国際ボランティアになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「語学・国際」に戻る

国際ボランティア

語学・国際系の仕事
国際ボランティア

どんな
職種?
海外でボランティア活動に就く指導・支援内容は多岐にわたる

海外でボランティア活動を行う人。国際協力機構の青年海外協力隊、民間のボランティア派遣に加え、NGO・NPOからも派遣され、一定期間決められた派遣先地域に滞在し、技術指導や教育支援などに従事。ジャンルは、公共事業から農林水産、工業、保健、商業、スポーツなど実に幅広い。得意分野のボランティア募集に応募し、選考を経て現地へ赴き数カ月から数年単位で働く。最低限の語学力と、派遣先地域へ溶け込める柔軟性、責任感が問われる。渡航・滞在費用の多くは自己負担なので、就職前、退職後に行う人が多い。

こんな人に
おすすめ!
さまざまな生活様式でも順応する適応能力と献身的な姿勢

世界各国に暮らす人々の暮らしや、生き方に興味を持っていることが重要である。特別な知識や資格が必要なわけではなく、人の役に立ちたいという献身性が求められる。また、生活様式の異なる国に対しての順応性が必要とされる。世界中の人と関わり、自分自身の成長につなげる姿勢が大切だ。

国際ボランティア

国際ボランティアを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:語学(外国語)、国際関係学、国際文化学など
  • 採用試験 就職先:政府開発援助実施機関、海外企業を相手とする商社、国際開発金融機関など
  • 国際ボランティア
  • Point1

    医療支援をする場合だと、医師や看護師の資格を取得する必要がある。

  • Point2

    国際協力NGOは事業で収益をあげることが難しく、活動費用は会費収入などによって賄われているため、人件費を捻出することが難しい状況であるのが、現状の課題である。

国際系のその他の仕事

国際ボランティア
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける