公立はこだて未来大学の入試出願・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

公立大学 公立はこだて未来大学

科学とデザインの融合をめざして新たな未来をデザインする力を磨く!1学部2学科5コース設置の“未来大”

この世界を構成するあらゆる要素を「情報」と考え、その情報が相互に関連し合う「システム」として社会をとらえるのが、「システム情報科学」という学問です。コンピュータ技術を基盤として、情報技術やデザイン、コミュニケーション、認知心理学や複雑系、人工知能などの多彩なジャンルが有機的に融合した新しい学問領域です。

問題の発見から解決までをチームで解決しながら学ぶ「プロジェクト学習」は、マサチューセッツ工科大学やスタンフォード大学など世界有数の大学が導入している横断型学習で、未来大は開学以来、これを全学生必修で取り入れています。主体的に「やりたいこと」を探求できる、最先端の環境と一歩先を行く学びがここにあります。

多彩な技術力と実践的能力が高く評価されるとともに、「情報処理技術者試験」「TOEIC」など資格取得支援や、毎年200社を超える学内での企業説明会の開催など、将来を具体的な形にする支援も行っており、就職に強いことも未来大の特長です。
システム開発、ロボット開発、人工知能、WEB開発、製品デザイン、地域貢献、エンターテインメントなど、さまざまな分野の将来が待っています。

公立はこだて未来大学 PRイメージ1
公立はこだて未来大学 PRイメージ2
公立はこだて未来大学 PRイメージ3

トピックス

2019.03.01

科学技術と市民を結ぶ~「はこだて国際科学祭」「はこだて科学寺子屋」~

一般市民と科学技術とのギャップを埋めることをめざした科学コミュニケーションという活動が、近年盛んになっています。函館地域では、日本で最初の本格的な科学フェスティバル「はこだて国際科学祭」を2009年から毎年8月に開催しています。これは本学教員らが中心となり、地域の高等教育機関や行政を巻き込んで推進してきたもので、観客動員数1万人を超える地域の一大イベントとなっています。地域ですでに科学コミュニケーション活動に取り組んできた方々の参加はもちろん、地域内外からのゲストの公演、企業のCSR(社会的責任)プログラムの参画など、国際科学祭という名にふさわしい広がりのあるフェスティバルが実現されています。

また、科学祭と表裏をなす取り組みとして、科学技術を理解する、親しむ、楽しむことができるような体験や学びの場を広げること。その担い手としての市民ボランティアの創出をめざす、「はこだて科学寺子屋」の運営を主導し、夏期集中講座の開講のほか、定期的にワークショップなどを開催しています。

2019.03.01

3つのMIT ~未来大の重点研究領域~

本学では教員間のさまざまな学際的共同研究が行われており、次の3つの重点研究領域を掲げています。それぞれの領域の頭文字「M」から、「3つのMIT」と呼んでいます。

~3つのMIT~
◇[Mobile(モバイル)IT]
函館市を実証実験フィールドとして、世界に先駆けて全自動制御によるフルデマンド公共交通システム「SAVS(Smart Access Vehicle System)」の運用実験に成功しています。

◇[Marine(マリン)IT]
水産・海洋分野とITを融合するための取り組みで、海という自然を相手に、季節や時間、天候によって変化し続ける様子や、水産物の資源量を正しく捉えるための技術の開発と社会実践に取り組んでいます。

◇[Medical(メディカル)IT]
長期入院を余儀なくされるような乳幼児患者とそのご家族をフォローする入院マニュアルの作成や、認知症の予防や症状緩和につながる高齢者との語り合い、ライフヒストリーの傾聴を通じたケア、健康・医療情報のライフログ化など、多岐にわたるテーマに教員と学生らが一体となって取り組んでいます。

募集内容・学費

公立はこだて未来大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

システム情報科学部

情報アーキテクチャ学科

コース ◇情報システムコース
◇高度ICTコース
◇情報デザインコース
概要 銀行システムや航空機予約システムなどは、現代社会の根幹をなすシステムです。このような大規模システムを間違いなく構築できる人材が必要とされています。また、情報を間違いなく伝えるための情報デザインの重要度が高まっています。本学科では、情報システムのインタフェースや仕組みをデザイン・構築できる人材を育成します。
定員 240名
◇システム情報科学部の総定員数。情報アーキテクチャ学科120名ですが、学部一括で入学者を選抜し、2年進級時に各学科へ配属します。
対象 男女
年限 4年
学費 ◇初年度納入金◇
-------------------------------------------------
[入学料]
北海道渡島・檜山管内の者:226,000円
その他の者       :310,000円
-------------------------------------------------
[授業料]
年額          :535,800円
-------------------------------------------------
備考

2019年4月実績

複雑系知能学科

コース ◇複雑系コース
◇知能システムコース
概要 現代社会では、環境問題のように人間も含めたさまざまな要因が複雑に絡まりあい、人手による解析や制御が困難な問題が増えています。今後の社会システムの構築には、コンピュータを駆使した解析とデザインが不可欠です。また、人間の認知の仕組みの理解も重要です。本学科では、大規模で複雑なシステムの解析と運用、人工世界と人工知能のシステムの構築、この両者を学び未来社会をデザインできる人材を育成します。
定員 240名
◇システム情報科学部の総定員数。複雑系知能学科120名ですが、学部一括で入学者を選抜し、2年進級時に各学科へ配属します。
対象 男女
年限 4年
学費 ◇初年度納入金◇
-------------------------------------------------
[入学料]
北海道渡島・檜山管内の者:226,000円
その他の者       :310,000円
-------------------------------------------------
[授業料]
年額          :535,800円
-------------------------------------------------
備考

2019年4月実績

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2018年3月卒業生実績

  • ㈱アイスタイル(アットコスメ)
  • ㈱アドウェイズ
  • ㈱アルプス技研
  • HISホールディングス㈱
  • ㈱エイチ・アイ・ディ
  • ㈱HBA
  • ㈱エスイーシー
  • SCSK㈱
  • SCSK北海道㈱
  • ㈱SCC
  • NRIシステムテクノ㈱
  • ㈱NTTデータ北海道
  • ㈱NTTデータMSE
  • ㈱ジャパンテクニカルソフトウェア
  • ソフトバンク㈱
  • ダイヤモンドヘッド㈱
  • ㈱ナビタイムジャパン
  • 日鉄日立システムエンジニアリング㈱
  • 日本アイビーエム・ソリューション・サービス㈱
  • 日本ビジネスシステムズ㈱
  • ㈱ハイマックス
  • プログレス・テクノロジーズ㈱
  • ㈱富士通ビー・エス・シー
  • 北洋システム開発㈱
  • 北海道NSソリューションズ㈱
  • 三菱UFJインフォメーションテクノロジー㈱
  • ヤフー㈱
  • 楽天㈱
  • リコージャパン㈱
  • …など

就職者数実績97.5%(民間就職決定者157名/民間就職希望者161名/2018年3月卒業生実績)

就職支援

本学では、2004年3月に1期生が卒業して以来、高い就職率を達成し続けてきました。首都圏の大手メーカー、有力IT企業などに多くの卒業生が継続的に就職してきた背景には、先輩たちのめざましい活躍と、本学生への高い評価があります。

本学では、実績に甘えることなく、きめ細かい就職支援体制を整えています。3年次にはキャリアガイダンスを毎週開催し、在学生の社会的・職業的自立に必要なさまざまな知識、ビジネスマナーなどを身につける場を提供しています。また、担当の教職員等による個別の面接指導や相談、東京サテライトオフィスを窓口とした首都圏での就職活動支援を行っています。

そして、 企業との良好な関係を構築していることも、本学の大きな特徴です。毎年、本学内でキャリアセミナーを開催し、多数の企業ブースを出展していただき、在学生の就職活動の原動力になっています。

各種制度

公立はこだて未来大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

4年間の学び

入学時には、所属学科は未定です。初年度は、まず「FUNリテラシー」。すなわち、数学、プログラミング、コミュニケーションなどの基礎的な事柄をじっくりと学びながら、自分の興味の針路を見い出していきます。そして1年次の終わりに、学科・コースを選択します。

~学びの流れ~
◇[1年次]
数学、プログラミング、コミュニケーションなどの基礎的な事柄を修得。

◇[2年次]
各自の専門性を高めていくステップへ進みます。高校までとは次元のちがう学びがいよいよ本格的にはじまります。

◇[3年次]
ハイライトは、プロジェクト学習。いくつかの分野にまたがる課題に対してプロジェクトを組み、教員や仲間たち、そして地域と関わりながら、実践的な学びを深めます。3年次の終わりに所属する研究室を決定します。

◇[4年次]
大学生活の集大成である卒業研究に打ち込みます。計画と行動、そしてチェックと改善のプロセスが、身につけた知識や技術を自分の中にしっかりと根づかせます。中間発表会や最終発表会など、学内で一斉に実施されるイベントでは、その後の財産となるプレゼンテーション能力が鍛えられます。

プロジェクト学習

近年の社会は、解がひとつに定まらない、あるいは解のない複雑な問題にあふれています。3年次全員必修のプロジェクト学習は、そのような実社会に根ざした問題群を解決していく方法を探求。異なる学科・コースの学生が混じり合ってチーム共同で学ぶ、本学の根幹をなすユニークなプログラムです。

さらに、地域社会をフィールドとしたプロジェクトや、企業の研究開発部門の方々と連携しながら取り組むプロジェクトが多いのも、大きな特徴となっています。 授業では課題が具体的に与えられることはありません。1年間を費やしてモノづくりやシステムづくりを自身でめざすことによって、実社会の中で自ら問題を見い出し解決する力とチームワーク力を身につけます。

FUNリテラシー

本学では、FUNリテラシー(※)と名づけた基礎力の養成を重視しています。システム情報科学を履修する上で最低限必要な、いわば「読み書きそろばん」の基礎技能です。その第1と第2には、「日本語と英語によるコミュニケーション」が挙げられます。知識や教養としての言語ではなく、伝えるためのツールとしての習熟をめざし、自分の考えを言語化して他者にわかりやすくコミュニケーションするための力を身につけます。

また、第3には、言語の基礎力のひとつに含まれる「プログラミング言語」。第4には、「数学」です。数学の基礎力がなければ、プログラミングの基礎が身につきません。そして、第5には、「デザイン」。ここでいうデザインとは色や形のことだけではなく、問題を見いだし解を与えるためのコミュニケーションとモノづくりの体系的プロセスを指します。

こうした基礎力の養成を重視したリテラシー科目群と、一般教養と専門教養からなる教養系科目群が、本学独自の基礎教育体系を形成しています。

※FUNは本学独自の略称

メタ学習ラボ

アクティブラーニング(能動的学習)、フリップクラスルーム(反転授業)といった、新しい教育方法の導入が活発化するなかで、予習・復習など、授業外の学習環境づくりが重要になっています。本学では、学生が互いに教えあうピアチュータリングの環境として「メタ学習ラボ」を提供しています。

「メタ学習ラボ」では、得意分野をもつ学生が、学習で悩みを持つ学生のチューター(指導役)となり、より良い学習方法や考えるヒントを共同で見つけ出します。重要なのは、それぞれの立場で学びが生まれること。学生チューターたちは自ら主体的に研修を重ね、学びの効果と価値を実感しています。

コネクションズカフェ

英語学習のための「コネクションズカフェ」という場を提供しています。ネイティブスピーカーのファシリテーターを中心に、英会話や TOEIC(R)受験指導などが日々行われています。そのほか、数学の補講などもきめ細かく実践されています。

どの場面でも最も大切なのは、学びへの自主的な意欲と、ルーティンをなぞるだけではない、ひとりひとりに合った「学び方」(メタスキル)を意識的に身につけていくことです。

学びの分野/学校の特徴・特色

公立はこだて未来大学で学べる学問

  • 人間・心理
  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 芸術・表現・音楽

公立はこだて未来大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • ビジネス・経営
  • 公務員・政治・法律
  • デザイン・芸術・写真
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画

公立はこだて未来大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 学生用駐車場

公立はこだて未来大学の所在地

キャンパス

所在地

〒041-8655
北海道函館市亀田中野町116-2

交通機関・最寄り駅

JR「函館」駅より函館バス105系統の「はこだて未来大学・赤川」行きに乗車し(乗車時間約45分)、「はこだて未来大学」停留所下車、徒歩1分。

公立はこだて未来大学のお問い合わせ先

教務課(入試・学生募集担当)

電話 0138-34-6444 (直通) / 電話 0138-34-6448 (代表)
Mail: exam@fun.ac.jp

  • 学校No.3557
  • 更新日: 2019.03.01

公立はこだて未来大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

公立はこだて未来大学