大使館スタッフになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「語学・国際」に戻る

大使館スタッフ

語学・国際系の仕事
大使館スタッフ

どんな
職種?
国内の外国大使館を運営する駐在大使の業務サポーター

日本にある外国の大使館に勤務するスタッフ。大使館にも経理や広報、政治、文化、ビザ発行など、多様な部署があってそれぞれ働く人がいる。大使の不在時にも大使館の業務を維持し、新任大使には的確な情報や知るべき日本文化を伝える業務を担う。職種は秘書や通訳から事務職員、ドライバーなど幅広い。採用は欠員が出たときのみの不定期が基本だが、短大や大学で国際関係、政治、経済などの勉強をし、検定や留学で英語や諸外国語を学んでおこう。採用時に即戦力が求められるので、希望職種に応じたスキルを養っておくべきだ。

こんな人に
おすすめ!
円滑なコミュニケーションがとれる語学力が必須

二国間の円滑なコミュニケーションを生み出すために、流暢な外国語会話能力や書類作成力が求められる。日本国外にある在外大使館はもちろんだが、日本国内にある駐日大使館でも働く可能性はあるため、日本人同士の協調性もあると望ましい。

大使館スタッフを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:国際関係学、語学(外国語)、国際文化学など
  • 採用試験 就職先:在外大使館、駐日大使館、外務省
  • 大使館スタッフ
  • Point1

    即戦力が求められるため、英語に加えその国の公用語のスキルがあると就職に有利だろう。正確な処理能力や段取り能力を身につけておくとよい。

  • Point2

    在外大使館は公務員採用試験に合格する必要がある。駐日大使館は、『The Japan Times』や各大使館のホームページ内にある採用情報などから応募する。

国際系のその他の仕事

大使館スタッフ
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける