北海道ハイテクノロジー専門学校の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

専修学校(専門学校) / 北海道 認可 / 学校法人産業技術学園 北海道ハイテクノロジー専門学校

「医療・IT・公務員」の学校。ここにしかない学びで自分らしい未来に近づく!

道内の産業界とコラボレーションをした「産官学協同教育」が特徴。道内の業界企業、病院、施設や行政とコラボレーションし、道内の各産業で活躍できる職業人を養成します。2018年4月にはITメディア学科にドローン専攻を新設。他にも2022年アジア大会にも採用され、大いに盛り上がりを見せるeスポーツ。その世界で活躍するプロゲーマーを養成する「eスポーツプロフェッショナルゲーマー専攻」、映像と音楽をクリエイトする「プロジェクションマッピング専攻」「電子コミッククリエイター専攻」など、ここにしかない、新しい仕事の養成をしているのがハイテクの特徴です。
医療系学科では、本物の「チーム医療」が学べる医療シミュレーションセンターを2018年新設。医療系学科が7学科を構成するハイテクの強みを活かしたコラボ実習が、より実践的になります。
新しいことを始めるための実績やサポートも抜群です。開校から30周年の今年までに、11,000人以上の卒業生を輩出。2017年3月卒業生の就職率は99.7%(就職内定者303名/就職希望者304名)と、最新の就職実績も安定しています。

北海道ハイテクノロジー専門学校 PRイメージ1

トピックス

2018.03.01

2018年本物のチーム医療を学ぶ「医療シミュレーションセンター」開設!

医療現場をリアルに実習・体験ができる医療シミュレーションセンターを2018年4月に新設!学生や地域の方が患者役になる模擬患者実習など、より実践的な実習ができます。医療系学科7学科を設置しているハイテクだからこそ、学科を超えた本物の「チーム医療」が学べます。

募集内容・学費

北海道ハイテクノロジー専門学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

ITメディア学科(2019年4月 予定)

専攻名 ・プログラマ専攻
・ゲームクリエイター専攻
・電子コミッククリエイター専攻
・eスポーツプロフェッショナルゲーマー専攻
・プロジェクションマッピング専攻
・ドローン専攻
学科の概要 【新たな産業を先取り、ITの世界で活躍する!】
ITメディア学科は、新しいITのプロを一早く養成!本気でプロゲーマーを目指すeスポーツプロフェッショナルゲーマー専攻、クリエィティブなスキルとマッピング技術を学ぶプロジェクションマッピング専攻が2017年4月に開設!新たな産業を先取りした学びがハイテクにはあります。2018年からはドローン専攻を道内で初めて新設。ニーズが拡がるドローン技術者の養成をスタートします。
このほか、業界初の取り組みとして、電子出版社との教育連携により、業界に求められるエディター(編集者)、クリエイターを育成。他にも在校中に企業や団体からプロジェクトの依頼を受け、打ち合わせから納品まで体験できる「体験・実践型カリキュラム」を行っています。スマートフォンやe-Book(電子書籍)など時代のニーズに合わせた6専攻と体験型学習で希望する就職へと導きます。
募集データ 定員:40名
対象:男女
年限:2年
初年度納入金:1,180,000円(2018年4月実績)
※教材費など諸費用は別途

キャリアデザイン・公務員学科(2019年4月 予定)

コース・専攻名 ・キャリアデザイン専攻
・公務員専攻
学科の概要 【地方創生に取り組む1年制の公務員養成課程】
1年間で学び、公務員を目指す「公務員専攻」が2017年4月に開設。北海道ハイテクのコンセプトでもある、地域創生を本気で考え、行動できる公務員を養成します。もちろん試験対策も万全!他にも、全国に多くの系列校を持つ 滋慶学園グループのスケールメリットを活用し、「医療」「リハビリ・スポーツ」「美容」「製菓」「調理」「福祉」「IT」などさまざまな分野を体験できるカリキュラムにじっくりと取り組み、実践力を養い、同時に、コミュニケーションのための能力も身につけ、将来に向けての基礎力を高めます。
募集データ 定員:40名
対象:男女
年限:1年
初年度納入金:1,082,000円(2018年4月実績)
※教材費など諸費用は別途

視能訓練士学科(2019年4月 予定)

学科の概要 【「視える」を支える技術と心が一生のものになる】
眼科医が正確な診断・治療を行うために必要な精密検査と視能矯正訓練を行う視能訓練士は、 患者さんへの細やかな心づかいが求められる職業です。 校内外での実習で検査方法や機器の扱い方、患者さんとのコミュニケーションの取り方など即戦力を磨いていきます。北海道内の専修学校において視能訓練士の養成学科として、いち早く開設された(1991年開設、北海道厚生局調べ)ハイテクの視能訓練士学科は、今までに720名(道内視能訓練士は延べ750名)の卒業生を輩出しており、道内の視能訓練士の約9割を占めています。
募集データ 定員:40名
対象:男女
年限:3年
初年度納入金:1,260,000円(2018年4月実績)
※教材費など諸費用は別途

看護学科(2019年4月 予定)

学科の概要 【患者様のもっと近くに寄り添う。】
看護師は、病院や診療所で医師の診察・手術などのサポートや、患者さまの身の回りのお世話、病気やケガで不安定になっている心のケアがお仕事です。看護学科は、実践を重視した少人数教育で、必要な技術と知識を身につけます。病院に近い設備と段階的に経験を積む病院実習、きめ細かい国家試験対策で高い国家試験合格率と安定した就職率を維持しています。ハイテクの特長として「夜間体験実習」(夜勤体験)ができます。
募集データ 定員:80名
対象:男女
年限:3年
初年度納入金:1,370,000円(2018年4月実績)
※教材費など諸費用は別途

救急救命士学科(2019年4月 予定)

学科の概要 【一分一秒を争い、目の前の命を救うスペシャリスト】
交通事故や高齢化社会、突発的な疾病で、健康上の緊急事態はいつ起こるのか分かりません。 医師の指示のもと患者さんに対して高度な救急救命処置を行うことができる救急隊員。 救急救命士制度設立の翌年に学科を開設した歴史を誇るハイテクが確かな夢の実現へと導いていきます。
また、救急救命士の国家試験対策に加え、公務員試験対策も万全。模擬試験を通して苦手な分野を強化する教育システムと全国各地の試験傾向データの蓄積で合格へと導きます。北海道で活躍する救急救命士の約6割(1,164名/約1,753名)がハイテク卒業生です。
募集データ 定員:100名
対象:男女
年限:3年
初年度納入金:1,360,000円(2018年4月実績)
※教材費など諸費用は別途

医療事務学科(2019年4月 予定)

学科の概要 【愛される病院をつくる】
愛される病院をつくる医療事務を養成。座学中心ではなく、受付シミュレーション実習など、実際に患者さんとの対応を体験するカリキュラムを導入。さらに制服を自分達で選べたり、女子力の高い医療事務を目指すために受付メイク講座や華道、ペン字など様々な授業を取り入れています。また多くの資格も取得できるため、毎年高い就職実績を誇ります。
募集データ 定員:40名
対象:男女
年限:2年
初年度納入金:1,050,000円(2018年4月実績)
※教材費など諸費用は別途

臨床工学技士学科(2019年4月 予定)

学科の概要 【医療機器を使いこなすエンジニアに】
医学技術の進歩と共に、高度化する多くの医療機器。
医学と工学の知識を併せ持った臨床工学技士は人工心肺装置や人工透析装置などさまざまな医療機器を駆使し、生命維持という責任を担っています。ハイテクならではの思いやりの心が育む高い医療技術は、業界からの厚い信頼を獲得しています。
また、模擬試験で弱点を確認し、学生一人ひとりに応じた強化プログラムを作成。綿密なバックアップ体制で、国家試験の合格をめざします。今後は、ITメディア学科とコラボしたCE電子工学センサーとITプログラムで医療安全を経験できるプログラムも導入します。
募集データ 定員:40名
対象:男女
年限:3年
初年度納入金:1,420,000円(2018年4月実績)
※教材費など諸費用は別途

歯科衛生士学科(2019年4月 予定)

学科の概要 【美と健康を追求した歯科衛生を目指す】
これからの歯科医療は治療から予防の時代へ。
歯科衛生士の仕事は医師のアシスタントばかりでなく、歯ブラシの正しい使い方といった保健指導にまで広がっています。ハイテクでは幅広い業務に対応できるスペシャリストの育成をめざし、きめ細かな心づかいやマナーなど、実践力を磨いていきます。
本学科では3年制教育を一早く導入しており、業界のニーズに応えた独自のカリキュラムで学び、高い国家資格合格実績をあげています。さらに、美しい歯科衛生士を目指す「ヨガ授業」を導入。患者さんの歯だけではなく、自分も美しくキレイになるカリキュラムがハイテクの歯科衛生士学科です。
募集データ 定員:40名
対象:男女
年限:3年
初年度納入金:1,120,000円(2018年4月実績)
※教材費など諸費用は別途

義肢装具士学科(2019年4月 予定)

学科の概要 【障がい者スポーツに強い義肢装具士を目指す】
北海道の専修学校においては唯一の学科(※北海道私立専修学校各種学校連合会より)として2006年4月に開設。事故や病気など、身体に不自由を抱えた方に自分自身で生活できるよう義足や装具をオーダーメイドで製作し、支援する義肢装具士はまさにもの作りのスペシャリスト。最近は障がい者スポーツ(パラスポーツ)のサポートなど職域も広がってきました。本校の義肢装具士学科では、障がい者スポーツ団体とコラボし、スポーツ義足や車椅子の調整など行うことで、障がい者スポーツに強い義肢装具士を養成していきます。
募集データ 定員:30名
対象:男女
年限:3年
初年度納入金:1,690,000円(2018年4月実績)
※教材費など諸費用は別途

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2017年3月卒業生実績

  • (株)道央環境センター
  • 森永乳業(株)
  • 北海道森林管理局(国家公務員III種)
  • (株)粧薬研究所
  • (株)ホリ
  • (株)システムマネージメント
  • (株)インフォメーションクリエーティブ
  • (株)日本プレースメントセンター
  • (株)コクミン
  • 医療法人恵み野病院
  • 総合病院釧路赤十字病院
  • 札幌社会保険総合病院
  • 医療法人誠心眼科病院
  • 医療法人社団回明堂眼科
  • 北海道大学病院
  • 市立札幌病院
  • NTT東日本札幌病院
  • 札幌厚生病院
  • 旭川医科大学病院
  • 石狩北部地区消防事務組合
  • 札幌市消防局
  • 帯広市消防本部
  • 札幌東徳洲会病院
  • 手稲渓仁会病院
  • 医療法人なかむら歯科
  • 札幌市白石保育所
  • 琴似中央幼稚園
  • 麻生中央整骨院
  • テン十字グループ
  • 札幌義肢製作所
  • …など

就職率99.7%
(就職希望者数304名/就職者303名 2017年3月卒業生実績)

就職支援

就職17ヶ月システム
卒業年次の3月からさかのぼって17カ月間を就職活動期間に設定し、一人ひとりの希望に合わせたスケジュールを立てます。就職活動中は担任教員はじめ就職専門のスタッフが親身になって指導に当たり、目標とする就職の早期内定を目指して全面サポートします。

キャリアセンター
熱意と情熱で指導に取り組むキャリアセンター
新たな求人開拓に取り組むほか、これまで蓄積してきた幅広い企業情報や求人情報などを含む、本学園オリジナルの就職情報をデータベース化し、パソコンで自由に検索することができます。さらに専門スタッフが常駐し、就職に関する相談やキャリアプランニングを行っています。

各種制度

北海道ハイテクノロジー専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

資格サポート

「目指す分野につながる資格を徹底サポート」
ハイテクは、目指す分野で活躍するために必要な「資格」の取得を徹底サポート ! 試験対策をカリキュラムに盛り込み、全国のグループ校と連携した模擬試験、合宿、講習などで一人ひとりを合格へと導き、卒業後まで国家試験の合格を無償サポートする制度も設けています。

中途退学防止策

「中途退学者ゼロを目指す環境づくり」
現在、高等教育の中退者は、全国で年間13万人以上いるとみられ、その約60%はフリーターか無職になるというデータがあります。しかも、そこからはい上がることは難しく、不安定な状態が固定化(長期化)しています。建学の理念に「人間教育」を掲げる本学園では、こうした状況を改善する取り組みとして、中退者ゼロを目指す環境づくりを早くから進めています。

海外実学研修

「視野を広げる海外実学研修」
ハイテクは、海外の提携大学での研修などを体験する「海外実学研修」を学科ごとに実施しています。各学科の学ぶ内容に応じた最先端の知識や技術にふれたり、日本とは異なる現場の状況や仕事の仕方を目の当たりにしたり、視野を広げる大きなチャンスになります。
仲間と一緒に観光も楽しみながら、忘れられない 思い出をたくさんつくることができます。

学びの分野/学校の特徴・特色

北海道ハイテクノロジー専門学校で学べる学問

  • 福祉・介護
  • 情報学・通信
  • 農学・水産学・生物
  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ
  • 教育・保育

北海道ハイテクノロジー専門学校で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 福祉・介護
  • 保育・こども

北海道ハイテクノロジー専門学校の特徴

  • 推薦入試制度
  • AO入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 学費返還制度
  • 納入期限延期制度
  • 短大併修制度
  • 海外研修・留学制度
  • インターンシップ
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内
  • 最寄駅からスクールバス
  • 学生用駐車場

北海道ハイテクノロジー専門学校の所在地

本校

所在地

〒061-1396
北海道恵庭市恵み野北2-12-1

交通機関・最寄り駅

JR千歳線「恵み野」駅下車。徒歩12分、もしくはスクールバスで2分。
※「恵み野」駅は「札幌」駅から最短で約29分。
※駐車場も完備、車での通学が可能です。

北海道ハイテクノロジー専門学校のお問い合わせ先

入学事務局

NTTフリーダイヤル 0120-8119-17 (携帯・PHSからもOK) / 電話 0123-39-6666
FAX: 0123-39-6677
Mail: info@hht.ac.jp

  • 学校No.1156
  • 更新日: 2018.03.01