北海道カンパニー
  • 五建工業(株)
  • 五洋建設(株)
  • 札幌市(公務員)
  • 芝浦エレテック(株)
  • 芝浦エレテック(株)
  • 寿都町(公務員)
  • …など

進路・就職の特色

◇[就職のサポート]
地域産業界との連携に重点を置き、人材ニーズに対応した教育を行うことで、就職率は毎年ほぼ100%近くを維持しています(就職者78名/就職希望者81名/2018年3月修了生実績)。就職意識を高めるために、職業観やキャリア形成に関する履修科目を必修としています。また、学生一人ひとりに対して先生が親身になって相談に乗るほか、就職相談員を配置して適性検査や面接指導を行うなど、きめ細かくサポートしています。

◇[就職時の学歴区分]
人事院規則では、国家公務員採用の受験資格において、専門課程(前期2年)での修了は「短大卒」、応用課程(後期2年)での修了は「大卒」扱いとして学歴区分されています。

各種制度

北海道職業能力開発大学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

実技・実習重視

学理と技能のかけ橋となるためには基礎に加えて実技力も必要とされるため、実習を重視した授業を行っています。

充実した設備環境

企業が使っている最新鋭の機器を整備した実験・実習環境があります。
コンピュータを使って設計するCADシステムは、機器を1人1台仕様できる態勢を整えています。2021年には、ロボットコースが設置され、関連機材が導入されます。

少人数教育

1学科定員20名(電子情報技術科のみ30名)できめ細かい指導を行っています。(1教員あたりの学生数は8名)

就職サポート

1年次から就職に関する講義を開講し、社会人として必要なビジネスマナー等を身につけることができます。
◇就職率はほぼ100%(就職者78名/就職希望者81名/2018年3月修了生実績)

技能者育成資金融資制度

経済的な理由など、一定の要件を満たした場合に、労働金庫から一定限度額まで融資が受けられる経済支援制度があります。入校後、当該課程(2年間)の全期分を一括融資します。

学生寮

本大学校の敷地内には、自宅から通学できない学生のために、学生寮を併設しています。学生寮は、全室個室で男子用(109室)、女子用(12室)、身障者用(2室)があります。

◇寮諸経費(月額):17,700円(2018年度:寮諸経費・食費は別途)
◇食費:朝食250円 夕食:420円

学びの分野/学校の特徴・特色

北海道職業能力開発大学校で学べる学問

  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー

北海道職業能力開発大学校で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 教育
  • 公務員・政治・法律

北海道職業能力開発大学校の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 学生用駐車場

北海道職業能力開発大学校の所在地

所在地

〒047-0292
北海道小樽市銭函3丁目190番地

交通機関・最寄り駅

JR「札幌」駅からJR「銭函」駅まで約25分乗車。「銭函」駅から徒歩約15分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0134-62-3552

北海道職業能力開発大学校のお問い合わせ先

  • 学校No.4592
  • 更新日: 2019.04.01