北海道医療大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

北海道医療大学 PRイメージ

確かな知識と技術を身につけた人間性豊かな「新医療人の育成」を目指す

本学は、薬学科、歯学科、看護学科、臨床福祉学科、臨床心理学科、理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚療法学科からなる5学部8学科の医療系総合大学です。「保健と医療と福祉の連携・統合」を教育理念に、人間性豊かな医療人を育てます。

札幌あいの里キャンパスには「北海道医療大学病院」、当別キャンパスには「歯科クリニック」と、本学には2つの附属医療機関があり、薬学部の長期実務実習をはじめ、歯学部、看護福祉学部、心理科学部、リハビリテーション科学部といった全学部の実習教育に対応した環境を整えています。

そのため、最先端の医療に触れながら、現代の医療で注目を集める「チーム医療」の一員としての役割をより深く学ぶことができます。

北海道医療大学 PRイメージ1
北海道医療大学 PRイメージ2
北海道医療大学 PRイメージ3
北海道医療大学 PRイメージ4
北海道医療大学 PRイメージ5
北海道医療大学 PRイメージ6

トピックス

2017.11.29

「公認心理師」の受験資格取得に向けたカリキュラムをスタート

心理職初の国家資格として注目される「公認心理師」の取得を目指すためには、医療機関をはじめとする特定分野での実習が必要となります。
心理科学部臨床心理学科では、かねてより附属病院での臨床実習を実施。実社会に即応できる心理のプロフェッショナルを養成してきました。これまで培ってきた実習体制を生かしながら、2018年度入学生より公認心理師の受験資格取得に向けたカリキュラムを展開します。

2017.11.29

地域包括ケアセンター開設

超高齢社会を迎えて、厚生労働省が在宅医療・介護へとシフトを促す「地域包括ケアシステム」構築を推進する中、本学ではいち早くその状況に対応し、2015年12月、札幌あいの里キャンパスに「地域包括ケアセンター」を開設しました。
訪問介護ステーションと居宅介護支援事業所を併設し、質の高い在宅医療・介護を提供すると共に、在宅サービスを担う人材の教育、高齢者・認知症ケアなどの研究を進めています。

【包括ケアシステムとは】
病院や福祉施設を中心に提供してきた医療、介護、予防、生活支援などのサービスを、在宅でも一体的に受けることができるシステムです。
住み慣れた自宅で、人生の最後まで自分らしい暮らしを送れるような地域社会をめざすものです。

募集内容・学費(2017年4月実績)

北海道医療大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

薬学部

薬学科

学科の特徴① ◆大学病院と連携した実習で、個々の臨床能力を高める
札幌あいの里キャンパスの北海道医療大学病院を、5年次の長期実務実習で活用します。さまざまな専門職が連携するチーム医療推進の場で学べるのは、医療系総合大学ならではのメリット。また、2015年度から新カリキュラムを導入し、さらに高度な薬剤師養成教育を推進しています。

◆現場をリアルに再現した環境で、実務実習前に徹底トレーニング
長期実務実習の効果を高めるため、4年次に事前準備を徹底しています。調剤室、無菌製剤室、模擬薬局などを備えた薬学臨床実習室で実務のトレーニングを行い、コミュニケーション力や医療人としての態度、基礎知識も繰り返し確認して、自信をつけてから現場での実習に臨みます。

◆コミュニケーション力も重視した、カリキュラムを多数開講
ニーズが高まる地域医療や福祉の分野で多職種と連携し役割を果たせる薬剤師を育成するために、社会薬学系科目を多数開講しています。模擬患者面接の実習などを通して、医療人としてのコミュニケーション力と倫理観を学び、高学年次には社会情勢の変化に対応できる力も身につけます。
学科の特徴② ◆ゲノム創薬、オーダーメイド医療など、最先端の医療を学ぶ
一人ひとりの遺伝子診断を基に安全で効果的な薬を選んで使うオーダーメイド医療など、先端医療を学べる科目も多数開講しています。一人ひとりの身体と精神の健康に遺伝子から迫る研究を行う「個体差健康科学研究所」をもつ大学として、ハイレベルな知識と技術を提供しています。

◆海外提携大学と連携し、グローバルな視点を養成
教育や研究で国際的な役割を果たす薬剤師を育てるために、海外の大学で研修活動を行っています。研修先はアルバータ大学(カナダ)、台北医学大学(台湾)などで、何年生からでも参加が可能です。大学・医療施設見学や通訳なども、学生が中心となって行っています。

◆高い国家試験合格率と手厚い指導体制
本学では国家試験対策はもちろん、未履修や苦手科目もフォローする独自の体制で学習環境を整えています。その結果、毎年好結果を残しており、2016年も本学の新卒合格率は92.9%(※)と、全国平均(86.2%)を上回りました。
※合格者104名/受験者112名
定員 160名
対象 男女
年限 6年制
初年度納入金 1,900,000円

歯学部

歯学科

学科の特徴① ◆臨床実習は、病院に加え、さまざまな福祉施設や訪問診療の現場、海外提携大学でも実施
高齢化に伴い、歯科領域でも「チーム医療」「在宅医療」が重要になりました。歯科医師には、地域社会で多職種と連携しながら専門性を発揮することが期待されています。本学科では、歯科に関する専門性を深めることはもちろん、「看護福祉概論」「リハビリテーション科学概論」など学部学科の枠を越えた科目を履修するなど、保健・医療・福祉を幅広く学ぶカリキュラムを展開しています。臨床実習は、学外の高齢者施設や障がい者施設、訪問診療の現場、海外提携大学などでも実施。医療や福祉に携わる多彩な専門職とコミュニケーションをはかる機会を設けるなど、これからの時代に即応できる歯科医師を育成します。

◆2つの附属医療機関でチーム医療を学ぶ
当別キャンパス・歯学部棟直結の歯科クリニックと、札幌あいの里キャンパスの北海道医療大学病院では、多彩な医療スタッフが連携してチーム医療を推進しています。2つの附属医療機関は、1年次見学実習から5・6年次の登院実習まで、本学科の実習の場としてもフル活用されています。
学科の特徴② ◆最新システムと独自教材で実践力の強化を図る
人体に酷似したマネキンや、双方向マルチメディアシステムなどを備えたマルチメディア実習室をフル活用。現場に近い環境で、緻密な技術と診療の流れを体得できます。さらにオリジナルVTR、人工う蝕歯(虫歯)、麻酔モデルなど本学独自開発の教材で、実習効果をさらに高めます。

◆コミュニケーション力向上のために、地元住民の方々の協力も
歯科医師としての態度、倫理観、コミュニケーション力を身につける科目を全学年に配置しています。とくに、4年次「歯科医療行動科学」の問診のロールプレイでは模擬患者として、5・6年次の登院実習では実際の患者として、地元・当別町の住民の方々が協力。リアリティあふれる緊張感が、実習の効果を高めています。実際の人との関わりの中で、医療人としての自覚とやりがいを感じられる教育を展開しています。

◆歯学部独自の特待奨学生制度
本学で実施している独自の奨学金制度のなかに、歯学部特待奨学生制度があります。センター前期A・一般後期B入試にて実施しており、卒業までの学納金を国公立大学と同水準としています。
定員 80名
対象 男女
年限 6年制
初年度納入金 4,100,000円

看護福祉学部

看護学科

学科の特徴① ◆看護と福祉をしっかりとらえ、チーム医療を担う人材を育成
看護と福祉の専門職を総合的にとらえ、相手のことを深く理解し、ヒューマンケアの担い手としてのケアを実践できる看護師を育てます。本学科では看護の知識と技術を学ぶほか、学部学科の域を越えた多彩かつ独自の科目を開講しています。医療系総合大学として持ち得る教育資源を生かし、チーム医療に必要な幅広い視野を育てます。

◆思考力・応用力重視の独自カリキュラム
1年後期から3年前期まで事例を取り入れた演習を実施しています。思考力や応用力を身につけて臨地実習に臨み、より高い実習効果を目指します。さらに、地域の方々に模擬患者として協力してもらうOSCE形式の演習では、さらなる実践力向上を図ります。

◆がん看護をはじめ、医療の高度化、専門化に対応
臨床現場で専門性の高いケアが期待されている分野について、基礎から学ぶことができます。ニーズの高い「がん看護学」は必修科目。手術療法や化学療法などのがん治療の特性や患者さんの生活支援について、また、尊厳ある死を迎えるための看護師の役割、がん患者とともに生きる家族に対する支援なども学びます。
学科の特徴② ◆男子も学びやすい環境
男子が比較的多く、入学しやすい看護学科として、これまで多くの男性看護師を輩出しています。他学部にも男子学生がたくさんいることもあり、「キャンパスで気後れすることもない」と男子も女子も性別に関係なく、のびのびと看護を学んでいます。

◆専門看護師や認定看護師の資格取得に対応した教育環境
大学院では、卓越した専門能力で看護の実践・教育・研究にあたる専門看護師(CNS)や、アメリカの上級実践看護師で日本でも注目が高まるナース・プラクティショナー(NP)も養成。看護教員養成を目的とした科目も設置しています。
定員 100名
年限 4年制
対象 男女
初年度納入金 1,500,000円

臨床福祉学科

学科の特徴① ◆3コースの中から目標とする国家資格を選択。教員免許も取得可能
【目標とする国家資格】
保健福祉臨床コース・・・社会福祉士
精神保健福祉コース・・・社会福祉士、精神保健福祉士
介護福祉コース・・・社会福祉士、介護福祉士
※教職課程の履修&修得で、高等学校教諭一種免許状(公民/福祉)、特別支援学校教諭一種免許状が取得可能です

◆今、注目を集めているスクールソーシャルワーカーを養成
家庭では解決しきれない問題を抱えている児童・生徒を支援し、本人との面接を行いながら周りの生活環境を整えるスクールソーシャルワーカーの養成を、2015年度から行っています。現在、スクールソーシャルワーカーとして活躍する方々も講師として迎え、実際に学校へ訪問して仕事を見学したり、生徒とコミュニケーションを図る実習を中心としたカリキュラムを展開しています。

◆実習やボランティアなど多彩な現場で生きた福祉を学ぶ
1年次から現場体験の機会を提供しています。病院や福祉施設、本学関連施設など、高齢者、障がい者、児童などのケアを行う数多くの施設・機関の協力を受けています。
学科の特徴② ◆医療系、心理学系科目が充実。面談技術向上のためにOSCEも実施
福祉の専門科目だけではなく医療系科目も多数開講しています。医・歯・薬学部で実施される実技テストOSCEを取り入れた実習教育も実施しています。

◆看護学科と連携した授業で、ヒューマンケアの基本を学ぶ
基礎科目は、全学教育科目として主に看護学科の学生と一緒に受講し、専門科目も看護学との関連性を重視した構成となっています。医療の視点を知ることで、総合的ヒューマンケアを実践する福祉専門職として、バランスのとれた実践力が身につきます。また、3年次後期からは全員が希望するゼミナールに所属。卒業論文作成はもちろん、国家試験の受験対策や就職指導まで、きめ細かい少人数制教育が行われています。

◆全国平均を上回る合格率。社会福祉士合格率は道内私大トップクラス
社会福祉士は福祉系最難関ともいわれる国家資格ですが、2016年1月に行われた社会福祉士国家試験では本学新卒合格率は48.5%(※)と全国平均合格率26.2%を大きく上回りました。

※合格者32名/受験者66名
定員 80名
年限 4年制
対象 男女
初年度納入金 1,200,000円

心理科学部

臨床心理学科

学科の特徴① ◆「公認心理師」に対応したカリキュラムがスタート
心理職初の国家資格である「公認心理師」の受験資格取得にむけた新しいカリキュラムを2018年度入学生より開始します。公認心理師を目指すために必要な医療機関での実習を従来より取り入れていた本学の強みを生かし、更に発展させたカリキュラムを展開する予定です。

◆医療系総合大学で学ぶ、文理融合の心理学
本学は医療系総合大学である特徴を生かし、認知科学、行動科学、神経科学、社会科学など、文系・理系の枠を越えて“心”にアプローチします。また、医療現場の心理学を意識して医科学系の科目も数多く組み込んでおり、“心”と身体科学を対応させながら学ぶのが特徴です。

◆病院、福祉施設、企業での臨地実習が必修
心理系学部では全国でも珍しく、3年次に1週間の「臨床心理臨地実習」が必修です。実習先として精神障がい、発達障がいの治療にあたる病院、児童相談所、児童福祉施設など20を超える施設が協力してくれています。また、一般企業などビジネスの現場を実習先として選択することも可能です。
学科の特徴② ◆産業カウンセラーを3年次から受験可能
産業カウンセラーは、職場のメンタルヘルスを担う一般社団法人日本産業カウンセラー協会の認定資格。働く人の職業人生を豊かにするために心理的援助を行います。本学科では、産業カウンセラー資格を3年次から受験可能で、一般社団法人日本産業カウンセラー協会とタイアップの本学専用講習を受講すると受験資格が得られます。

◆ノートパソコン必携でICT技術をフル活用
学生がお互いに体験する数々の心理検査や実験のデータ処理、分析、レポート提出にノートパソコンを活用しています。学内の各種連絡にも使われており、ICTを使いこなす力が自然と身につきます。
定員 75名
年限 4年制
対象 男女
初年度納入金 1,200,000円

リハビリテーション科学部

理学療法学科

学科の特徴 ◆他学部と連携した医学系科目が充実。現場に近い環境を体験する授業
医学系科目は、他学部でも基礎医学科目の講義や演習を担当しているその道のスペシャリストから学びます。また、医療人としての教養や倫理観を身につける「全学教育科目」も開講。チーム医療、多職種連携を実践できる高度な医療人を目指し、学部学科の枠を越えて保健・医療・福祉を幅広く学びます。

◆地域住民と多く触れ合い、コミュニケーションや自身の役割を学ぶ
医療人としてのコミュニケーション力をつけるための科目を多数開講し、高齢者や障がいのある方々と接する機会を数多く設けています。

◆退院後の地域での生活支援を多職種連携で学ぶ
障がいがある方々の支援を目指し、在宅医療や保健分野についても学びます。健康支援活動などへ積極的に参加し、さまざまな職種の人と接することで、チームで取り組む大切さを学びます。

◆臨床実習は医療機関のほか、保健・福祉施設でも実施
病院だけではなく、介護老人保健施設や老人福祉施設、障がい者福祉施設などで行われる実習も必修です。幅広い分野に対応し、地域医療に貢献できる理学療法士を目指します。
定員 80名
対象 男女
年限 4年制
初年度納入金 1,375,000円

作業療法学科

学科の特徴① ◆医療系総合大学ならではの医学系科目が充実
他学部でも基礎医学科目の講義や演習を担当しているその道のスペシャリストが、医学系科目を担当します。他学部の教育資源を生かした医療系総合大学ならではのカリキュラムで、知識を深く学ぶことができます。

◆チーム医療の現場を1年次から体験
入学後の早い段階から医療機関や社会福祉施設などの現場を体験する「臨床見学」が必修です。多職種が連携しながら地域社会に貢献する様子に触れることで、学びの意欲が高まります。

◆発達支援など多彩なアプローチを学ぶ
作業療法士による支援内容もさまざまです。発達障がいのある子どもの運動機能やバランス感覚を養うアプローチもそのひとつ。リハビリテーションの基本から実践まで、高度な知識と技術を体系的に学びます。
学科の特徴② ◆グループワークを積極的に導入
学部学科の枠を越えてディスカッションや、地域住民の方々が模擬患者さん役として協力する医療面接の演習、また、少人数制の研究セミナーでは、討論やプレゼンテーションを重視した教育を行っています。

◆在宅医療にも対応した高度な実践力を育成
社会復帰支援や就業援助について深く学び、理学療法士や介護福祉士などの専門職への理解を深める科目も開講しています。職種と協働することができる作業療法士を目指します。
定員 40名
対象 男女
年限 4年制
初年度納入金 1,375,000円

言語聴覚療法学科

学科の特徴① ◆医学、言語学、心理学。多彩な視点から学ぶ
医療系総合大学である強みを生かし、全身医学の視点から言語聴覚士の専門分野を学べるよう、医科、歯科関連科目を多く開講しています。学部学科の枠を越えた独自のカリキュラムを展開しています。

◆言語聴覚士は、ニーズが高いリハビリテーション専門職
言語聴覚士は、「聞く」「話す」「食べる」に関わる障がいの評価や訓練を行う国家資格。超高齢社会での影響で活躍の場が大きく広がっているリハビリテーション専門職です。

◆北海道医療大学病院を実習にフル活用
札幌あいの里キャンパスには北海道医療大学病院があり、本学科の教員も臨床活動を行う言語聴覚治療室は身近な実習施設です。さらに、全国的にも数少ない音声言語外来も設置しています。

◆コミュニケーション力と、心理学の知識を身につける
身体科学や心理学と対応させながら言語聴覚療法を学び、幅広い視点から問題解決にあたることができる実践力を身につけるほか、コミュニケーション能力向上のために劇団の指導も受けるなど、患者さんの心理的背景に寄り添うことができる高度な言語聴覚士を目指します。
定員 60名
対象 男女
年限 4年制
初年度納入金 1,375,000円

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2014年~2016年3月卒業生実績

  • 北海道大学病院
  • 札幌医科大学附属病院
  • 札幌東徳洲会病院
  • JCHO札幌北辰病院
  • 北海道医療大学病院
  • 市立札幌病院
  • JA北海道厚生連 札幌厚生病院
  • 手稲渓仁会病院
  • KKR札幌医療センター斗南病院
  • 東北大学病院
  • 慶応義塾大学病院
  • NTT東日本札幌病院
  • 札幌西円山病院
  • 旭川医科大学病院
  • 旭川リハビリテーションセンター
  • 弘前脳卒中リハビリテーションセンター
  • 北海道札幌養護学校
  • 社会福祉法人はるにれの里
  • 札幌あゆみの園
  • 明治安田生命保険相互会社
  • 株式会社マツモトキヨシ
  • 株式会社ファーマホールディング【なの花薬局】
  • …など

就職支援

本学全体に寄せられる2016年3月卒業生への求人数は、全国各地の総合病院を中心に年間約30,000人。医療現場での本学卒業生への評価の高さが、専門職としての就職に欠かせない求人の量と質に直結しています。また、開学以来40年以上にわたって卒業生が広く張り巡らせてきた強固なネットワークがあり、後援会や学部ごとの同窓会など、さまざまな活動が盛んです。北海道内はもちろん、全国各地で1万8,000人を超える卒業生が専門職として活躍中なので、Uターン就職も安心です。

各種制度

北海道医療大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

夢つなぎ入試(一般後期、センター後期入試において実施)

本学では、医療と福祉の分野において、将来活躍が期待される人間力豊かで有為な若人たちの進学への希望を経済的側面から支援しようと、「夢つなぎ入試」を実施しています。

◆奨学金の額
初年度入学金の全額と授業料(初年度)の半額を免除します。次年度以降は、学業成績が上位1/3以上で、家計の経済的困難が継続すると見込まれる方に対し、授業料の半額免除を継続して支援します。

◆対象学部・学科
全学部全学科

▼詳細は本学HPをご確認ください
http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~koho/yume/index.html

薬学部特待奨学生(センター前期A入試、一般前期入試において実施)

「薬学部特待奨学生」制度は、将来活躍が期待される人間性豊かな薬剤師を育成するため、特に学業成績及び人物の優れた薬学部入学者に対し、奨学金を給付し経済的に支援することを目的としています。

◆奨学金の額
本学薬学部卒業までの学納金を国立大学と同水準とします。
給付期間は最短修業年限の6年間とします。2年次以降は、前年の学業成績が上位1/3以内の場合、奨学金を継続して給付します。

◆対象学部・学科
薬学部 薬学科

▼詳細は本学HPをご確認ください
http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~koho/yaku_syougaku/index.html

歯学部特待奨学生(センター前期A入試、一般後期B入試において実施)

将来、歯科医学・歯科医療の分野をリードするという高い志を持ち、人物・学業成績とも優れている入学者を支援することを目的として、在学中の6年間の学納金を国公立大学と同水準とする『歯学部特待奨学生』の募集を行います。

◆奨学金の額
本学歯学部卒業までの学納金を国公立大学と同水準とします。

◆対象学部・学科
歯学部歯学科

▼詳細は本学HPをご確認ください
http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~koho/tokubetu/index.html

福祉・介護人材育成奨学生(一般前期、センター前期A・B入試において実施)

人材不足が社会問題となっている福祉・介護専門職の人材育成を図るため、臨床福祉学科を志望する人物・学業成績とも優れている者を支援します。

◆奨学金の額
学納金を390万円減免し、4年間で総額90万とします。

◆対象学部・学科
看護福祉学部 臨床福祉学科

▼詳細は本学HPをご確認ください
http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~koho/fuku_syougaku/index.html

ボランティアから学ぶこと

学生が発案し具現化した本学のボランティア活動の拠点に「社会福祉法人ゆうゆう」があります。地域密着で貢献する本大学の試みは「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」に採択され、実践して福祉・医療を学ぶ好例として全国的に注目を集めています。

海外と共同研究を展開

本学姉妹校のカナダ・アルバータ大学と台湾・台北医学大学など、学部・学科別に提携している海外大学との人的交流はもちろん、共同研究を通じて互いに親睦を深めています。毎年夏にはアルバータ大学への3週間の語学研修を実施するなど、研究・文化の両面から学生の見識を深める制度があります。

学びの分野/学校の特徴・特色

北海道医療大学で学べる学問

  • 人間・心理
  • 福祉・介護
  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

北海道医療大学で目指せる職種

  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 福祉・介護
  • 教育

北海道医療大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 独自奨学金制度
  • 大学院
  • 最寄駅より徒歩圏内

北海道医療大学の所在地

当別キャンパス

所在地

〒061-0293
北海道石狩郡当別町金沢1757

交通機関・最寄り駅

JR学園都市線「北海道医療大学」駅下車、徒歩1分(連絡通路有り)。

北海道医療大学のお問い合わせ先

入試広報課

NTTフリーダイヤル 0120-068-222 (直通) / 電話 0133-23-1211 (代表)
FAX: 0133-22-1835
Mail: nyushi@hoku-iryo-u.ac.jp

  • 学校No.3934
  • 更新日: 2017.11.29

北海道医療大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

北海道医療大学