東京外国語大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

国立大学 東京外国語大学

 東京外国語大学の学部・学科情報等を紹介

東京外国語大学の学部や学科情報、キャンパス所在地などを紹介しています。最新の情報は学校公式HPや学校パンフレットを取り寄せてご確認ください。

募集内容・学費(2017年04月 実績)

東京外国語大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

言語文化学部(2017年04月 実績)

言語文化学科

概要 言語文化学部では、受験時の募集単位(言語)が「世界教養プログラム」で主に学ぶ言語となり、3年次から「言語・情報コース」「グローバルコミュニケーションコース」「総合文化コースコース」の中でいずれかのコースを選択します。
それぞれのコースに、多岐にわたる分野の専門家の教員が多く在籍しており、ゼミ選択の際にいろいろな専門に進むことができます。

1~2年次は「世界教養プログラム」にて、専門を学ぶための基礎スキルとして語学や配属地域に関することを学修するとともに、国際社会で活躍する一職業人として欠かせない知性と教養を磨きます。また、コースの導入科目の履修を通じて、自分の進みたいコースを絞っていきます。

豊かな教養と想像力をもち、地球社会のさまざまな局面において活躍できる問題解決能力を身につけ、多様な分野の第一線で活躍できるグローバルな人材の輩出を目指しています。また、この教育目標を実現するために、中等教育を通じての外国語、国語、社会、数学、理科など諸教科に関する基礎知識を備え、高度な外国語能力を生かして国際社会で活躍したいという学生を広く募集しています。
定員 募集単位(言語) 355名

・募集単位(言語)
英語/41名
ドイツ語/27名
ポーランド語/7名
チェコ語/7名
フランス語/27名
イタリア語/14名
スペイン語/30名
ポルトガル語/13名
ロシア語/30名
モンゴル語/7名
日本語/10名
中国語/28名
朝鮮語/14名
インドネシア語/10名
マレーシア語/5名
フィリピン語/7名
タイ語/7名
ラオス語/5名
ベトナム語/6名
カンボジア語/5名
ビルマ語/5名
ウルドゥー語/7名
ヒンディー語/10名
ベンガル語/5名
アラビア語/14名
ペルシア語/7名
トルコ語/7名
※前期日程試験、推薦入試の募集人数の合計
年限 4年
学費 入学料 282,000円
授業料 535,800円
(2017年04月 実績)
●言語・情報コース 概要 言語・情報コースでは、人間のあらゆる知的な営みの根源となる言語が、どのような仕組みで出来ているのか、どのように習得されるのか、人間や社会とどう関わっているのかなど、言語そのものを多角的に分析する能力を養います。
世界の諸地域に生まれた多様な言語について、その構造(音声・語彙・文法・文字表記など)を学ぶ授業、言語と歴史、言語と文化、言語と社会、言語と文学、等の関係をさぐる授業、諸言語の普遍的な性質を追究し、複数の言語を対照して違いや共通点を見出していく授業などが用意されています。
言語学、音声学、社会言語学、言語教育科学、統計科学、計算言語学などが学べます。
●グローバルコミュニケーションコース 概要 グローバルコミュニケーションコースでは、言語教育、通訳・翻訳、多言語・多文化のコーディネーターに関する理論と技能を学び、学際的・専門的知識に裏打ちされたコミュニケーション能力とコーディネーション能力を養います。
本コースでの学びを根底に、深い教養、広い視野、ものごとを論理的に考える能力をもち、魅力的なヒューマンコミュニケーションのできる国際教養人の育成を目指します。

英語教育学、日本語教育学、通訳・翻訳研究、コミュニティ通訳研究、多文化社会コーディネーション研究などが学べます。
●総合文化コース 概要 総合文化コースでは、世界の多様な文化について、その歴史的背景や表現様式、文化接触などのさまざまな視点から学び、文化の壁を超えてものごとを考える広い視野と、新しい価値を生み出す豊かな創造力を養います。文学、地域文化研究、思想文化研究、文化交流史、人間科学などが学べます。

「言語は文化の鏡である」と考え、母語ではない言語を学び、他者の文化を知ることで、自分を知ると同時に、地球上のさまざまな文化と文化の架け橋となることのできる人材の輩出を目指しています。
備考

※各コースは2年次の春学期中に決定し、2年次秋学期の概論科目履修を経て、3年次より本格的な専門分野の学修に入ります。

国際社会学部(2017年04月 実績)

国際社会学科

概要 国際社会学部では、受験時の募集単位(地域)が「世界教養プログラム」で主に学ぶ地域となり、3年次から「地域社会研究コース」「現代世界論コース」「国際関係コース」の中でいずれかのコースを選択します。
それぞれのコースに、多岐にわたる分野の専門家の教員が多く在籍しており、ゼミ選択の際にいろいろな専門に進むことができます。

1~2年次は「世界教養プログラム」にて、専門を学ぶための基礎スキルとして語学や配属地域に関することを学修するとともに、国際社会で活躍する一職業人として欠かせない知性と教養を磨きます。また、コースの導入科目の履修を通じて、自分の進みたいコースを絞っていきます。

将来、国際性の問われる局面においてグローバル化された感性をもって、異なった文化をもつ社会や、政治的・経済的な難題を前に粘り強く対応できる人材の育成を目指しています。また、この教育目標を実現するため、中等教育を通じて国語、外国語、社会、数学、理科などに関する基礎知識を備え、一方通行的な知識の伝授ではない、参加型、討論型の授業を切望し、さらに外国語の能力を実践的に用いて活躍したいという学生を広く募集します。
定員 募集単位(地域) 360名

・募集単位(地域)
北西ヨーロッパ/11名
中央ヨーロッパ/41名
西南ヨーロッパ第1/41名
西南ヨーロッパ第2/17名
ロシア/25名
北アメリカ/16名
ラテンアメリカ/27名
日本/5名
東アジア/42名
中央アジア/13名
東南アジア第1/21名
東南アジア第2/28名
南アジア/21名
西アジア・北アフリカ/27名
アフリカ/15名
オセアニア/10名

※前期日程試験、後期日程試験の募集人数の合計
年限 4年
学費 入学料 282,000円
授業料 535,800円
(2017年04月 実績)
●現代世界論コース 地域社会研究コースでは、世界のなかの特定の地域について、その歴史的なりたち、現在の政治・経済・社会を総合的に学びます。具体的にその地域がどんな歴史を持ち、そこでのひとびとの暮らしはどのような特徴をもっているのか、その地域の社会が今後日本の社会とどのようなつながりを開き、発展させるのか、という問題を扱います。

複雑怪奇な様相を呈している現代世界に生じる複雑多様な問題群を発見し、柔軟で批判的な思考によって問題の本質をとらえ、深くて幅広い専門知識や技術をもって、粘り強く問題解決のために行動することのできる人材の育成を目指します。
●地域社会研究コース 現代世界論コースでは、何よりもまず具体的に生れ出ている問題に照準を合わせ、そうした課題の解析、解決の手立てといった、よりよい世界を生み出していくための論理を、普遍的な思想や理論を参照しながら考察していきます。また、解決策だけにとどまらず、そもそも問題を発見したり課題を設定したりする力が自然に身につくよう、段階的に学びを行っていきます。
本コースの学生には、専攻した地域の言語および英語の運用能力はもちろん、自己文化を相対化し、異なる社会や文化の中で生活している人々への基本的な理解をもつことが期待されています。
●国際関係コース 国際関係コースは、法・経済・政治の三つの次元で、社会科学分野を主に、理論的・歴史的アプローチをベースにした国際関係全般の理解を学習の中心的目的としています。学術的志向だけでなく、政策立案的志向性もあわせて持っており、そのための実践的な学習ができるよう配慮されています。

国際社会の現実を、様々な角度から社会科学的手法をもちいて理論的・歴史的・実証的立場から理解していくと同時に、政策志向的に考える能力を持ち、国際機関やグローバルな企業や団体をはじめとして、国際関係を専門とする広い範囲の仕事に従事する人材を育成することを目的としています。
備考

※各コースは2年次の春学期中に決定し、2年次秋学期の概論科目履修を経て、3年次より本格的な専門分野の学修に入ります。

学びの分野/学校の特徴・特色

東京外国語大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 法律・政治
  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 人間・心理
  • 語学・外国語
  • 国際・国際関係
  • 教育・保育

東京外国語大学の特徴

  • センター利用入試制度
  • 独自奨学金制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

東京外国語大学の所在地

府中キャンパス

所在地

〒183-8534
東京都府中市朝日町3-11-1

東京外国語大学のお問い合わせ先

入試課入学試験係

電話 042-330-5179 (入試課直通)

  • 学校No.2480
  • 更新日: 2017.03.01

東京外国語大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

東京外国語大学