玉川大学の情報満載 | 資料・願書請求ならマイナビ進学

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

玉川大学 PRイメージ

幅広く豊かな教養と、より深く高度な専門知識の修得をめざす

本学では建学の理念である「全人教育」を基盤として、多彩な教育・研究活動を展開するなか、学生それぞれが専門的な学問領域を学んでいます。
「学修環境」「体験学修」「サポート体制」の3つの柱で構成される独自の教育システムを整え、学生一人ひとりの持つ能力と可能性を引き出し、それぞれの夢の実現に向けて挑戦する人材を育てています。
また、本学は高い就職力も大きな特長の一つです。就職指導を学校教育の最後の締めくくりのひとつととらえ、各学科の就職担当と担任、キャリアセンター、教師教育リサーチセンターが連携をとりながら、きめ細かいサポートをすることで、実績をあげています。就職決定率98.0%(就職者数1450名/就職希望者数1479名 2016年3月卒業生実績)

玉川大学 PRイメージ1
玉川大学 PRイメージ2
玉川大学 PRイメージ3
玉川大学 PRイメージ4
玉川大学 PRイメージ5
玉川大学 PRイメージ6

トピックス

2017.03.01

2016年4月、「ELF STUDY HALL 2015」が完成!

最新の英語教育プログラム「ELF(English as a Lingua Franca)」を展開する本学が、専用施設としての「ELF STUDY HALL 2015」の利用を開始します。

コンセプト
この建物で学修する際に、常に世界をイメージして英語を学べるよう、建物の内装デザインには5大陸の連携をモチーフにした、赤・青・緑・黄・黒の5色にベース色の白を加えてデザインし、世界を意識できるコンセプトでつくられています。なお、建物の空間演出には芸術学部の学生がデザイン協力をしました。

●異文化や多様性に対応できる英語力を身に付ける「ELFプログラムの充実」
●豊富な外国語学習経験と様々な文化的背景をもつ「多彩なマルチリンガル教員」の充実
●授業と自学自修の場として活用する「ELF STUDY HALL 2015」施設の充実

「ELF STUDY HALL 2015」の完成で、最新の英語教育のソフト面とハード面の両面で学生の学びをサポートしていきます。

2017.03.01

あらたな音楽教育の拠点として「University Concert Hall 2016」が完成!

玉川の音楽教育の拠点として、「University Concert Hall 2016」が2016年9月に完成しました。
重厚な音響空間を持ち合わせたホールの座席数はおよそ500席。コンサートホールとしての利用はもちろんのこと、400インチのスクリーンを設けて講演会や発表会など、多岐にわたる利用が可能な施設となっています。
また、併設された小ホールはオーケストラや吹奏楽の練習にも対応できるよう段床形状としています。
さらにピアノや管楽器、声楽等の授業および日々の練習のためには3階にレッスン室を用意しています。個人練習やアンサンブルなど様々な様態に対応したレッスン室が23室あり、Web予約システムを用いることで効率よく練習できるようにしています。
また館内にはいくつかのコミュニケーションスペースを設けることにより、つどいやすい「場」があります。

玉川大学では音楽教育を通じて豊かな人間性や感性を育んでいます。

新設情報PR

玉川大学の新設情報のお知らせです。

2017年4月、農学部があらたに生まれ変わりました。

■農学部■
 生産農学科:135名
   理科教員養成プログラム:30名
 環境農学科:70名
 先端食農学科:70名

「農」を通じて地球をはぐくむグローバル人材へ

「バイオサイエンス」「生態学と持続的農学」「未来の食」をキーワードとした3つの学科を用意して、21世紀に私たちが直面している課題に挑戦し“夢の実現”と“社会貢献”をめざします。

<生産農学科>
地球上のあらゆる「生物」の本質に迫り、生物生産の未来を切り拓く理論と技術を学ぶ

<生産農学科 理科教員養成プログラム>
自らの「体験」をとおして、高い教育スキルを身につけた理科教員を養成する

<環境農学科>
地球規模のフィールドで農業や環境に貢献する最新の知識と技術を修得する

<先端食農学科>
先端技術で従来の農業の枠を超える未来の「食」づくりを学ぶ

募集内容・学費(2017年04月実績)

玉川大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

文学部(2017年04月実績)

国語教育学科(2017年4月開設)

概要 「国語教員養成コース」と「言語表現(Language Arts)コース」の2コースを設置。グローバル社会におけるコミュニケーションのための確かな論理と豊かな表現力を身につけた人材養成を、母語としての日本語運用能力の修得を通して目指します。国語教員養成コースは、現代社会のさまざま文章に対応でき、「話す」「聞く」の分野も含めた日本語指導ができる中学・高校の「国語」教員を養成します。言語表現コースは、言語技術(言語を介しての比較的読解力や論理的文章力・思考力)を修得し、広く国際社会で活躍できる人材養成を目指します。
定員 60名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,663,200円
(2017年04月実績)

英語教育学科

概要 国際社会の共通言語としての英語運用能力を重視し、実践的な英語教育や多様化する国際社会に貢献できる人材の養成を目指しています。「英語教員養成コース」「ELFコミュニケーションコース」の2つのコースを設置し、9カ月間の海外留学プログラムを全員必修としていることが大きな特長です。海外での多様な体験を通して異文化への理解を深めていく中で、真の国際感覚を身につけ、英語運用能力を高めていきます。また、英語教育の現場に立つための理論と実践を組み合わせた学びを通して、豊かな感受性を磨くと同時に、実践的指導力を身につけていきます。
なお、英語教員養成コースでは、中・高の「英語」教員免許および小学校教諭2種(履修条件あり)免許取得が可能となっています。※「教職課程の修得&履修により取得可能」
定員 80名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,663,200円
(2017年04月実績)

農学部(2017年04月実績)

生産農学科(2017年4月開設)

概要 あらゆる生物を人間生活の貴重な「資源」として捉え、生物の持つ機能や特性を分子レベルと個体レベルの両面から追究し、社会に還元することが目的です。人類の未来を支える「生産農学」には、ミクロからマクロまで多様な学問分野が統合された「バイオサイエンス」の視点は不可欠となります。そのため本学科では、3年次から植物科学、昆虫科学、動物科学、微生物科学の4つの専門領域のいずれかに所属し、学びを深めます。
更に、中学・高校「理科」「農業」教員を養成する「理科教員養成プログラム」を展開していきます。
定員 135名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,807,200円
(2017年04月実績)

生産農学科 理科教員養成プログラム(2017年4月開設)

概要 「教員養成の玉川」の伝統を引き継ぎながら、自然科学に対する深い理解をベースに活躍できる教員を養成します。机上の知識のとどまらず、実験・実習を重視し「自然科学を学んで、理科や農業科を教える」優れた教員を養成します。
取得可能な教員免許状は中学「理科」・高等学校「理科」「農業」※および小学科教諭2種(履修条件あり)になっています。
定員 30名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,807,200円
(2017年04月実績)

環境農学科(2017年4月開設)

概要 国際的な視点から農業・生態系・環境を考えることのできる人材を育成します。2年次にはカナダまたはオーストラリアへの約4か月間の留学を必修とし、現地でのフィールドワークなども体験します。また、国内では北海道や鹿児島県、神奈川県箱根にある大学施設を活用した実習等も行います。3年次から生態系科学と持続的農学の2つの専門領域のいずれかに所属し、学びを深めます。
定員 70名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,807,200円
(2017年04月実績)

先端食農学科(2017年4月開設)

概要 未来の食料生産技術や食品の機能、食品生産加工技術について事業化も視野に入れながら取り組みます。LED農園やアクア・アグリステーションなど、最先端のシステム化された食料生産技術を修得します。キャンパス内にある人工光(LED)型植物工場などでの実習も行います。3年次からシステム農学と食品科学の2つの専門領域のいずれかに所属し、学びを深めます。
定員 70名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,807,200円
(2017年04月実績)

工学部(2017年04月実績)

情報通信工学科(2017年4月開設)

概要 進歩著しい情報通信技術(ICT)を中心に「人と人をつなぐ」次世代の技術と手法を学び、研究します。機器に組み込まれるプログラミング(組込みシステム)の基礎をハード・ソフトの両面から徹底的に習得。ロボット・人工知能、自動運転用量子レーダーなど最先端の情報通信技術を学び、高度情報化社会を支える技術者を育てます。
定員 55名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,883,200円
(2017年04月実績)

ソフトウェアサイエンス学科

概要 日々進化し続ける情報インフラやモバイル環境、アミューズメント関連分野。これらの変化を技術的に支える人材の輩出は今後の社会的成長に重要です。ソフトウェアサイエンス学科ではアプリケーション開発、ネットワーク、モバイルシステム、ゲーム・コンテンツの4つの専門領域を総合的に学びます。また、この4領域以外にも、マネジメント、英語、脳科学に関する講義、そして日立製作所やKDDIによる企業講義を用意し、多彩な学びの環境を設けています。さらに就職に有利な各種資格取得支援も積極的に展開しています。
定員 55名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,883,200円
(2017年04月実績)

マネジメントサイエンス学科

概要 科学の視点で経営企画力を身につけ、商品作りから企業経営のマネジメントのプロを目指します。「人・情報・環境・金」をキーワードに、品質・生産・原価という商品生産の3要素はもちろん、商品・サービス・価格まで研究対象を広げ、効率的なマネジメントの理論・手法を習得します。将来、経営リーダーとして力を発揮するための知識と実践力を身につけることを目標としています。めざす職種により、「経営情報システム」「サービスマネジメント」「マーケティング・データサイエンス」「ファイナンス」の4領域と「数学教員養成コース」を設置しています。
定員 40名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,883,200円
(2017年04月実績)

エンジニアリングデザイン学科

概要 機械設計など機械工学関連科目をもとに、工業デザインセンスを身につけて国内外で協働して活躍し、21世紀に生きる機械設計・製品設計技術者を育てる学科です。エンジニアリングスキルを修得すると同時に、スケッチや製図などプロダクトデザインに欠かせない素養や領域を含む幅広い学びを行います。3年次からは「ファブラボ」「商品開発・デザイン」「メカロボット」の3つの領域に分かれ、専門科目を学びます。科学的かつ工学的な視点を取り入れたカリキュラムにより、設計力、協働性、現場力を修得し、デジタルファブリケーション時代にふさわしい先進的な考えを持つ人材を養成します。
定員 60名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,883,200円
(2017年04月実績)

数学教員養成プログラム

概要 中学校と高等学校の数学教員を目指す学生のために「数学教員養成プログラム」を開講。1年次では、「教員養成の玉川」ならではの教員になるための基礎科目を学び、2年次からは数学関連科目を専門に学びます。さらに教師教育リサーチセンターと協力して、教育ボランティアの紹介や採用試験対策模擬試験や教職講座の開講など、万全のサポート体制を整えています。また、履修条件を満たせば、ダブル免許プログラムを活用した小学校教諭2種免許状も取得可能です。
定員 30名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,883,200円
(2017年04月実績)

経営学部(2017年04月実績)

国際経営学科

概要 世界標準の経営学を学ぶため、英語教育を基礎にグローバルスタンダードで考え行動する能力を実践できる次世代のビジネスリーダーの育成を目指しています。入学後は経営の基礎科目を履修し、2年次より各自の将来像に合わせ「グローバルビジネス」「国際会計」「マーケティング戦略」の3コースから選択し専門性を高めていきます。さらに、実践的に学ぶことに重点をおいた授業を多角的に展開し、「経営塾」など実際の経営課題を事例に学修する機会もあります。また、英語で行なう授業もあり、発信型の英語力の習得により、ビジネス・ツールとしての英語力を身につけていきます。
定員 130名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,663,200円
(2017年04月実績)

教育学部(2017年04月実績)

教育学科

概要 「教員養成の玉川」と評価の高い本学は、全国の教育現場で6,000人以上の卒業生が活躍しています。その中心を担う教育学科では小学校、幼稚園、中学・高校(社会・保健体育)の教員免許状の取得が可能です。「初等教育」「社会科教育」「保健体育」の3専攻を設置し、自分のキャリアに即した学修計画を立てることができます。「インターンシップ(教育インターン)」などより実践的な学修活動などの独自の学修システムにより、社会が求める多様なニーズに的確に対応し、教育現場をはじめとする幅広いヒューマンサービス分野において活躍できる「教育のプロフェッショナル」を育成します。また、教員就職をサポートする教師教育リサーチセンターと連携し、採用試験対策などを全面的にバックアップすることで高い実績を挙げています。
定員 初等教育専攻・社会科教育専攻   200名
保健体育専攻           40名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,673,200円
(2017年04月実績)

乳幼児発達学科

概要 少子高齢化など多様化し複雑な社会的ニーズに柔軟に対応することができる「乳幼児教育のプロ」を育成するため、入学後に教員と相談しながら4年間の学修計画を作成します。単に知識を学ぶのではなく、実習型の授業やインターンシップなど体験の場を多く設けることで知識と技能の融合を図り、実戦力が身につくカリキュラムとなっています。また、幼保一体化時代に対応したカリキュラム設計となっているため、幼稚園教諭を目指すモデル、保育士を目指すモデル、児童福祉施設を目指すモデルと将来の方向性にあわせた学びを目指しつつ、全て目指すことも可能となっています。
定員 75名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,673,200円
(2017年04月実績)

芸術学部(2017年04月実績)

パフォーミング・アーツ学科

概要 社会とのつながりを強く意識した実践的な芸術教育の下、音楽、演劇、舞踊の各領域について学ぶことができます。公演・演奏会を実現させるための企画・運営面と、表現・理論・舞台技術・制作面を体験する「パフォーマンス」や、公共施設などで実体験を積む「インターンシップ」などの科目を履修。企画・運営を含めた総合的なアートマネジメント能力の向上を図り、芸術一般に対する理解の幅を広げていきます。各分野の専門領域を学ぶばかりでなく、パフォーミング・アーツ全般に対する理解を含める多彩な科目によって、表現者ばかりでなく、常に社会との接点を考慮しつつ芸術活動を行う人材を育成します。
定員 130名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,953,200円
(2017年04月実績)

メディア・デザイン学科

概要 現代のマルチメディア環境では、表現や芸術の産業化が進んでいます。本学科では、映像表現やCG、空間演出などの造形系と、コンピュータ音楽、作曲、音響合成や音響処理などの音楽系の2系統の科目を配置。各領域をバランスよく学修することによって、芸術を社会に発信する力を高めます。さらに、本学科では、英語力育成や、企業や公共施設と連携したプロジェクト型授業による実践力養成にも力を入れており、芸術を通して国際社会で活躍できる人材を育てます。
定員 90名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,953,200円
(2017年04月実績)

芸術教育学科

概要 本学科では、学校教育や社会教育の現場で「芸術による教育」を先導的に推進できる人材や、新たな芸術の担い手を育成する指導者を養成します。音楽と美術・工芸コースを設置し、中学校・高等学校の「音楽」「美術」、高等学校「工芸」の教員免許取得を目指します。1年次から教育現場を参観したり、教職サポートルームの活用などにより、目標をもって学修に取り組む体制が整っています。さらに、英語で芸術教育を学ぶなど、グローバル社会に対応した人材育成も行います。なお、中・高の教員免許に加え、小学校教諭2種※の免許取得も可能となっています(※履修条件あり)。
定員 音楽コース     30名
美術・工芸コース  20名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,953,200円
(2017年04月実績)

リベラルアーツ学部(2017年04月実績)

リベラルアーツ学科

概要 異なる意見や文化を持つ人と協働できる幅広い教養を有した人材、特にグローバル化した世界と現代日本の姿を様々な視点を通して理解し、自ら問題を設定し、その問題解決に貢献できる高い思考力と論理力を持った学生の育成を目的としています。
学びの特徴として、日本語・英語・ICTのコミュニケーション力を基盤にヒューマン・スタディーズ系、ジャパン・スタディーズ系、グローバル・スタディーズ系、STEMスタディーズ系の4つの領域をバランスよく学び、「哲学・宗教」、「心理学」、「社会学」、「日本語・日本文学」、「日本学」、「国際関係」、「STEM」の7つのメジャーで専門性を深めていきます。また、全学部共通の科目や他学部で開講されている専門科目の履修により専攻分野を深めることも可能です。
定員 160名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,663,200円
(2017年04月実績)

観光学部(2017年04月実績)

観光学科

概要 観光ビジネス、地域活性化、国際交流を柱とする3つのキャリアプランをイメージした履修モデルを用意しています。「観光」の幅広い知識の修得と同時に、毎日、英語の授業を行う「英語シャワープログラム」やオーストラリアへの1年間(2年次後期~)の留学を必修として、高い英語力の修得と異文化理解を深めます。「観光学」「英語力」「情報力」を強みに、グローバル時代の観光産業と地域の活性化に貢献できる人材を育成します。
定員 90名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,663,200円
(2017年04月実績)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年3月卒業生実績

  • JA全農たまご
  • トモヱ乳業
  • 日本水産
  • タカラトミー
  • 新菱冷熱工業
  • 河合楽器製作所
  • セブンーイレブン・ジャパン
  • ローソン
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 横浜銀行
  • 多摩信用金庫
  • 第一生命保険
  • 電通
  • NECフィールディング
  • 日立公共システム
  • 富士通ネットワークソリューションズ
  • 全日本空輸
  • 日本航空
  • 東日本旅客鉄道
  • 東京地下鉄
  • 小田急電鉄
  • 大和ハウス工業
  • アサヒビール
  • 味の素冷凍食品
  • 日本食研ホールディングス
  • 紀文食品
  • オリエンタルランド
  • エイチ・アイ・エス
  • 東映
  • サンリオエンターテイメント
  • 劇団四季
  • 綜合舞台
  • パークハイアット東京
  • サマンサタバサジャパンリミテッド
  • ミキハウス
  • トゥモローランド
  • 大鵬薬品工業
  • 日本全薬工業
  • わかもと製薬
  • 法務省
  • 警視庁
  • 皇居警察本部
  • 東京消防庁
  • 日本気象協会
  • 日本郵便
  • 綜合警備保障
  • 東京都教育委員会
  • 神奈川県教育委員会
  • …など

就職支援

就職支援

企業就職を支援する「キャリアセンター」と教員・公務員志望者を支援する「教師教育リサーチセンター」を設置し、学生の夢の実現をサポートします。キャリアセンターでは、就職ガイダンスや学内企業説明会、OB・OG交流会などのサポートプログラムやキャリアカウンセラー資格者による個人面談などを実施。また、就職活動を情報面からバックアップするキャリアデザイン就職支援webシステム「たまナビ」を活用し、企業から届く「企業・求人情報」や「セミナー情報」・「合同企業説明会」などの最新情報を各自の進路登録に基づき提供しています。各学科の就職担当、担任とキャリアセンターの3者が連携を取りながら、「"Face to Face"のサポート」をモットーにきめ細かなサポートを展開しています。

各種制度

玉川大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

カリキュラム

創立以来、「全人教育」の理念のもと、カリキュラムは全学部共通の「ユニバーシティ・スタンダード科目」と学科ごとの「学科科目(専門科目)」とで構成しています。ユニバーシティ・スタンダード科目は、教養教育と専門教育の連動を目指して構成された科目で、多角的に物事をとらえる視野を身につけます。学科科目は、段階的に学べるよう作られており、学生の興味や目標に合わせて履修していきます。また、所属以外の学部・学科の科目も規定内で履修できます。

初年次教育(FYE)

限られた期間で専門知識を蓄え、将来の目標を確立するために重要な入学1年目に、全員必須でFYE(First Year Experience)科目を履修します。授業を効果的に学ぶ方法や大学生活の中でどのように人生の目標を設定し、キャリアデザインを行っていくか、社会人として必要な物事の考え方などを重点的に学び、入学直後から卒業までの4年間の大学生活を有意義に学べるようにバックアップします。

体験型学修

本学では、学生一人ひとりのキャリアデザインのために、「体験型学修」の充実を図っています。例えば教育学部では、「教育インターンシップ」としてキャンパス内の併設校(幼~高)や大学近郊の公共施設や学校(小学校や中学校)、保育園などでの実習を実施しており、他の学部においても全ての学部の特性に応じたインターンシップや企業実習などの就業体験を通して、自分の力や将来を確認することができます。

ELF*プログラム

全学部で国際共通語としての英語の学修を必修科目としています。英語を母語としない人たち向けの英語教授法や応用言語学を修めた14カ国の国籍の教員が指導にあたり、「使える英語力」の向上を目指します。
また2016年4月から英語教育の拠点として「EFL study Hall 2015」で授業やチューターによる個別相談などを行っています。
※ELF=English as a Lingua Franca

国際教育プログラム

創立以来、国際教育に力を入れ、世界各国の協定校でSAE(Study Abroad Experience)海外留学・研修プログラムを実施。全学部・学科を対象に約3~5週間の海外研修や約4ヶ月~1年間の海外留学が可能です。語学力や専門分野の学修はもちろん、国際的な感覚を身につけることもでき、修了者には内容に応じた単位が認定されます。現在では7ヵ国18大学と協定を結び「国政教育センター」が留学相談や体験談を含めた説明会、留学奨学金に関する説明会などを実施しています。

奨学金制度(学内)

①返還不要の給付型奨学金として、全ての学生に機会があるもの
●ファーストイヤー奨学金(年額30万円/給付/1年次生)
●玉川奨学金(年額30万円/給付/2年次生以上)
●SAE海外留学奨学金(年額50万円・100万円・150万円(留学先授業料による)/給付/全学年(留学中限り))

②返還不要の給付型奨学金としての家計の急変により利用可能なもの
●玉川応急奨学金(年額30万円/給付/全学年)
●小原応急奨学金(年額60万円/給付/卒業年次生)
●学修支援奨学金(年額30万円/給付/卒業年次生)
●TeS奨学金(卒業年次授業料/給付/卒業年次生)

クラブ活動(全57クラブ)

●体育会31クラブ【アーチェリー部/アメリカンフットボール部/エアロビックチーム/器械体操部/弓道部/剣道部/硬式野球部/ゴルフ部/サッカー部/柔道部/少林寺拳法部/スキー部/卓球部/ダンスドリルチーム/デンマーク体操部/バスケットボール部/ボクシング部/ラクロス部ほか】●文化会26クラブ【E.S.S./映画研究部/演劇部/合唱部/管弦楽団/茶道部/吹奏楽団/筝曲部/美術部/フラワーデザイン部/放送研究部/マンガ研究部ほか】

教育関連施設

最新鋭の図書館と多機能な学修の場「大学教育棟 2014」!
2015年4月に「大学教育棟 2014」が開館しました。1~4階の教育学術情報図書館には、ラーニング・コモンズと学修支援スペースを設け、学生の主体的な学びを促す工夫が随所に設けられています。

学びの分野/学校の特徴・特色

玉川大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 人間・心理
  • 語学・外国語
  • 国際・国際関係
  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物
  • 体育・健康・スポーツ
  • 教育・保育
  • 芸術・表現・音楽
  • 総合・教養

玉川大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 動物・植物
  • 環境・自然・バイオ
  • 福祉・介護
  • 食・栄養・調理・製菓
  • 教育
  • 保育・こども
  • 健康・スポーツ
  • ビジネス・経営
  • 語学・国際
  • 公務員・政治・法律
  • 旅行・ホテル・ブライダル・観光
  • ファッション
  • デザイン・芸術・写真
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画
  • 音楽・イベント

玉川大学の特徴

  • 地方入試
  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 通信教育課程
  • 新設学部・学科
  • 最寄駅より徒歩圏内

玉川大学の所在地

本学キャンパス

所在地

〒194-8612
東京都町田市玉川学園6-1-1

交通機関・最寄り駅

小田急線「玉川学園前」駅下車徒歩3分。新宿から約30分、横浜から約45分、八王子から約40分。

玉川大学のお問い合わせ先

入試広報部

電話 042-739-8155 / NTTフリーダイヤル 0120-558-509 (大学案内メールセンター)
FAX: 042-739-8152
Mail: koho@tamagawa.ac.jp

  • 学校No.926
  • 更新日: 2017.04.18

玉川大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

玉川大学