東京農業大学の学部・学科紹介

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

農学部

「農学リテラシー教育」をコアに「新しい農学」でミライの社会に貢献する

東京農業大学

農学の根幹は、これからの社会をどう作っていくか。食糧生産を中心とした従来の生産農学をベースに、持続可能な社会の構築に寄与するための新しい農学の学びを強化しています。「農」の知識は、今や医療や商品開発にも応用されており、生き物の力を最大限に活用することで、社会はもっと豊かになります。

<次世代型の農学を目指す、4学科それぞれのテーマ>
農学科は、植物生産の現場から消費者までの時代に即した植物生産、流通技術の構築。動物科学科は動物生命科学の追究と生産科学への貢献。生物資源開発学科は、生物多様性の理解と多面的機能の活用。デザイン農学科は、食と農の多面的機能の研究開発と持続可能な社会のデザイン。

<学部全体の取り組み「農学リテラシー教育」>
社会を生き抜くための力や知的基礎力を育むものです。例えば、全学的な「共通演習」に加え、本学部は専門科目を学ぶ基礎となる「基礎演習」を設けています。これらは、ノートの取り方やレポートの書き方、プレゼンテーションの手法などを1年次のうちにマスターし、専門科目を学ぶ上での基礎力向上や、学びを深めるために関連分野を見渡す力、様々な知識を組み合わせ、連携させる力が養われます。

<学際的で特徴のある研究や充実した附置機関>
「新しい農学」の研究の例として、生物資源開発学科の医薬品としての品質基準を満たす国産の薬用植物の栽培、デザイン農学科の昆虫をはじめとした生物の持つ様々な機能を解明し、その仕組みを人間の役に立てようという技術の開発など、他の領域とのかかわりの深い研究ができます。さらに、学部の大きな特徴が伊勢原農場や棚沢圃場、富士農場、植物園といった附置機関です。これら学内外の施設を活用し、それらを取り巻く環境も観察しながら、生産工程を体験することを通じて「農のこころ」を育みます。

新しい農学で、未来の社会に貢献するための知識とスキルを身につけ、広い視野と将来につながるヒントにきっと出会えます。

こんな学問が学べます。

  • 福祉学
  • 化学
  • 応用化学
  • 環境学
  • 環境工学
  • 環境情報学
  • エネルギー・資源工学
  • 農学
  • 農業工学
  • 農業経済学
  • 林学・林産学
  • 農芸化学
  • 畜産学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 生物資源学
  • 生物生産学
  • 生活科学
  • 食物学
  • 教員養成

応用生物科学部

「化学」をベースに応用、そして実用へ 「食」の未来に多角的にアプローチ

東京農業大学

私たち人類は、地球で生き続けるために農業という文明の基礎を築き、植物や動物を育て、それらを食品に加工する知恵と技術を発展させてきました。土から生まれ、また土に還っていく生物の循環サイクルの中で、「食」は人間の体をつくり健康を維持し、次世代へと生命のバトンをつなぐ役割を果たしています。

<食について農学をベースに学ぶ>
本学部では、人間の生命と健康を支える「食」について「農学」をベースに様々な視点から総合的に学び、生産から消費までのプロセスを系統的に研究し、人類の生活の向上や環境問題の解決につなげ、実社会に応用することを目指しています。
その土台となるのは「化学」。化学を学ぶ意義とは、人間を含む地球上の全ての生物そのものを理解することにあります。生物の体は化学反応で動いています。例えば、私たちの生命活動を支える代謝において、エネルギーがどう変化し発生するのか。それを知るためには、たんぱく質など体の構成要素や、代謝の際に必要となる酵素の作用など化学の知識が不可欠です。近年注目されるポリフェノールにおいても、どのように体に良いのか。それは化学を土台とした構造式を理解しないと実用化・応用化することはできません。

<4つの学科構成>
農芸化学科、醸造科学科、食品安全健康学科、栄養科学科の4つの学科から構成され、いずれの学科においても化学・生物学の基礎を1~ 2年次でしっかりと学び、3年次から専門分野で応用に移行していく積み上げ方式のカリキュラムとなっています。食品加工に関する実習・実験の場としては、食品メーカーに匹敵する充実した設備を誇る「食品加工技術センター」を利用し、実践的教育・研究を行っています。また、過去には4学科を横断的につなぐ「プロジェクト研究」を実践。生活習慣病の予防・改善を目的とした「栄養強化米」の開発に取り組みました。今後も各学科の特徴を活かした新たなプロジェクト研究に取り組む可能性もあります。

食・生命・健康などに関心を持ち、「なぜ?」という好奇心をエンジンに課題解決に挑むことができる意欲を持った学生を求めています。そして、習得した知識・技術を実社会で応用し、グローバルな視野を持って、食品・医療・化学・環境・エネルギーなどの幅広い分野で活躍できる人材育成を目指しています。

こんな学問が学べます。

  • 化学
  • 材料工学
  • 応用化学
  • 環境学
  • 環境工学
  • エネルギー・資源工学
  • 農学
  • 農業工学
  • 農芸化学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 生物資源学
  • 生物生産学
  • 生活科学
  • 家政学
  • 栄養学
  • 食物学
  • 教員養成

生命科学部

学びの領域は地球上の全ての生命体 生命現象の謎を解明し、未来に貢献

東京農業大学

生命科学とは、生命を広く学び、未来の社会に貢献する学問です。本学の生命科学部においては、地球上のあらゆる生命を網羅した幅広い学問体系となっています。その領域は、生物のからだを作る有機化合物や細菌、動物細胞、最も小さい生命である微生物から人間・動植物まで、生命と生態系を考える上での全てのサイズを網羅しています。

<3つの学科の網羅性の高さが魅力です。>
「生命現象の謎を解明する」、「化学で生命を理解する」、「微生物の世界を科学する」をモットーに、生命を調節する分子のデザイン、微生物の新機能の創製、植物育種や動物個体発生、脳機能をはじめとする高次元の生命機能の解明などミクロからマクロまでを統合的に捉え、「分子生命化学科」、「分子微生物学科」、「バイオサイエンス学科」の3 つの学科で構成されています。農学の域を超え、医学・理学・工学・薬学といった多くの理系分野をカバーしているのが東京農大の生命科学部です。カリキュラムは、座学で得た知識を自ら実験することで確認し、学びを深化させる体系となっており、社会で必要となる課題発見能力・課題実践力を養います。さらに、研究活動において大切な要素が「五感」です。手や耳、目を働かせる実験室における様々な活動は、この五感を鍛えることにつながります。

<東京農大ならではの土に触れる実習や、他学部との連携研究>
分子生命化学科では、「農場実習」を1 年次に履修し、土に触れながら五感を鍛えることができます。他学部との共同研究が行われているのも特徴です。例えば、国際食料情報学部との共同研究では、熱帯地方のヤムイモの育成に役立つ微生物の遺伝子解析を行いました。その結果、ヤムイモを主食とする地域における栽培技術への応用につながることが分かりました。
このような異分野との融合が、学内の身近なところで実現できるのも、東京農大の生命科学部ならでは。自身が研究する専門分野がどのように応用され社会に役立つのか。研究の先を確認することができることも大きな魅力です。

<大きな可能性を秘めた研究分野と高い大学院進学率>
生命科学は未知なる領域に挑む壮大な学問。学内の充実した研究環境で実験・研究を進めれば進めるほど、究めたい気持ちが増すことでしょう。実際に本学部は高い大学院進学率を誇ります。新たな発見は、研究論文として海外の国際学術雑誌で発表、世界に発信します。昨今、メディアで研究成果が伝えられるiPS 細胞やゲノム編集技術、脳科学、バイオインフォマティクスをはじめ、研究分野は無限の可能性を秘めています。誰も辿り着いたことがない未知の発見に挑むことができることが学びの醍醐味。未来の教科書に載るような新たな発見を目指し、チャレンジしてください。

こんな学問が学べます。

  • 物理学
  • 化学
  • 材料工学
  • 応用化学
  • 環境学
  • 環境工学
  • エネルギー・資源工学
  • 農学
  • 農業工学
  • 農芸化学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 生物資源学
  • 生物生産学
  • 教員養成

地域環境科学部

人が生活する環境全てが研究分野 生命に関わる幅広い課題を“ 技術”で解決

東京農業大学

地域環境科学部のキーワードは「技術」です。私たちが暮らす諸地域には温暖化や大気汚染、不安定な食糧生産、過疎化など、環境問題や社会問題が山積しています。それらの課題を自然との関わりの中で考え、人間の生命と生活を守るための技術を学び、解決していきます。

<「測る」という科学技術の基本をフィールドワークで実践し、理解する>
学部で共通する学びは「測る」、「ものをつくる」ということ。それらを習得するために主眼を置いているのが、フィールドワークによる実体験です。全学科共通で体験するのが測量実習。科学技術の基本は測ることですが、それがいかに奥深いことであるか、まず知って頂きたいと考えています。長さや重さ、角度、質量など、ものには必ず実際の値があります。しかし、どんなに精密なスケールを使ったとしても、私たちは誤差を含んだ数値しか知ることができません。そのことを理解した上で物事を深く考察し、技術を学んでください。

<4つの特色ある学科>
本学部は、地域づくりのための総合的な研究と人材育成を行うことを使命とし、4学科で構成されています。人と森林の共生社会を創る森林総合科学科。農業土木技術と農業機械技術を応用し、地球規模の環境保全を目指す生産環境工学科。自然の力を活かして快適な環境を創り出す造園科学科。里山などの農山村地域を保全・再生して、活性化を促す地域創成科学科。いずれも自然と人間が共生できる循環型社会の実現を目指しています。農学系の学部がある大学において、森林総合科学科や造園科学科を設置する大学は多くありません。また、地域創成科学科は地域の在り方を自然科学だけでなく社会科学の観点からも学ぶことができる、新たな学問領域です。

<学科によって変わる、横断的な視点の在り方を学ぶ>
1年次には、学科を横断する形で社会の課題を学ぶカリキュラムも設置。例えば、地球温暖化の問題を学ぶ際、森林総合科学科と生産環境工学科の視点では捉え方が変わってきます。所属する学科以外の視点も学び理解することで、様々な角度からものを見る力を養い専門分野の学びに活かすことができます。地域環境学部の「地域」は、人が生活する全ての環境です。生物に対する深い理解を学びの基礎に置き、自然と人間が調和する地域環境と生物資源を保全し、それを利用しながら管理していく。そのための科学技術の確立を目指しています。

地域が豊かになれば、私たちの生活も豊かになります。さらに世界が共に手を携えれば、地球自身を豊かにすることもできます。それこそが、地域環境科学部がコンセプトとする「地球規模で考えながら地域で行動する。地域での行動から地球環境に貢献する。」です。

こんな学問が学べます。

  • 物理学
  • 化学
  • 地学
  • 応用化学
  • 土木工学
  • 環境学
  • 環境工学
  • 環境情報学
  • エネルギー・資源工学
  • 農学
  • 農業工学
  • 林学・林産学
  • 農芸化学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 生物資源学
  • 生物生産学
  • 教員養成

国際食料情報学部

食・農・環境・ビジネスの専門性を武器に社会に貢献するスペシャリストを育成

東京農業大学

今日、地球規模の課題である食料・農業・農村問題。国際食料情報学部は、「日本と世界の食料・農業・農村問題の解決に向けて、国際的情報網の活用のもと総合的・実践的に挑戦する」ことをモットーとしています。

<「文理融合」と「社会科学系」を特色とする4学科体制>
農業・農村の開発とそのための国際協力の推進、持続可能な食料生産システムと循環型社会の構築、食料の生産・加工・流通を担うビジネスの展開、日本が誇る食農文化の継承・発信など、グローバルな視野で幅広く学べる学部です。「文理融合」を特色とする国際農業開発学科と国際食農科学科では、自然科学・社会科学双方の領域から専門分野の学びを深めていきます。「社会科学系」の食料環境経済学科と国際バイオビジネス学科では、食と農をベースに経済学や経営学を学び、地球規模の課題解決に多角的にアプローチします。

<実験・実習・演習や研究室活動を中心とするキャンパスでの学習とフィールドワークを結合>
農場実習やファームステイ、企業視察研修など、各学科で体系づけられたカリキュラムの中で、1年次から3年次に段階的に現場実習を体験します。現場実習を通して、将来、職業人として必要となる技能・職業倫理やコミュニケーション能力を身につけることができます。マルシェや、学生×社会 共創プロジェクト「Bridge」など、学科ごとに地域と連携するユニークなプロジェクトも、農をベースとする本学ならではの貴重な学びの場となっています。

<東京農大随一の海外ネットワーク>
また本学部の強みの一つが、国内外の各種機関とのネットワークの存在であり、留学生の多さです。海外協定校との連携をはじめ、卒業生や研究室活動で築いた縁や継続的な関係が、バラエティに富んだ学部の教育・研究を支えており、国際感覚を磨くこともできます。

<自分のやりたいことや進路の目的を見出せる様々な学びや体験>
本学部では、早期から具体的な方向性や目的意識を持って学ぶ学生も多いですが、入学時に入りたい研究室や就職したい企業が決まっていなくても不安に感じることはありません。4年間で多岐にわたる学びと体験を重ねる中で、自分のやりたいことや進路を見つけていく学生も多く、各学科に配置されている多彩なプログラムや実習のチャンスがそのきっかけとなっています。農学を頭で学ぶだけではなく、現場を知り、生産から販売までを一貫して体験することで、食・農・環境・ビジネスへの理解が深まり、将来活躍できるフィールドも可能性が広がっていくことでしょう。

幅広い学びによって、国内外の現場を理解した国際的な人材、科学技術を理解した経済・経営の専門家、経済社会を理解した食農の専門家を養成します。

こんな学問が学べます。

  • 経済学
  • 経営学
  • 国際文化学
  • 化学
  • 応用化学
  • 環境学
  • 環境工学
  • 環境情報学
  • エネルギー・資源工学
  • 農学
  • 農業工学
  • 農業経済学
  • 林学・林産学
  • 農芸化学
  • 畜産学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 生物資源学
  • 生物生産学
  • 教員養成

生物産業学部

オホーツクの大自然が可能にする深い学び 最高のフィールドが育む「人間力」

東京農業大学

生物産業学部の最大の特徴は、日本の食料生産基地の大きな拠点である北海道・オホーツクにキャンパスがあることです。水産業、農業が非常に盛んであり、1次産業や自然保護における最先端のノウハウと技術を持った人たちと出会い、目の前で課題を聞き、教えて頂く機会もあります。現場で吸収する学びを持って、学内でさらに理論的に深化させていきます。周囲には、世界自然遺産の知床や北海道で最も歴史のある国立公園の1つである阿寒摩周国立公園といった永続的に守るべき自然も存在します。学びにつながる一流の人々と自然が並立するオホーツクは、まさに生物産業の最前線です。

<オホーツク地域ならではの教育を提供する4学科>
北方圏農学科、海洋水産学科、食香粧化学科、自然資源経営学科から成る4学科は、いずれも学びの場はフィールドが中心です。世界有数の生物生産現場であるオホーツク地域には、世界的レベルの課題も数多く存在し、それらをリアルに専門分野の材料にできる点が学びの醍醐味でしょう。

<9 割が道外からの学生で構成>
多くの学生が親元を離れての一人暮らしになりますが、先輩や教員のサポートに加え、地域の方々が様々な場面で支えてくれています。厳しい北の大地で多様な人々と交流することが、人間形成につながり社会人として力強く生きる力を養います。自然豊かなオホーツクの海と大地で感動し、体験し、学び、究める。東京農大の精神である「質実剛健」「不羈独立」「自彊不息」を体得し、社会で逞しく生きていく人間力を身につけてください。

こんな学問が学べます。

  • 経済学
  • 経営学
  • 化学
  • 応用化学
  • 環境学
  • 環境工学
  • 環境情報学
  • エネルギー・資源工学
  • 農学
  • 農業工学
  • 農業経済学
  • 林学・林産学
  • 農芸化学
  • 畜産学
  • 水産学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 生物資源学
  • 生物生産学
  • 美容
  • 食物学
  • 教員養成
  • 学校No.369
  •  

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす