東日本航空専門学校の資料請求・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

東日本航空専門学校 PRイメージ

最前線で活躍する航空業界のプロを養成

3学科を設置する東日本航空専門学校は、航空業界の最前線で活躍するエアポートスタッフを養成する専門学校です。

「航空機整備科」は、高度な知識と技術力に加え、高い意識と強い責任感が求められる航空機整備に必要な基本事項を修得するとともに、国家資格の取得や技術・技量を身に付け、大空の安全運航を支えるメカニックのプロを養成します。

「空港エンジニア科」は、マーシャラーやグランドハンドリングといった航空機輸送に関わる地上支援業務や航空貨物取扱業務のプロを育成します。

「エアポートビジネス科」は、グランドスタッフ、エアカーゴの取り扱いなど「地上職」と呼ばれるエアポートスタッフを養成します。航空旅客・貨物取扱業務、無線工学、旅行業務などのほか、英会話も学びます。

また、姉妹校「東北電子専門学校」との連携によるコンピュータ教育やインターンシップ、各種資格試験対策を徹底するなど、姉妹校挙げてのさまざまな取り組みが毎年優れた就職実績を支えています。

東日本航空専門学校 PRイメージ1
東日本航空専門学校 PRイメージ2
東日本航空専門学校 PRイメージ3

募集内容・学費

東日本航空専門学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

航空機整備科

コース ◇整備士養成コース
◇整備技術コース
概要 最先端の技術を駆使した航空機の整備にも、高度な知識と技術力に加えて、安全に対する高い意識と強い責任感が求められます。
本学科では、航空機整備に必要な基本事項を修得するとともに、整備経歴や在学中の国家資格の取得をめざします。
さらに、姉妹校・東北電子専門学校との連携によりコンピュータ教育にも力を注ぎ、企業ニーズに応える航空機整備のプロフェショナルを養成します。
定員 ・整備士養成コース:30名
・整備技術コース:20名
対象 男女
年限 ・整備士養成コース:3年
・整備技術コース:2年
学費 [初年度納入金]
1,318,000円
*教科書代、諸経費を含む。これ以外の費用は一切かかりません。
*資格検定受験料は自己負担
めざせる仕事 ・航空整備士
・航空機製造
・航空機装備品整備
・航空・宇宙開発関連の整備、部品製造
 …など
めざせる資格 ・二等航空運航整備士(飛行機)
・基本技術Ⅱ
・航空無線通信士
・特殊無線技士(航空)
・危険物取扱者(乙種第1~6類)
・実用英語技能検定
・TOEIC(R)テスト
 …など
備考

2022年4月実績

空港エンジニア科

概要 さまざまな航空機が頻繁に離発着する空港。本学科では、航空機の安全運航をサポートすることを目的とした航空機の誘導やけん引などのグランドハンドリング業務、拡大する輸出入に伴って年々増加する航空貨物[エアカーゴ]の取扱業務などの分野で活躍できるスタッフを養成します。
定員 40名
対象 男女
年限 2年
学費 [初年度納入金]
1,190,000円
*教科書代、諸経費を含む。これ以外の費用は一切かかりません。
*資格検定受験料は自己負担
めざせる仕事 ・空港業務スタッフ(グランドハンドリング、マーシャラー)
・航空燃料給油
・エアカーゴ
・空港セキュリティ
 …など
めざせる資格 ・フォークリフト運転技能者
・特殊無線技士(航空、陸上)
・大型特殊運転免許
・牽引自動車運転免許
・危険物取扱者(乙種第4類)
・TOEIC(R)テスト
・実用英語技能検定
 …など
備考

2022年4月実績

エアポートビジネス科

概要 世界を舞台に旅客、貨物などの輸送を担う航空業界のなかでも多数を占めているのは、グランドスタッフ、エアカーゴの取り扱いなど、「地上職」と呼ばれる分野です。本学科は、航空旅客・貨物取扱業務、航空機概論、無線工学、旅行業務、マナーレッスン、コンピュータなどをはじめ、国際人としての英語・英会話も学び、多彩に活躍できるエアポートスタッフを養成します。
定員 40名
対象 男女
年限 2年
学費 [初年度納入金]
992,000円
*教科書代、諸経費を含む。これ以外の費用は一切かかりません。
*資格検定受験料は自己負担
めざせる仕事 ・グランドスタッフ全般
・カウンター業務
・ディスパッチャー
・コントロール業務
・航空貨物取扱業務
・トラフィック業務
・バゲージクレーム業務
・ゲート業務
・空港インフォメーション
・保安検査
・トラベルスタッフ
 …など
めざせる資格 ・実用英語技能検定
・TOEIC(R)テスト
・インフィニ検定
・特殊無線技士(航空)
・国内旅程管理主任者
・国際航空貸物取引士(ディプロマ)
・サービス接遇検定
・日本・旅行地理検定
・秘書検定
 …など
備考

2022年4月実績

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2021年3月卒業生実績

  • ANAベースメンテナンステクニクス
  • ANAラインメンテナンステクニクス
  • ANAエアポートサービス
  • ANA成田エアポートサービス
  • ANA関西空港
  • ANA新千歳空港
  • ANAケータリングサービス
  • JALエンジニアリングJAL CAF FLIGHTPTRAINING
  • JALグランドサービス
  • JALグランドサービス札幌
  • JALカーゴハンドリング
  • JALカーゴサービス
  • JALスカイ札幌
  • AIRDO
  • ジャムコ
  • 中日本航空
  • 東邦航空
  • 川西航空機器興業
  • サンコー・エア・セルテック
  • 全日空モーターサービス
  • 東北エアサービス
  • スカイマーク
  • エスエーエス
  • エコーパートナーズ
  • CKTS
  • BLUE HANDLING
  • インテックス
  • エイコー
  • 日本空港サービス
  • ENEOSスカイサービス
  • 東京国際エアカーゴターミナル
  • 空港協力事業
  • 国際空港上屋
  • 航空自衛隊
  • プライムエンジニアリング|
  • …など

◇[充実のサポート体制で毎年95%以上の就職実績]
就職担当のスタッフによる親身なアドバイスや、航空業界で活躍してきた教員による実践的な指導で、学生の就職活動を強力にサポート。1988年の創立以来蓄積されてきた企業データの活用や、年間を通して本校で行われる校内企業説明会、直接企業に訪問するほか、航空業界が求める人材像や最新の動向などを、企業の担当者や本校のOB・OGから直接聞くことができます。また、就職実績がある企業はもちろんのこと、新たな求人開拓を進めることで、毎年95%以上という高い就職実績を達成しています(就職率98.7%:就職希望者数75名/就職者数74名 2021年3月卒業生実績)。

就職支援

◇[航空関連企業の協力によるインターンシップや豊富な就職支援プログラム]
毎年、エアポートビジネス科の1年生は、東北各地の空港でインターンシップを行っています。特に、搭乗手続きなどのグランドスタッフ業務の経験を積むことができる絶好の機会であり、実際にお客様への接客もさせていただきながら、普段の勉強の成果を確かめることができます。また、その経験が直に就職活動へと活かせることから、重要なプログラムとなっています。

各種制度

東日本航空専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

選ばれるにはワケがある!「東日本航空」12の強み。

1)国土交通大臣指定 「航空従事者養成施設」
2)学びの場は仙台国際空港至近の好立地
3)広々キャンパスで実習も思いのまま
4)オープンでリーズナブルな学費に自信あり
5)充実した本校独自の「学費免除制度」と教育ローン
6)"東日本航空のすべて" を見てもらう「体験入学会」「オープンキャンパス」では参加者の交通費を支給
7)iPadを使った先進教育システムが、理想の「インターネットキャンパス」を実現
8)安心・快適な寮生活が学生生活をがっちりサポート
9)航空関連企業の協力によるインターンシップや豊富な就職支援プログラム
10)業界の最前線で活躍する卒業生や先輩方が直接指導
11)充実のサポート体制で毎年95%以上の就職実績(就職率98.7%:就職希望者数75名/就職者数74名 2021年3月卒業生実績)
12)確かな教育の証、「職業実践専門課程」にすべての学科が認定

東日本航空専門学校 選ばれるにはワケがある!「東日本航空」12の強み。

国土交通大臣指定 「航空従事者養成施設」

本校は、全国でも数少ない国土交通大臣指定「航空従事者養成施設」の指定校であり、学科試験と学内の技能審査に合格すれば実地試験が免除となるため、在学中に航空整備士の国家資格の取得をめざすことができます。指定校の信頼と実績による企業との深いつながりは、希望の就職を実現するための強い味方になります。

広々キャンパスで実習も思いのまま

本校では、実際に航空分野の仕事現場で行われるあらゆる業務の実習ができるよう、充実した施設設備を整えており、校舎、実習棟、格納庫、実習場、エンジン試運転場、体育館、グラウンドが一体となった広大な敷地での学習が可能です。また、仙台をはじめとした太平洋側は積雪が少なく、冬でも比較的温暖ですので、一年を通して実習することができます。

東日本航空専門学校 広々キャンパスで実習も思いのまま

充実した本校独自の「学費免除制度」

◇[試験特待生制度]
学力試験を行い、結果により初年度学費から40~10万円を免除します。

◇[資格特待生制度]
本校指定の資格を有する方に、初年度学費から30~10万円を免除します。

◇[親族入学優遇制度]
入学希望者のご両親、兄弟姉妹が東日本航空専門学校、東北電子専門学校(旧校名 東北電子計算機専門学校)、または東北保健医療専門学校の卒業生か在校生の場合には、初年度学費より7万円を免除します。

iPadを使った先進教育システムが理想の「インターネットキャンパス」を実現

本校のキャンパスには航空業界で使用されている実習設備・機材を数多く設置し、航空業界で即戦力となる職業実践力を身につけていきます。また、校内にWi-Fiアクセスポイントを配置し快適なインターネット環境を実現。入学時に全員に配付(2年次進級時にプレゼント)されるiPadを使って学内でいつでも情報検索をすることができ、理想のインターネットキャンパスを展開しています。

東日本航空専門学校 iPadを使った先進教育システムが理想の「インターネットキャンパス」を実現

確かな教育の証、「職業実践専門課程」に全科が認定

本校の全学科が「職業実践専門課程」に認定されるなど、"確かな職業教育"が自慢です。「職業実践専門課程」とは、職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成するために、企業などとの連携により実務に関する知識、技術について組織的な教育を行う教育課程を文部科学大臣が認定する制度です。認定要件として、学校の財務情報のほか、就職実績、学生数、退学者数などの詳細な情報公開も求められており、現在では「職業実践専門課程」認定が"専門学校選びの重要なポイント"となっています。本校はこれからも常に施設設備や教員のレベルアップを図りながら、先進的企業との産学連携など、徹底した実践教育を展開してまいります。

航空業界のニーズに対応した施設・設備環境

エアポートビジネス科の実習室は、空港に近い雰囲気の中、接客のロールプレイやアナウンス実習ができます。航空機の内部をイメージした教室も併設し、幅広い実習を行っています。また、3棟の格納庫には、双発機、単発機、回転翼機、ハイリフトローダー、トーイングトラクター、コンテナ、フォークリフトなどがあり、航空機整備科が機体実習と取扱実習、空港エンジニア科が地上支援機材の実習に使用しています。

東日本航空専門学校 航空業界のニーズに対応した施設・設備環境

学びの分野/学校の特徴・特色

東日本航空専門学校で学べる学問

  • 社会学・マスコミ・観光
  • 工学・建築

東日本航空専門学校で目指せる職種

  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 旅行・ホテル・ブライダル・観光

東日本航空専門学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • AO入試制度
  • 特待生制度
  • 独自奨学金制度
  • 学費返還制度
  • インターンシップ
  • 学生寮
  • 最寄駅からスクールバス
  • 学生用駐車場
東日本航空専門学校の学部・学科情報はこちら

東日本航空専門学校の所在地

所在地

〒989-2421
宮城県岩沼市下野郷字菱沼84番地

交通機関・最寄り駅

◇JR東北本線・常磐線「館腰(たてこし)」駅から車で10分
◇仙台空港アクセス線「仙台空港」駅から車で5分

*「館腰」駅から無料のスクールバスを運行しています。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0120-509-373

東日本航空専門学校のお問い合わせ先

進学相談室

NTTフリーダイヤル 0120-509-373 / 電話 0223-23-3344
FAX: 0223-23-2452
Mail: info@ejair.ac.jp

  • 学校No.1486
  •  
  • 更新日: 2022.08.26

近隣エリアから専門学校をさがす

近隣エリアから専門学校のオープンキャンパスをさがす

資料・願書請求できる学校をさがす