北海道エリアの栄養・食物が学べる、料理・調理を目指せる大学・短大のオープンキャンパス一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

オープンキャンパスをさがす

キーワード
参加申込
開催日
期間を指定する
エリア・開催地
指定する

北海道

学校の種類
指定する

大学・短大

イベントの種類
指定する

学べる学問
指定する

栄養・食物

目指せる職種
指定する

料理・調理

イベントの特徴
指定する

この条件で検索する

北海道エリアの栄養・食物が学べる、料理・調理を目指せる大学・短大のオープンキャンパス検索結果

2

1-2件を表示

私立短期大学北海道

函館短期大学

函館山ぐらし、はじめてみませんか?

学校見学や個別相談を都合に合わせて実施!

オープンキャンパス北海道

アイコンマーク

定員制

いつでもオープンキャンパス 2021

学校見学や個別相談を都合に合わせて実施!

いつでもオープンキャンパスでは「入試説明」「学校見学」「個別相談」を皆様の都合に合わせて実施いたします。 本学では面談によって入学が決まる総合型選抜入試を実施しています。

オープンキャンパス参加
開催日 随時開催
私立短期大学北海道

釧路短期大学

少人数制による地域密着型の教育を展開。地域を支え、地域に貢献できる専門的職業人を養成します。

パンフレットだけでは分からない!本学の模擬授業にご参加ください。

オープンキャンパス北海道

オープンキャンパス

パンフレットだけでは分からない!本学の模擬授業にご参加ください。

各学科・専攻の模擬授業があります! ・入学者選抜制度説明 ・学科・専攻説明 ・保護者説明会 ・学費・奨学金説明 ・就職に関する説明 ・個別説明 ■服装…自由(制服・私服どちらでも可) ■事前申込み…必要 ※新型コロナウイルスの感染拡大など、状況により日程等変更になる場合があります。事前にHPにてご確認ください。

開催日
  • 03/12(土)
動画や画像で本学の雰囲気をぜひ体感してください!

WEBオープンキャンパス北海道

webオープンキャンパス

動画や画像で本学の雰囲気をぜひ体感してください!

本学HPにて、webオープンキャンパスを開催中です! 学科・専攻やゼミについて、学内の様々な施設の様子や昨年のオープンキャンパスの様子、入試や学費についてなどの動画と画像をご用意し、盛りだくさんの内容にてお待ちしております。是非ご覧ください。 質問フォームもご用意しております。 ▼HPはコチラ http://www.midorigaoka.ac.jp/kushirojc/weboc/index.html#id110

開催日 随時開催

栄養・食物・食・栄養・調理・製菓に関するニュース

  • 【シゴトを知ろう】フードコーディネーター ~番外編~

    【シゴトを知ろう】フードコーディネーター ~番外編~

    料理教室の講師やメニュー開発、撮影のコーディネートなど本当に幅広いフードコーディネーターの仕事。ここからは、業界内の「あるある」や。休日の過ごし方など、さらに深いお話を大塚さんに伺ってみたいと思います。

  • 【シゴトを知ろう】フードコーディネーター 編

    【シゴトを知ろう】フードコーディネーター 編

    フードコーディネーターと一口に言っても、その業務内容は多岐に渡ります。今回は、「祐成陽子クッキングアートセミナー」に所属する大塚弘美さんに、普段のお仕事内容や、フードコーディネーターになったきっかけについて、伺いました。

  • 【シゴトを知ろう】シェフ・調理師 ~番外編~

    【シゴトを知ろう】シェフ・調理師 ~番外編~

    「【シゴトを知ろう】シェフ・調理師 編」では、西麻布ICHIIの堀内浩平シェフにお話を伺いました。堀内さんはさまざまな店舗を経験して着実に努力を重ね、シェフになる夢を叶えたことが分かりました。この番外編では、シェフの仕事の中身や堀内さんの思いについて、もう少し掘り下げていきます。

  • 【シゴトを知ろう】シェフ・調理師 編

    【シゴトを知ろう】シェフ・調理師 編

    豊かな発想で、芸術的な一皿を提供してくれるシェフたち。どんな思いを持って料理をつくりだしているのでしょうか。今回の「シゴトを知ろう」は、東京・西麻布のレストラン「ICHII」のシェフ 堀内浩平さんにお話を伺いました。

  • 【シゴトを知ろう】日本料理人 ~番外編~

    【シゴトを知ろう】日本料理人 ~番外編~

    「【シゴトを知ろう】日本料理人 編」では、割烹山吹の渡辺健太郎さんにお話を伺いました。日々試行錯誤を重ねて至極の料理を提供する渡辺さんは、店主としての大変さもありながら、満足して帰っていくお客さんの姿をやりがいと感じているようでした。この番外編では、日本料理人の日常をさらに掘り下げていきます。