飲食店オーナーになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「食・栄養・調理・製菓」に戻る

飲食店オーナー

食・栄養・調理・製菓系の仕事
飲食店オーナー

どんな
職種?
幅広い業務をこなしながら自分の理想とする店をつくる

飲食店の経営者として、メニューの開発をはじめ、接客、仕入れ、スタッフ教育、広告・宣伝など経営全般を担う仕事。オーナーとして経営に徹する場合もあれば、調理師免許を持って自ら料理人として厨房に立つこともあるので、バリスタ、バーテンダーなどの勉強や修業が必要な場合もある。フードサービス業界で仕事を経験してから独立・開業するケースが一般的。また、個人経営のほかフランチャイズに加盟する方法も。開業にあたっては、食品衛生管理者と防火管理者の免許を取り、保健所などに指定の届けを出す必要がある。

こんな人に
おすすめ!
店舗経営についての的確な決断力と運営力が重要

従業員の管理や一つにまとめ上げるリーダーシップ、店舗経営に関する的確な決断力と運営力が求められる。調理師として調理場に立つこともあるため、調理技術のある人が望ましい。飲食業界での経験だけでなく、商品開発、人材育成などビジネススキルも求められる。

飲食店オーナーを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:経営学、コミュニケーション学、ビジネス学、食物学、調理学など
  • 採用試験 就職先:飲食関連企業など
  • 飲食店オーナー
  • Point1

    飲食店を経営するためには、「食品衛生責任者」と「防災管理者」の許可証取得が必要である。「食品衛生責任者」に関しては、調理師・栄養士の免許を持っていれば自動的に取得できる。

  • Point2

    飲食店や飲食関連企業で働き、知識と技術を身につけた上で、自分の店舗を持つ人が多い。

食・栄養系のその他の仕事

飲食店オーナー
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける