北海道職業能力開発大学校の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

文部科学省以外の省庁所管の学校 北海道職業能力開発大学校

実践的な教育システムと充実した設備環境があります。

本校の教育システムは「ものづくり」教育を中心に専門課程(前期2年)と応用課程(後期2年)の2段階の課程で構成されています。
専門課程では「ものづくり」に必要な科学的・工学的な知識および技能・技術をバランスよく習得し、自ら「考えながら」「ものづくり」ができる実践技術者を育成するカリキュラムの内容となっています。
さらにステップアップした応用課程のカリキュラムは専門課程で習得した専門知識・技能・技術をより高度にするとともにさらに企画・開発力、応用力、創造力といった総合的な「ものづくり」能力を習得するためのものとしています。そのため各学生が専門性を発揮し共通の課題に取り組むワーキンググループ方式の課題学習を取り入れています。

◆北海道職業能力開発大学校は厚生労働省が所管する(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構が設置、運営しています。

北海道職業能力開発大学校 PRイメージ1
北海道職業能力開発大学校 PRイメージ2
北海道職業能力開発大学校 PRイメージ3

トピックス

2017.03.01

オープンキャンパスを開催予定です

2017年もオープンキャンパスを開催予定です。
昨年は、授業や実験・実習の見学をしていただく「オープンスクール」のほか、
学内の環境や実験実習設備をご覧いただく「キャンパスツアー」、実際の授業等を体験できる「体験学習」などを実施しました。

ものづくりに興味のある方は、ぜひお友達・ご家族と一緒に、ご参加ください!

開催日程等の詳細は、本校HPでご確認ください。
http://www3.jeed.or.jp/hokkaido/college/

募集内容・学費(2017年4月実績)

北海道職業能力開発大学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

専門課程(前期2年制)  高卒以上が受験資格となります。

生産技術科

学科の概要 生産技術科では、身近にある家電製品、自動車、ロボットなどに代表される工業製品の一連の製造工程である『設計(もとをつくる)』→『製造(部品をつくる)』→『測定・評価(信頼をつくる)』→『組立て・調整(完成品をつくる)』の技術を高機能な工作機械やコンピュータを活用した設計・製造システムを駆使した実験・実習を中心として関連する講義からなるカリキュラムで学ぶことにより、ものづくりの高度な知識と技能・技術を兼ね備えた実践技能者を目指します。
定員 20名
年限 2年
学費 初年度納入金559,200円(入校料169,200円、授業料390,000円)
目指せる資格 技能検定:2級機械加工(普通旋盤作業)、2級機械加工(フライス盤作業)、2級機械・プラント製図(機械製図CAD作業)、2級油圧装置調整(油圧装置調整作業)、2級空気圧装置組立て(空気圧装置組立て作業)

その他:手溶接技能者、半自動溶接技能者、ステンレス鋼溶接技能者、品質管理検定(QC検定)3級、CADトレース技能審査初級・中級

電気エネルギー制御科

学科の概要 電気エネルギー制御科では、「電気」「環境・エネルギー」「制御(コントロール)」を上手に使うための技術をバランスよく学び、私たちのまわりにある太陽光や風力などの様々なクリーンエネルギーの利用技術、電気自動車やロボットなどで使われるモータの利用技術、工場を自動化させる技術、省エネ化技術などを身につけた実践技能者を目指します。
定員 20名
年限 2年
学費 初年度納入金559,200円(入校料169,200円、授業料390,000円)
目指せる資格 技能検定:2級電気機器組立て(シーケンス制御作業)、2級電子機器組立て(電子機器組立て作業)、2級電気製図(配電盤・制御盤製図作業)、2級機械保全(電気系保全作業)

その他:第一種電気工事士(学科試験のみ)、第二種電気工事士、2級電気工事施工管理、工事担任者、第三種電気主任技術者、消防設備士(乙種)

電子情報技術科

学科の概要 電子情報技術科では、身近にある家電製品、自動車、ロボットなどに代表される工業製品の動作・制御(コントロール)をするために必要な技術である、「電子回路(ハードウェア)」「プログラム(ソフトウェア)」「ネットワーク」の3つの技術をバランスよく学び、電子と情報技術を兼ね備えた実践技能者を目指します。
定員 30名
年限 2年
学費 初年度納入金559,200円(入校料169,200円、授業料390,000円)
目指せる資格 技能検定:2級電子機器組立て(電子機器組立て作業)、2級プリント配線板製造(プリント配線板設計)、3級ウェブデザイン(ウェブサイト構築作業)、2級情報配線施工(情報配線施工作業)

その他:ITパスポート試験、基本情報技術者試験、ETEC組込ソフトウエア技術者試験クラス2、Linux技術者認定試験(LPIC)、トロン技術者認定試験、工事担任者DD1種、C言語プログラミング能力認定試験1級

建築科

学科の概要 建築科では、人間生活に欠かせない「衣・食・住」のうち、くらしの基盤となる「住」に密接な関わりがあり、特に建物について必要な設計やデザイン、地震などに対する柱などの部材の耐久性を検証する実験、現場にある実際の道具を使い本物の建物を建てる実習など実験・実習と講義を通じて多くの技能・技術・知識を習得し、幅広い建築施工技術をもつ建築技能者を目指します。
定員 20名
年限 2年
学費 初年度納入金559,200円(入校料169,200円、授業料390,000円)
目指せる資格 技能検定:3級建築大工(大工工事作業)

その他:玉掛け技能講習、アーク溶接等の業務に係る特別教育、フォークリフトの運転の業務に係る特別教育、クレーンの運転の業務に係る特別教育、小型移動式クレーン運転技能講習、床上操作式クレーン運転技能講習、小型移動式クレーン運転の業務に係る特別教育、玉掛けの業務に係る特別教育、2級建築士、木造建築士、2級施工管理技士、福祉住環境コーディネーター、インテリアコーディネーター、インテリアプランナー、フォークリフト運転技能講習

応用課程(後期2年制)  専門課程卒業および同等の卒業が受験資格となります。

生産機械システム技術科

学科の概要 「ものづくり」を学び、実践しながら、応用力を養うユニークな教育システム。
生産機械システム技術科では、激しく変革、進歩している「ものづくり」現場のニーズをつかみ、それに対応したカリキュラムを準備し、機械工学分野の専門知識や技術、技能を応用して時代のニーズに対応できる、高度な実践技術者の育成を目指しています。
定員 20名
年限 2年
学費 初年度納入金502,800円
備考

専門課程の関連する科を卒業した者又はそれと同等以上の学力を有すると認められる者

生産電気システム技術科

学科の概要 自然エネルギー利用技術、電動力応用技術、工場自動化技術の能力を養い、電気電子回路の設計製作を基本として、企画開発能力や生産管理能力及びプロジェクト推進能力を付加して、省エネルギー化や環境を考慮したシステムや製品の企画・開発から生産工程の改良・改善・運用・管理等に対応できる高度な実践技術者の育成を目指します。
定員 20名
年限 2年
学費 初年度納入金502,800円
備考

専門課程の関連する科を卒業した者又はそれと同等以上の学力を有すると認められる者

生産電子情報システム技術科

学科の概要 スマート・ユビキタスネット社会の発展に向けて、通信ネットワークや複合電子回路、マイコン技術、リアルタイムOS、システム設計等の科目を習得し、組込み関連技術のニーズに対応できる高度な実践技術者の育成を目指します。
定員 20名
年限 2年
学費 初年度納入金502,800円
備考

専門課程の関連する科を卒業した者又はそれと同等以上の学力を有すると認められる者

建築施工システム技術科

学科の概要 建築生産現場に密接に関連した「ものづくり」をとおして、建築物の企画から竣工までの建築生産プロセスにおける品質・工程・コスト・安全業務を管理担当できる高度な実践技術者の育成をおこなっています。
カリキュラムは、木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造さらにその複合構造において、建築生産の情報処理の能力を駆使し、専門的知識および問題解決能力を必要とする「施工および施工管理課題」を中心とした内容になっています。これを実践する事により、「設計図書に基づく高品質な建物の生産の実現」に必要な品質検査・性能試験及び評価・省力化等に関する高度な技術の習得を目指します。
定員 20名
年限 2年
学費 初年度納入金502,800円
備考

専門課程の関連する科を卒業した者又はそれと同等以上の学力を有すると認められる者

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2017年3月卒業生実績

  • (株)池田歯車製作所
  • (株)石川金属製作所
  • (株)奥村組
  • (株)コスモ設計
  • 寿産業(株)
  • (株)札幌システムサイエンス
  • (株)三共製作所
  • JFEスチール(株)
  • パナソニックデバイス帯広(株)
  • 富士古河E&C(株)
  • 北海道住電精密(株)
  • (株)北海道日立
  • 北海道旅客鉄道(株)
  • (株)ユニシス
  • (株)アルプス技研
  • エス・イー・シーエレベーター(株)
  • (株)北弘電社
  • 三和工機(株)
  • (株)ディック電子
  • 東日本フィールドエンジニア(株)
  • フジテック(株)
  • 北都電機(株)
  • 北海電気工事(株)
  • (株)メイテックフィルダーズ
  • (株)アンフィニ
  • (株)エフシーテクノロジー
  • (株)エルムデータ
  • 日本通信エレクトロニック(株)
  • 北都システム(株)
  • (株)北海道キューブシステム
  • 北海道電気技術サービス(株)
  • (株)ユードム
  • (株)ユメニティ
  • 新菱冷熱工業(株)
  • セキスイハイム
  • セントラルリーシングシステム(株)
  • 鉄建建設(株)
  • 前田建設工業(株)
  • (株)松村組
  • ミサワホーム北海道(株)
  • 北海道道庁
  • 北見市役所
  • 独)高齢・障害・求職者雇用支援機構
  • …など

就職支援

本校で身につけた知識と技術を活かせる職場へ導きます。

入学当初から就職を意識したカリキュラムを組み、2年間もしくは4年間を通して進路支援を行います。また、インターンシップやコミュニケーション・インストラクターによる面接指導など、就職活動に必要なあらゆることを総合的にフォローします。
本校の卒業生は就職先企業から高い評価を受けており、継続的に求人があります。

進学
専門課程を修了後、さらに高度な技能・技術を習得するため、職業能力開発大学校の応用課程(2年間)に進学することができます。

各種制度

北海道職業能力開発大学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

技能者育成資金融資制度

優れた技能者を育成するための一助として、成績が優秀であるにも関わらず、経済的な理由により教育訓練を受けることが困難な学生を対象とした融資制度です。
一定の要件を満たした学生に、労働金庫から有利子、無担保で一定限度額まで融資されます。

授業料免除制度

学業成績優秀者で経済的理由により授業料の納付が困難である学生が、授業料を免除される制度です。

学生寮

自宅から通学できない学生には、個室の学生寮を用意しています。
男子寮 109室
女子寮 12室
室料 月額17,600円(2016年実績)
食費 月額20,100円(平均)

学びの分野/学校の特徴・特色

北海道職業能力開発大学校で学べる学問

  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー

北海道職業能力開発大学校で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 環境・自然・バイオ
  • 教育
  • 公務員・政治・法律

北海道職業能力開発大学校の特徴

  • 地方入試
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 学生用駐車場

北海道職業能力開発大学校の所在地

本校

所在地

〒047-0292
北海道小樽市銭函3丁目190番地

交通機関・最寄り駅

電車…JR銭函駅より徒歩15分
自動車…国道5号線 御膳水交差点より3分
札樽自動車道 銭函I.Cより5分

北海道職業能力開発大学校のお問い合わせ先

  • 学校No.4592
  • 更新日: 2017.04.03