東京理科大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

人と自然のための科学技術を創造する

明治14年、東京大学を卒業した21名の若い理学士らにより、「理学の普及を以て国運発展の基礎とする」という建学の精神のもとに創立された「東京物理学講習所」が東京理科大学の前身です。創立以来、建学の精神は揺らぐことなく、さらなる進化を遂げ、現在は7学部31学科、9研究科31専攻(平成29年4月から)を擁する理工系総合大学に発展しました。
「自然・人間・社会とこれらの調和的発展のための科学と技術の創造」という教育理念のもと、理工系の専門領域にとどまらず広い視野で人類の未来を考えることができる科学技術者の育成を目指しています。そして、幅広い視野やセンスを育む基礎科目と一般教養を重視し、積極的に国際交流、学術交流をはかっています。

東京理科大学 PRイメージ1
東京理科大学 PRイメージ2
東京理科大学 PRイメージ3

トピックス

2017.03.01

理工学部工業化学科を「先端化学科」に名称変更いたします

理工学部先端化学科では環境調和型科学をめざし、「エネルギーとニューマテリアル」をキーコンセプトとして、東京理科大学伝統の実力主義を継承しつつ、基礎教育と先端材料の研究に力を注いでおります。ここであなた自身の人生の目標をきっと見つけることができると確信しています!

2017.03.01

理学部第一部数理情報科学科を「応用数学科」に名称変更いたします

広く社会に役立つ応用数学の教育と研究の強化を目指しながら、数学的な思考(数理的かつ論理的思考)を活かして未来社会で活躍する人材を育成するために、2017年4月、応用数学科がスタートします。数学を学ぶことは、未来社会の発展に貢献するための第一歩。
社会で役に立つ応用数学の最先端を一緒に探求・研究していきましょう。

募集内容・学費

東京理科大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

理学部第一部(2017年4月実績)

数学科

概要 ■現代数学の基礎を系統的に学び、身に付ける。
■高学年では、セミナー形式により、能動的に考える能力を伸ばす。
■論理的思考力や、多面的な問題解決力を養う。
■大学院の先端研究につながったカリキュラムが選べる。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,555,000円
(2017年4月実績)

物理学科

概要 ■自然科学の基幹学問であり、全ての科学技術の基礎である物理学を学ぶ。
■論理的思考の表現手段となる数学、実証方法を修得する物理学実験、現代物理学の基礎である基幹科目、物理学を総合的に運用する卒業研究を学修の柱とする。
■知識の単なる蓄積ではなく、それらを有機的に運用する能力、問題発見と解決の能力を養成する。
■物理学の思考方法を身に付け、多様な分野で貢献できる人材を育成する。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,605,000円
(2017年4月実績)

化学科

概要 ■「理学の普及」という理科大の建学の精神を実現すべく、研究を通して化学の進歩に貢献する。
■化学の基礎学力を有し、生命科学や環境科学などの幅広い分野に対応できる学際的能力を備えた研究者、技術者、及び理科大が伝統とする教育者を生み出すことを目的とする。
■「化学」を真摯に追求・理解・普及してゆく知識の基盤を身に付ける。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年4月実績)

応用数学科(2017年4月 学科名称変更)

概要 ■数学を中心とする基礎教育と、応用数学の中の「統計科学」、「計算数学」、「情報数理」の3つの学問領域に主体を置いた最先端の専門教育を行う。
■これら3つの学問領域を総合的に理解し、幅広い視野で社会に貢献する人材を育成する。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,555,000円
(2017年4月実績)

応用物理学科

概要 ■基礎物理学体系と物性物理学を系統的に学ぶ。
■機能性材料の創成・応用技術、そして情報計測に関する教育研究を行う。
■量子コンピュータ、超伝導、燃料電池、光半導体、多機能メモリーなどに関する研究を行う。
■脳情報、ナノ微粒子、レーザー分光、人工情報感受器官などに関する研究を行う。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,605,000円
(2017年4月実績)

応用化学科

概要 ■基礎化学科目の重視と多彩な選択科目を開講する。
■ニーズに応える物質をつくり出すための最先端の研究を行う。
■応用力の土台となる基礎化学を深く修得した研究者・技術者を育成する。
■化学および製薬工業界など幅広い分野で活躍する人材を育成する。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年4月実績)

工学部(2017年4月実績)

建築学科

概要 ■計画、環境、構造の3部門を学科における専門教育の3本の柱として位置付ける。
■各部門において、幅広い視野と確かな専門知識を身に付けるための基礎教育が充実。
■部門間でのバランスの取れた総合的な専門教育を3年次まで行う。
■4年次には各研究室に分かれて、卒業研究および卒業制作に取り組むことにより、真に社会に貢献できる人間性豊かな技術者・設計者・研究者となるための学問的基盤を養う。
定員 110名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年4月実績)

工業化学科

概要 ■基礎と応用とをバランスよく考慮したカリキュラムを用意。
■専門基礎のほかに化学英語やコンピュータ教育を重視する。
■エネルギー、資源、環境などのテーマにも取り組む。
■実力のある研究者、化学技術者の育成を目指す。
定員 110名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年4月実績)

電気工学科

概要 ■通信・情報、エネルギー・制御、材料・エレクトロニクスの3分野についての知識を身に付ける。
■ハードウェアとソフトウェアが総合的かつ有機的に結びついた知識・技術を修得。
■知識と技術が融合した実験や演習を重視しつつ、幅広い基礎教育と総合性を加味した専門教育を行う。
■卒業研究においては、与えられた問題を処理する能力だけではなく、自ら問題を提起し、問題の解決策を発見し、これを計画的に実行する能力を養成する。
定員 110名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年4月実績)

情報工学科

概要 ■ソーシャルデザイン、データサイエンス、ソフトウェアデザイン、インテリジェントシステムの4系統を設け、学科における専門教育の4本の柱として位置付けます。
■幅広い視野と確かな専門知識を身に付けさせるための基礎教育に重きを置き、情報工学の基礎、および対象を物理的、数理的に把握する能力を育成します。
■3年次まで、4つの系統間でのバランスの取れた総合的な専門教育を行い、「創造的システム開発力」「問題解決能力」を育成します。
■4年次には各研究室に分かれて、より専門化した卒業研究に取り組むことによって、真に社会に貢献できる人間性豊かな技術者となるための学問的基盤を養います。
定員 90名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年4月実績)

機械工学科

概要 ■最先端の科学技術に対応できる基礎学力およびエンジニアリング・センスを獲得する。
■自ら問題を発見し、計画的にその問題に取り組み、解決し、目標を達成する能力を育成する。
■技術が人間、社会、地球環境に及ぼす影響を多面的に理解し、それらの永続的な発展のために行動する能力の涵養(かんよう)を行う。
■自らが目指し達成しようとする成果の真価を一般社会に適切に説明する能力を育成する。
定員 110名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年4月実績)

薬学部(2017年4月実績)

薬学科

概要 ■生化学や薬理学などの基礎学問からゲノム科学などの専門学問まで幅広い薬学に関する知識を修得する。
■医薬品の人体に及ぼす効果などに関する総合的な理解を目指すファーマコインフォマティクスを修得する。
■医薬品の投与法、安定性、作用機序、体内動態等の薬剤師の職能の基盤となる専門的知識および関連する技能、態度を修得する。
■生命の尊厳と患者の苦しみを知る人間性を培い、豊かなヒューマニティを育む。
■国民の健康と福祉を守る上で重要とされる医薬品の安全で適正な使用と医療過誤等に対する適切な問題解決能力を養う。
定員 100名
年限 6年
学費 初年度納入金
2,345,000円
(2017年4月実績)

生命創薬科学科

概要 ■医薬分子及び生体内物質のホメオスタシスにおける役割の解明。
■医薬分子の合成化学と分析科学、医薬分子と生命現象を結びつける物理学、疾病と薬物作用に関する薬理学、環境因子とその人体への影響に関する環境科学、そして、これらを統合した情報科学を学ぶ。
定員 100名
年限 4年
学費 初年度納入金
2,000,000円
(2017年4月実績)

理工学部(2017年4月実績)

数学科

概要 ■「理学のみならず諸科学の基礎をなす数学を教育研究し、科学と社会の発展に資す」という理念を追求。
■偏りのない、広い範囲の数学の研究を行い、国際的な研究交流も盛んである。
■豊かな教養の上に十分な思考力と分析能力を持ち、社会の発展に貢献できる人材を育成する。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,555,000円
(2017年4月実績)

物理学科

概要 ■実験に力を注ぐことにより、基礎力と応用力を同時に身に付ける。
■理工学部7学科に対しても物理学実験を課し、事物の本質を学生自身が理解できる能力を育む。
■最先端の専門教育では、原理と応用を体系的に学ぶとともに、実験・演習の多いカリキュラム編成。
■豊かな教養と、理学の深い専門知識と応用力を兼ね備え、鋭い問題意識を持ち、時代の要請に的確に対応できる実力ある研究者を育成する。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,605,000円
(2017年4月実績)

情報科学科

概要 ■3年次前期までは広く専門基礎を学び、3年次後期からは、教員の個人指導のもとに専門をより深く学ぶ。
■情報数理、量子情報、遺伝情報、応用確率論、統計数理、組合せ論、人工知能、ソフトウェア科学などの情報科学の核となる分野の教育・研究を行い、多様化する21世紀の社会で活躍できる、情報科学の基礎知識を十分身に付けた人材を育成する。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年4月実績)

応用生物科学科

概要 ■1年次は、バイオサイエンスの専門基礎を体系的に学ぶ。
■2年次は、生命科学のコアとなる科目や、有用物質の生産や医療、地球環境の保全に役立つバイオテクノロジー関連の講義、演習、実験を学ぶ。
■3年次は、学生の意欲と自主性を尊重した、幅広い専門科目や特別講義を選択できる。
■4年次は、卒業研究を必修科目とし、研究室の教員の指導の下、大学院生との活発なディスカッションを通して専門テーマを追求する。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,637,000円
(2017年4月実績)

建築学科

概要 ■建築環境に関する基礎教育ならびに最先端の専門教育を行う。
■専門教育では、社会・地域・歴史風土に根ざした持続可能な発展を探求する。
■健康で安全な建築環境を構築して、良質な社会資本の充実に貢献するための高度な知識と技術の修得に加えて、構想力を育成する。
■国内外で活躍する建築家など多彩な非常勤講師陣。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年4月実績)

先端化学科(2017年4月 学科名称変更)

概要 ■動機付けとしての実験・演習において、きめ細かい指導を行う。
■専門として先端化学の、基礎学力を身に付けるとともに、実験技術を修得する。
■最新の研究成果の教育を通して、原理と応用を体系的に学ぶ。
■卒業研究では最先端の研究に参画でき、創造性を養う。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年4月実績)

電気電子情報工学科

概要 ■1・2年次には、分野に共通する基礎力を固める。
■3年次には、それぞれの専門分野を深く掘り下げた学習を行う。
■4年次の卒業研究で、最先端技術の研究に携わる。
■JABEEコースでは、分野に偏らない総合力と企画力を身に付ける。
定員 160名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年4月実績)

経営工学科

概要 ■工学の基礎である情報と数理を、コンピュータ実習を通じて学ぶ。
■品質管理・原価管理・生産管理といった企業経営の基幹技術を身に付ける。
■環境社会問題との融和を図るシステム工学や高度情報化へ対応するソフトウェア工学などの発展的テーマも学習できる。
■学習したテーマをプレゼンテーションしたり、論文・レポート作成する実習・演習を行うことで実践に向けた表現力・説明力・構成力を養う。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年4月実績)

機械工学科

概要 ■機械力学、材料力学、流体力学、熱力学の4力学を核とした機械工学の基礎教育を、豊富な実習、演習とともに重点的に行う。
■最先端の機械工学の知識を幅広く修得する。
■自分の成果を他人に正確かつ効果的に理解してもらう説明・伝達能力の涵養(かんよう)を図る。
■理工学部にあることから理学も含めた科学全般に関する広い視野を獲得する。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年4月実績)

土木工学科

概要 ■土木の基礎知識を備えた適応性・発展性を身に付ける。
■土木における倫理観・環境観を備えた自立できる土木技術者を目指す。
■実行力を備えた信頼される土木技術者を目指す。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,620,000円
(2017年4月実績)

基礎工学部(2017年4月実績)

電子応用工学科

概要 ■1年次は北海道長万部の大自然に囲まれたキャンパスで全人的教養教育を通して人間力を高めるとともに、人間科学や英語の一般科目と数学、物理、化学、コンピュータや3学科共通の基礎工学実験など専門教育の土台をじっくり学習する。
■2年次以降は葛飾キャンパスでエレクトロニクスを基幹として、デバイス工学、情報工学、計算機工学、機械システム工学、計測・制御工学等、工学の全般にわたる確固とした基礎学力と応用力を醸成する教育・研究により、広く人類社会に貢献できる人材を育成する。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,670,000円
(2017年4月実績)

材料工学科

概要 ■基礎科学(物理学・化学・生物学)を総合的に用いることで、原子・分子レベルから巨視的レベルに至る一貫した統一的視点から材料の特質を理解できる教育体制を整える。
■自由な発想で基礎科学の融合と展開を図り、基礎科学に習熟した創造性豊かな人材の輩出を目指す。
■長万部キャンパスの全人的教養教育を生かし、葛飾キャンパスでも社会性・協調性・自主独立性を重視し、正しい倫理観と豊かな人間性を備え、高度な材料工学の専門知識を修得した人材を社会に輩出すべく専門教育を行う。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,670,000円
(2017年4月実績)

生物工学科

概要 ■生命科学の基礎である分子生物学・生化学・構造生物学・生物有機化学などの教育研究を徹底して行う。
■同時に、遺伝子工学・再生医工学・細胞工学・免疫工学などの新しいバイオテクノロジーの学問領域の研究・教育を徹底して行う。
■幅広い基礎知識から生命科学技術の産業的応用までを包含する広い視野を持ち、人類が抱える諸問題の解決に寄与できる独創力・指導力をもった人材を育成する。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,670,000円
(2017年4月実績)

経営学部(2017年4月実績)

経営学科

概要 ■時代の変化に対応し、自ら積極的に構創し、価値を創造していくイノベーションリーダー。
■世界の情報とユニークな発想からモノやアイデアに潜在価値を発見し、その実現のために挑戦しようとするアントレプレナー。
■真の実力に裏打ちされ、ゆるぎないリーダーシップを発揮するグローバルビジネスリーダー。
定員 320名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,354,000円
(2017年4月実績)

ビジネスエコノミクス学科

概要 ■統計・データ科学の深い理解に基づき、データ分析と予測・発見の技術を駆使し、経済・経営分野の問題解決に応用できる人材。
■経済学の深い理解に基づき、市場構造を科学的に解明し、人々の意思決定を理論・実証の両面から分析できる人材。
■金融の深い知識に加え、金融市場や人々の経済行動を多面的に解析でき、それらの知識や技術を金融実務に応用できる人材。
定員 160名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,354,000円
(2017年4月実績)

理学部第二部(2017年4月実績)

数学科

概要 ■解析学、代数学、幾何学などの数学の基本的な分野をしっかりと身に付ける。
■統計学、情報数学、離散数学などの応用数学の分野へも幅広く知識を広げる。
■教員養成に力を注ぎ、教員志向の学生の要望にも応える。
■わが国ただ1つの夜間における理学部の数学科(※)として、多種多様な学生が集まって勉学していける環境を提供し、広い分野で活躍できる優秀な人材と数学の研究分野で活躍できる人材を育成する。

(※)平成28年度全国大学一覧より出典
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
890,000円
(2017年4月実績)

物理学科

概要 ■講義・実験・演習を有機的に組み合わせた基礎物理学から応用物理学にわたる、広範な科目を系統的に学べるカリキュラムを編成。
■近年の科学技術の目覚しい進展に対応できるように、科学技術の基礎となる物理現象の機構を基本から体系的に学習。
■物理的なものの考え方と柔軟な思考力を身に付けることにより、どんな問題に直面しても立ち向かっていける能力と豊かな創造力を持った人材を育成する。
■産業界や教育界のみならずさまざま研究分野で活躍できる人材、多様化する21世紀の科学技術を切り拓くことのできる総合的で幅広い知識、高度な専門性を備えた人材を育成。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
939,000円
(2017年4月実績)

化学科

概要 ■化学の本質を理解するために必要な有機化学、無機化学、物理化学を重点として学び、さらに多様な科目により幅広い知識を身に付ける。
■実験実習と卒業研究を通して、基礎から最先端の化学を実践的に学び、探究心と論理的思考力を身に付け、目覚しく進展する現代化学のさまざまな分野に対応できる能力を修得する。
定員 120名
年限 4年
学費 初年度納入金
950,000円
(2017年4月実績)

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年3月卒業生実績

  • 東京都職員
  • (株)日立製作所
  • (株)NTTデータ
  • 三菱電機(株)
  • 東日本旅客鉄道(株)【JR東日本】
  • NECソリューションイノベータ(株)
  • KDDI(株)
  • (株)野村総合研究所
  • キヤノン(株)
  • ソフトバンクグループ(株)
  • 清水建設(株)
  • 日本電気(株)【NEC】
  • 東日本電信電話(株)【NTT東日本】
  • クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン(株)
  • 日本IBM(株)
  • みずほ情報総研(株)
  • SCSK(株)
  • NTTコミュニケーションズ(株)
  • 東京電力(株)
  • 東海旅客鉄道(株)【JR東海】
  • ソニー(株)
  • 富士通(株)
  • (株)竹中工務店
  • トヨタ自動車(株)
  • (株)IHI
  • アズビル(株)
  • 大成建設(株)
  • パナソニック(株)
  • (株)デンソー
  • (株)大和証券グループ
  • (株)みずほフィナンシャルグループ
  • オリンパス(株)
  • 三菱自動車工業(株)
  • 花王(株)
  • 神奈川県横浜市職員
  • 鹿島建設(株)
  • (株)日本総合研究所
  • 新日鐵住金(株)
  • (株)リコー
  • (株)三井住友銀行
  • 日立化成(株)
  • (株)ワークスアプリケーションズ
  • 本田技研工業(株)
  • 日産自動車(株)
  • シミック(株)
  • 千葉県職員
  • 大林組(株)
  • (株)東芝
  • (株)日立ソリューションズ
  • 伊藤忠テクノソリューションズ(株)
  • …など

就職支援

■卒業後の仕事・進路
伝統的に高い実績をもつ中学・高校教員などをはじめ、電気・精密・輸送用機器、医薬・化粧品等の製造業のほか、小売、金融・保険、通信、情報産業など就職先も多岐に渡ります。また昼間学部の50.6%(進学者1,504名/卒業者2,970名 2016年3月末実績)が理科大をはじめ、その他国公私大の大学院へ進学しています。

各種制度

東京理科大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

連携大学院方式

これは学際的な学問分野に対応するため国公立ならびに民間の研究所と連携して研究領域の拡大と多様化を図るものです。具体的には国立研究開発法人理化学研究所などの連携先の研究者を客員教員に迎える一方、学生が提携先の研究機関において研究の指導を受けることができるシステムです。

大学院進学(2016年3月卒業生実績)

応用力に充ちた専門基礎能力の充実が、理科大の教育方針です。昨今は、より専門的な研究を大学院で深めたいという希望者が増えてきました。昼間学部生では50.6%(進学者1,504名/卒業者2,970名)が、大学院に進学しています。理科大大学院のみならず、東大、東工大など他大学大学院への進学も活発です。

学びの分野/学校の特徴・特色

東京理科大学で学べる学問

  • 経済・経営・商学
  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物
  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

東京理科大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 機械・電気・化学
  • 自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙
  • 建築・土木・インテリア
  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 教育
  • ビジネス・経営
  • 公務員・政治・法律

東京理科大学の特徴

  • 地方入試
  • センター利用入試制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • 大学院
  • 夜間(2部)課程
  • 新設学部・学科
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

東京理科大学の所在地

神楽坂キャンパス

所在地

〒162-8601
東京都新宿区神楽坂1-3

交通機関・最寄り駅

JR総武線、東京メトロ有楽町線・東西線・南北線、都営大江戸線「飯田橋」駅下車、徒歩3分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

0120-188-139

東京理科大学のお問い合わせ先

神楽坂キャンパス 入試センター

NTTフリーダイヤル 0120-188-139
Mail: nyugaku@admin.tus.ac.jp

  • 学校No.754
  • 更新日: 2017.04.03

東京理科大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

東京理科大学