児童英語教師になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「教育」に戻る

児童英語教師

教育系の仕事
児童英語教師

どんな
職種?
子どもに英語を教えながらともに成長していく仕事

小学校、幼稚園、民間の英語スクールなどで子どもに英語を教える仕事。自宅で教室を開業する人も多く、働くスタイルはいろいろ。英語力だけでなく、英語教育や児童教育の専門知識、指導方法など教育についての幅広い知識やスキルが必要なので、民間で英語教師を養成する専門学校もある。指導者を求める小学校と英語の指導者を結び付けることを目的としたNPO法人では、小学校教員免許を持っていない人が英語教育をする上での必要な知識とスキルがあることを証明する「小学校英語指導者資格」を設けている。

こんな人に
おすすめ!
英語のスキルはもちろん、子供とのコミュニケーション能力や楽しく教える技術も必要

児童英語教師に必要とされる要素は、子どもの目線、子どもの英語のレベルになって英語を教えることだ。そのためには人に指導ができる高い英語スキルが必要となる。子どもに分かりやすく教えるために、絵や歌やゲームなどを取り入れて楽しく教えるアイデアも求められる職種だ。

児童英語教師を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:外国文学、語学(外国語)、言語学、児童学、保育・幼児教育など
  • 採用試験 就職先:英会話スクール、小学校、幼稚園など
  • 児童英語教師
  • Point1

    英語関係の資格を取得していると採用に有利になる。小学校や幼稚園で教える場合は、基本的に教員免許、保育士免許が必要である。

  • Point2

    スキルを身につけるために海外留学を経験しておくのも一つの方法。

教諭系のその他の仕事

児童英語教師
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける