特別支援学校教諭になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「教育」に戻る

特別支援学校教諭

教育系の仕事
特別支援学校教諭

どんな
職種?
障がいのある子どもそれぞれに応じた教育で学齢期を支援

高い専門性を持ち、障がいのある子どもの教育に携わる仕事。特別支援学校とは、盲学校、聾学校、養護学校のこと。保護者とも協力しながら、あらゆる障がいをもつ子ども一人ひとりの必要に応じて、複数の教員がチームで指導を行う場合が多い。学校、中学校、高等学校または幼稚園の教員の免許状のほかに特別支援学校の教員免許が必要。教員になってからも、現場を経験しながら研修などを通じて専門的な知識や対応を身に付け、子どもの成長を見守りながら大切な学齢期をサポートしていく。

こんな人に
おすすめ!
一人ひとりの障がいに対する深い理解と相手のペースに合わせた行動ができる

特別支援学校に通う子供は、幅広い年齢の子供が多いので、年齢に応じて適切な学習プランを作成できる能力が求められる。また、一人ひとりが持っている障がいの症状が違うため、個々人の障がいへの深い理解力が求められる。また、相手のペースに合わせて、気持ちにゆとりを持って対応することも重要である。

特別支援学校教諭を目指すなら

  • 高校
  • 大学・大学院 必要な学び:教育学、教員養成、福祉学など
  • 国家資格:特別支援学校教員免許
  • 採用試験 就職先:特別支援学校、小学校、中学校、高校など
  • 特別支援学校教諭
  • Point1

    特別支援学校教員資格認定試験に合格すると、特別支援学校教諭の一次免許が取得できる。ただし資格試験と採用試験は別で、実際に働くためには採用試験が必要である。

  • Point2

    特別支援学校教諭免許状の中で、聴覚障がいの免許状に関しては取得できる大学が少数のため、これらの特別支援学校教諭を目指すなら大学選びを慎重に行おう。

教諭系のその他の仕事

特別支援学校教諭
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける