国際会議コーディネーターになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「語学・国際」に戻る

国際会議コーディネーター

語学・国際系の仕事
国際会議コーディネーター

どんな
職種?
国際フォーラムやシンポジウムの舞台をディレクションする専門職

複数の国から代表者が集う国際会議。たとえば、自治体、大学、企業などが開催するフォーラムやシンポジウム。ほかにコンペティション、学会などが該当する。国際会議コーディネーターは、そのような催しを国内で円滑に開催するために、主催者から依頼を受けて誘致から運営までのサポートを行う。国際会議のコーディネートを専門に引き受ける企業もあり、開催日(期間)、会場の確保、予算管理、企画・進行、参加者へのアポイントメントといった業務を担う。チームワークで業務を進める協調性と、一定の英語能力が求められる。

こんな人に
おすすめ!
語学力に加え、関係機関との調整力や会議の企画力が必要

高い英語力と関係機関との調整力が必須である。また、国際会議に出席する各国の首脳陣に失礼のないビジネスマナーや、立ち振る舞いが求められる。各国の文化や風習に関する知識や、それらを配慮した国際会議の企画力や提案力、運営力もあわせて必要だ。当日に発生した要望やハプニングなどに対して、冷静な判断ができる人が望ましい。

国際会議コーディネーター

国際会議コーディネーターを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:コミュニケーション学、ビジネス学、語学(外国語)など
  • 採用試験 就職先:海外を相手とするイベント企画会社、派遣会社、スポーツ会社など
  • 国際会議コーディネーター
  • Point1

    堪能な英語力を身につけておくことが重要。また、外国人に向けた日本伝統芸のショーなどを企画することもあるので、日本文化に関する知識も必要だ。

  • Point2

    学校で語学や国際文化、日本文化について基礎知識を得た後、国際会議を運営する会社に就職するのが一般的だ。

国際系のその他の仕事

国際会議コーディネーター
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける